スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正義と平和

驚愕の国会質問 ②

この内閣委員会質疑においての問題点は

1)教会の政治活動についてバチカンは指示はおろか関与したこともないが、日本の司教方の言動のために、バチカンが内政干渉していると誤解を与え、日本国内に広く発信されてしまった

2)司教方や司祭方は言葉を慎重に選び、平和や環境、人権等に対しての「信者の務め」として語っているが、今回の質疑で明らかになったように、一般の人からは「義務」として信者に課していると受け止められている

3)宗教団体による政治的活動として国内騒乱煽動まで疑われるに至り、このことにおいてオウム真理教というカルト団体と同列に扱われるに至った

4)司教方が賛同者などとして名前を連ねる運動や活動団体が中核派・革マル派系のものが多く、カトリックは左翼団体であるとの誤解さえ受けかねない状態に至った


この国会での質疑応答が
You Tube、ニコニコ動画、その他において
動画としてアップされ、今も配信されているし、
国会内の委員会質疑として議事録にも残ります

これに対して司教様方はどのように対応されるのでしょうか?

2012年6月のカトリック貝塚教会敷地内への
不法滞在外国人捜査に対して
要請書という名の抗議文を出されたのと同じく
宗教弾圧、信教の自由の侵害として
日本維新の会や政府に抗議されるのでしょうか?

それとも、このような誤解を受けるに至ったことを
深く捉えて反省し、
今後、教会で政治的発言を控えられるのでしょうか?

私は後者を選択していただきたいと思います

今は四旬節、回心の季節です

自己の正当性を声高に主張するのではなく、
誤解を受けて悲しみにくれる信徒の
声なき声に耳を傾けていただきたいと思います

教会は、
1)神の被造物である自然に感謝し、
その管理を委ねられた人間が、
いかに自然を守り、共存していくか

2)平和の尊さを説き、戦争は非力な人間の仕業であり、
如何に戦争に至らないように賢明に選択していくか

3)キリストが教えられたように、
相手にキリストの姿を見、
相手を尊重し、いかに隣人として愛し合うか

秘跡や祈りによってキリストに結ばれて
これらを信者が各々に真剣に考え、判断できるように
霊的に指導する場に戻ってほしいです

神は私たち人間に善悪を知る知恵を与えました

それぞれの置かれた状況で識別し、
与えられたタレントを活かして
いかに取り組むかを決めるのは個々人なのです

教会指導者の指示を思考停止状態で従うことは
神から与えられたタレントを
十分に活かしているとは言い難いと思います

教会は本来の役割に戻るべきです

全ての人の救霊を目指すべきです

本来、伝えられるべきであった福音が
必要とする方々に届いているでしょうか?

このテーマは、唯物的思考がはびこる現代に
大変困難な仕事です
これは全キリスト者に与えられた神からの宿題ですが、
特にこのために生涯をささげた聖職者や修道者は
この困難な責務から目をそむけずに
果敢に取り組んでいただきたいです

私たち信徒は、普段の生活・行動において
神の存在と福音を証していきたいと思います

神に全き信頼をおくなら、
また聖霊の導きを信じるなら
子供に命じるように
活動を指示する必要はないと思います

必要なのはそのための祈りです

もはや、わたしはあなたがたを僕とは呼ばない。僕は主人が何をしているか知らないからである。わたしはあなたがたを友と呼ぶ。父から聞いたことをすべてあなたがたに知らせたからである。(ヨハネ15-15)
スポンサーサイト

正義と平和

驚愕の国会質問 ①

先週末、ネットで信者が震撼する出来事がありました

日本維新の会 中丸啓議員の国会質問
【H26/03/19】中丸啓
「アンネ書籍の犯人の実名報道がないのは何故?」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23127214
(この中の後半16分付近から
カトリックについての質疑が始まる)

国会の内閣委員会議事録は
作成に1週間から10日かかるとのことで
耳の悪い方のために、
文字起こしをしてみました


≪中丸議員≫
 それでは次に、外務省の欧州局の局長宛に持ち込まれた意見、質問趣意書についておたずねします。これはカトリック教会ですけども、岡山の赤磐市議会議員から届けられた意見趣旨書があるんですけども、バチカン市国から指名されて日本に配属されている いわゆる司教の方々がどういったことを信者の皆様に対して言っているかということなんですけども、一例をあげてみます。

反政府デモ活動への積極的参加することは、信者の義務であると呼びかけ、宗教教指導。

中核派は革マル派が主催する活動デモ・反政府デモへの積極的参加することは、信者の義務であると呼びかけ、信者として反政府意識を持つように呼びかけ、反政府活動は信者の義務だと宗教指導。

宗教の言葉を引用し、日本型社会構造及び文化意識への批判を行い、反対運動というのは信者の義務であると扇動。

憲法改正は戦争を起こす行為であると議論そのものを否定し、また改憲反対活動を信者に義務として奨励し遂行。

いわゆる従軍慰安婦なるものの存在を政府に認めるように求める活動は信者の義務として奨励遂行。

と、このようなことを、全国のカトリック教会組織を用いて行っているようなんですけど、ここだけ見れば完全な反社会活動と言わざるを得ない内容なんですけども、それについてどうかという趣意書が出ているということなんですけど、今日、外務省の参考人に来ていただいていると思いますので、その取り扱い、今どうされているかを教えていただきたいと思います。


≪外務省長谷川大臣官房審議官≫
お答え申し上げます。
今、議員がご指摘の紙は当方で受け取っております。
日本国内におけるカトリック教会の動向等について、外務省としてお答えする立場にございませんので、コメントを差し控えさせていただきたいと思います。

≪中丸議員≫
受取ったということだけだと思うんですが、これはほとんど我が国に関する内政干渉、もっと言えば国内騒乱煽動を組織的に行っているとも受け取れるとも思えるんですね。
これがカトリック教会がという意味ではなくて、こういう宗教活動からどんどん発端を発していった、昔、オウム真理教という事件も国内ではあったわけですから、まぁそこまでのものとは思いませんけども、こういう存在があって、外務省として答えられないということであると思うんでしたけども、国家公安委員長、こういった国内での信教の自由を大事にしなければならない、言論の自由を大事にしなければならないということでしょうけども、明らかな反政府活動的なものとなってきたものについて、どういう風に考えていったらいいのか、ご所見を伺いします。


≪古谷国家公安委員長≫
一般論として申し上げますけども、警察が、そういった諸外国からいろいろな対日の諸工作が仮にあったということで、そういったことは実は平素から我々も関心をもって集めていますので、具体的な中身の言及についてはご容赦ください。その中で具体的に違法行為というものがあるということならば、私たちは厳正に取り締まっていくという、こういうことが警察の基本スタンスであります。

≪中丸議員≫
大変頼もしいお言葉を有り難うございます。
それと連動して、若干違うんですけども、3月21日に東京と沖縄で琉球独立運動というパレードが開かれるということで、警察に道路使用許可も出ている部分もあるいう警察庁におうかがいしたら出ているということだったんですが、これ、背後にどういうものがあるのかという、いろんな問題があると出てまして、もちろんデモ活動というのは表現の自由でもありますし、やっていただくことはいいんですが、さっきの問題と一緒で、その背後に国内のそういった思想言論だけでなくて、他国からの意識的な国内の騒乱扇動を行おうという、資金的にも思想的にもそうですが、そういったことに対して、我が国は、今、公安委員長古谷大臣から事案は別として、しっかりとやっているとお答えを頂戴しましたので、大丈夫だと思っておりますが、この琉球独立運動、かりゆしクラブというところがやっているということですが、大臣、ご存知ですか?


≪古谷大臣≫
委員からこの趣旨の質問があると資料を見まして、その実態については承知はいたしております。

≪中丸議員≫
今のお言葉で十分だと思いますので、この質問はここまでにさせていただきます。

カトリック新聞から

サタンと対話はしない

教皇フランシスコ
サタンと対話はしない
 聖書の言葉で身を守る


【バチカン3月10日CNS】
誘惑を受けたときには、悪魔と「対話」したり、議論を試みたりしてはならないと教皇フランシスコは注意を促し、聖書のことばに助けと力を求めるよう呼び掛けた。
 教皇は3月9日、バチカンのサンピエトロ広場に集まった数万人を前にした「昼の祈り」で、当日の福音朗読で読まれたイエスが荒れ野で誘惑を受ける箇所について話した。

 「誘惑する者はイエスを御父の計画から、つまり、罪のあがないのために自らをささげる犠牲と愛の道から遠ざけ、成功と権力への安易な道を選はせようとします」と教皇は語った。
 悪魔がイエスを誘惑する度に、①石をパンに変えるように、②神殿の屋根から飛び降りて天使たちが支えに来るか確かめるように、③地上の権力と引き換えに悪魔を礼拝するように―と促す度に、イエスは聖書からの引用で応じた、と教皇は指摘した。
 イエスは、エデンの園で「エバがしたように、サタンと対話はしません」と教皇は語っ
た。「イエスは、サタンと対話することができないことをよく知っておられます。サタン
はずる賢いからです」 
 「このことを忘れないでください」と教皇は人々に語り掛けた。
「誘惑のとき、私たちが誘惑を受けるときには、サタンと対話してはいけません。そうではなく、いつも神のことばで身を守ってください」
 教皇フランシスコは、四旬節は私たちの誰もが回心の旅路に就き、洗礼の約束の更新に備えるための時だとして、そのためにも、「サタンとその働き、誘惑を退け、神の道を歩みましょう。サタンこそが誘惑者だからです」と呼び掛けた。(以後略)
   ―カトリック新聞4235号より転載―


洗礼式での悪霊の拒否で
「あなたは、悪霊とその働きといざないを退けますか」
と司祭から問われ
「退けます」と答えたのを思い出す

瞬時に「悪霊とその働きといざない」と
判断・識別できるのだろうか?
サタンは巧みに人間を惑わせる
しかし、神とのつながりを大切にしていたら
聖霊によって、気づきを与えられると思う

ん?おかしい・・・と感じたら
サタンとの対話を絶って距離を置き、
主のみことばで身を守るようにとのこと

私たちは相手がサタンとは気づかず
努力が徒労に終わり、疲れ果てたとき
主により頼むなら、気づきを与えられる

その時には躊躇することなく一歩退き
サタンと距離を置き
聖書のみことばから
サタンの誘いより助けられ
誘いに打ち勝つ力を与えられるようにと
祈るように呼びかけておられる

気をつけましょうね
サタンはずる賢い
聖書のみ言葉さえ、
攻撃に使い、誘惑に使う

サタンと対話していると
どんどん心が凍えて、憎しみに染まる

不毛の議論となる

みことばこそが私たちの盾

みことばに親しんでいたい

カトリック新聞から

正定事件の謎

以前に、中国の正定において
フランス人、ポーランド人、オランダ人他の
宣教師が殺された件で
オランダで列福調査が始まり
それに対して当時の池長大司教様が
東京教区のF神父様にメッセージを託され
オランダでのミサで読まれたことを
カトリック新聞が報道しました

その内容に疑問を感じることが多々あったために
「教会の政治的言動を憂慮する会」の有志が
公開質問書で、
その事実があったと判断された資料の公開を
お願いしておりましたが、公開はされず
仕方なく、有志で調査をしました

そのまとめとなる記事をご覧ください

【資料集】
http://www.yokohama-yamate.jp/ksy/front-seitei.html

【私たちの見解】
http://www.yokohama-yamate.jp/ksy/remarks.html

これは、カトリック内部の話で済む問題ではありません
日本の近代史問題でもあり、
資料によって裏付けされるべき話です

もし、この事実が確認されたならば
日本のカトリックとして
列福のためにもっと積極的に
祈りを呼びかけ、応援すべき話ですが
宙ぶらりんの状態のように感じます

どうなっているのでしょうか?

統一協会

統一協会は北朝鮮って???

Twitter上で先日、
統一協会は北朝鮮の策略と誤誘導するような
会話がされていました

それにまんまと自称カトリック信者が騙されていました

統一協会の本拠地は韓国にあり
日本で詐欺行為や信徒に強制した献金は
ほとんどが韓国に運ばれています

そして、韓国での統一協会の評価は
実業家であり、結婚相手に困る男性に
裕福な家庭の教育を受けた日本女性を斡旋する
大変重宝な団体という受け止め方です

そもそも、韓国のカトリックもプロテスタントも
自国には利益があるだけで何の被害もないために
実に無関心でした

しかし、数年前に、
日韓でキリスト教団体同士が意見交換をした際、
日本側から統一協会問題が提起され
初めて問題と認識されたようですが
なんら、特別な対応をとられたとは伺っておりません

北朝鮮はどういう位置づけかというと
統一協会の始祖である文鮮明は
北朝鮮出身であり、故郷に錦を飾るように
詐欺行為での蓄財で北朝鮮にも事業展開したにすぎません

北朝鮮は、統一協会のお金にラブコールを送り
優遇しているだけで、北朝鮮で宣教も許可していません


ところで、統一協会は、朝鮮民族を
旧約聖書のユダヤ人のように
選民(優性民族)として位置付けています

ですから、韓国であれ北朝鮮であれ
日本人が朝鮮民族に尽くすことを要求しています

韓国人は、非を認めるのが困難な
実に困った性質を持っています
韓国に不利と見ると相手の無知を利用して
北朝鮮のせいにすり替えます

統一協会問題で甘い汁を吸っているのは韓国です

詐欺行為で得たお金は韓国に運ばれ
文鮮明一族の豪華な生活と事業に費やされ
日本信徒は打ち出の小づちのように
何かお金が必要になると
日本信徒に要求をノルマを設定するということを
繰り返しています

最近はあまりにも霊感商法が有名になり
霊感商法で暴利を得るのも困難になったためと
民亊訴訟で霊感商法の損害賠償請求が相次ぎ、
方向転換して
就職して給料から献金するように指導しているようですが
霊感商法や統一協会の名を隠した勧誘は
未だ続けられています

韓国から日本に不正なお金を返金してきたというのも
一度も聞いたことがありません

霊感商法などで民事裁判で敗訴すると
日本の統一教会内でお金をかき集めて
損害賠償に充てています

韓国人のこのような嘘にはどうぞ、ご注意を!
プロフィール

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。