スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランシスカン

妖怪の修道会

各修道会は、優れた創立者によって創られ

またその修道会員から、新たな修道会も生まれる

こうした場合、女子修道会では
創立に関わった司祭の修道会の庇護を受ける

それは、霊性などの指導の点で必要となるからだ

聖マキシリアノ・マリア・コルベは、
コンヴェンツアル聖フランシスコ修道会司祭だった
彼は、アシジの聖フランシスコの精神で
現代社会を生き抜き、証しをした聖人だ

その聖人を慕う同修道会司祭が創立に関わったのが

けがれなき聖母の騎士聖フランシスコ修道女会

名前を見て分かるように、フランシスコ会律修第三会として
フランシスカン霊性に生きる会であり、

そして、聖コルベの創立した

「けがれなき聖母の騎士会」(信心会)

の、精神で生きる会だ

フランシスカン霊性の上に、花咲かせたのが
けがれなき聖母の騎士会の信心ということ

さて、聖コルベは、悪の陣営との闘いのために
この「無原罪の聖母」の信心によって力を得て
御手の道具となって闘うことを決心して創立された

修道者といっても、人間
人間的弱さもある

そこから脱線してしまうこともある

だが、霊的生活を大切にしているなら
それは、また導かれる


そう信じている私にとって
なんとも信じられない記事を友人から送ってもらった



【『愛』誌 2006年 190号】より

読者の声にこたえて
   靖国神社参拝の問題を考える
 

 政治問題をとり扱うことに反対の声もありますが、私たちは政治の中で生きています。私たちはこの社会に対して責任があります。基本的人権、人間の尊厳が守られている政治であるかどうか、真剣に考えねばならないと思います。前回は憲法九条について考えてみましたが、今回は「私は、政治家たちの靖国神社参拝は大賛成です。どうして反対するのですか」という読者の声に対し、靖国問題について考えてみたいと思います。

 戦前の日本

 長い間の鎖国をやめて新しい時代を迎えた日本の明治政府は、近代国家として、政治・外交・軍事すべてを天皇が支配する天皇中心の絶対主義国家をつくることにしました。そのために日本を神道国家とし、「日本は神の国てあり、天照大神の子孫である天皇がこの国を統治する。すべての民は神である天皇を拝み、忠誠を誓い、新しい神国日本をつくるために励まねばならない」と教え、全国民に、愛国心、忠誠心を表わすために神社参拝を義務づけました。そして武力を強め、神国日本は絶対に負けることはないと信じ、日本を中心とした新しい世界づくりをめざして次々と戦争をひきおこしていきました。これらの戦争で「お国のため」「天皇陛下のため」といって多くの生命が失われ、なかには相手に欠陥を見抜かれたゼロ戦をつかって、行きだけの燃料で敵艦に体当りして死ぬことを命じられた二千四百人以上の特攻隊員もいます。日本がひきおこしたアジア・太平洋戦争で生命をなくした人は、みんなで二千万人もいるといわれます。

 戦後の政教分離

 このように天皇崇拝、国家神道が、軍国主義となって戦争にまい進していったことを反省し、戦後は憲法二十条によって、信教の自由が認められ、③で「国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教活動もしてはならない」と、国家が特定の宗教と結びつくことを厳しく禁じる政教分離の原則が、明確にうちだされました。また八十九条では、宗教活動への公金の支出が禁じられています。
 こうしてかつて国家神道の神社であった靖国神社は、完全に国家から分離されて宗教法人に渡されました。そこに首相・大臣などが公の立場で参拝することは認められないのです。
2004年4月、福岡地方裁判所は、小泉首相の靖国神社参拝は違憲とする判決を下しました。にもかかわらず、首相は参拝を続けています。「戦争の犠牲者を祀る靖国神社に参拝するの
は当然だ。戦争で生命をおとされた尊い犠牲の上に今日の日本があるのだから」と。もちろん、祖国のために戦場で散った人々の死を悼み、世界平和のために祈ることは当然でしょう。だから個人としては神社で祈っても、教会で祈っても、お寺で祈っても全く自由です。首相として公的に参拝するのが問題なのです。

 近隣諸国の思い

日本は朝鮮に、満州に、そして全中へ勢力をのばそうとして次々に戦いをおこし、勝利をおさめてきました。朝鮮に対しては日本と併合させ、35年間も日本の領土としていました。中国には第一次世界大戦の最中に兵をおくり、中国の独立をふみにじるような21カ条の要求をつきつけて、むりやり認めさせたりしました。それは1915年5月9日のことで、中国では5月9日を「国恥記念日」(国がはずかしめを受けた日)としたほどです。満州では中国軍に戦いをしかけてどんどん攻撃し、ついに日本の思いどおりになる満州国をつくってしまいました。その後も国際連盟の意見もうけ入れず、満州から中国本土にまで勢いをのばし、激しい戦いをくりひろげていきました。日本車は、虐待、虐殺、機関銃掃射など残酷極まりないやり方で勝ちすすんだのでした。また少女まで強姦したり、強制的に慰安婦を組織したりしています。
 これらの戦争を、政府は侵略戦争であったと認めています。
靖国神社には二百五十万余の戦役者の霊が祀られていますが、これらの戦いを指導し、東京裁判でA級戦犯とされた人々も、英雄として祀られています。そこに参拝することは、この侵略戦争を肯定することになりませんか。侵略され、虐待されたアジア諸国の人たちにとっては、許しがたいことでしょう。ヒットラーを拝むのをみるユダヤ人の心、北朝鮮のキム・ジョンイルを拝むのをみる拉致された家族の心と同じようなものです。首相は過去の歴史を反省し、まわりの国々のことも考えるべきだと思います。

 おびやかされる政教分離

 新憲法草案では、九条だけでなく、二十条の③もかえられようとしています。今の憲法では、国のいかなる宗教活動も禁じているのに、それが「国及び公共団体は、社会的儀礼又は習俗的行為の範囲を超える宗教教育その他の宗教的活動であって、宗教的意義を有し、特定の宗教に対する援助、助長若しくは促進又は圧迫若しくは干渉となるようなものを行ってはならない」と長い文をつかってうまく緩和されています。つまり国は社会的儀礼又は習俗的行為の範囲なら宗教活動が可能だというのです。”儀礼“として戦前のように神社参拝が強制されそうです。また靖国神社について「国がきちんとやるべきまつりごとを一宗教法人に渡していたのが問題。政府が維持・管理に関与すべきだ」とはっきり言う大臣もいます。まさに戦前の日本にもどりそうな恐ろしさを感じます。
 歴史の反省から生まれた日本のすばらしい憲法、主権在民、戦争放棄、基本的人権の尊重、信教の自由、政教分離をうたったこの平和憲法を大切にしていきたいものです。  (編集部)



「政治の中で生きている」といって
修道者に政治活動が求められるのか?

修道者の影響力をどう思っているのか?

それにふさわしい、歴史・政治認識を持っているのか?

上記の記事を読む限りにおいて
このシスター方は、共産党や社民党の
主張する歴史観からの発想だ

いろんな歴史観があるのだろうが
これだけは言える

天皇陛下は、
領土拡大や戦争を望まれたことはなかった


政治家も、ロシアなどの大国の脅威から
国を護るために、必死だった

その歴史を、このようにしか受け止められない
影響力のある修道者・・・

この変節を創立者のミロハナ神父はどう思うだろうか

このミロハナ神父こそは
もっとも、共産主義を嫌った司祭

聖コルベは大変な愛国者だった

修道者になるか軍人になるか
誓願式の直前まで、迷っていたほどだった

カトリックの信仰において
よほどの酷い国でない限りは
「善きカトリック信者は、善き国民たれ」なのだ

この編集部の文章のどこに、愛国精神があるのか

微塵もない

日本という国の歴史を歪め、貶めている



反日修道会に堕ちてしまった


信教の自由においても
戦争中の憲兵などによる統制を
宗教迫害にあげるが
実質的には、宣教師方への外国人としての警戒だった

それが証拠に、朝鮮半島では
この戦争の間にも、教会は発展している


私が近くに接していた当時のこの修道会は
ミロハナ神父の指導もあって、反共であった

この修道会の経営する心身障害者施設には
美智子妃殿下(現皇后陛下)や皇族方が
ご訪問され、光栄を浴していた

ミロハナ神父亡き後、迷走・・・・

友人の言によると、さながら
正平協・小長井支部
と、化してしまった

正平協の研修会に参加した
シスターOの感想が、カトリック新聞に載ったときも
聖書解釈が誤っているのは気になっていたが・・・

ここまでとは・・・

神学博士の司祭方を差し置いて
「マリア学神学博士」と記載するのも
謙遜さをモットーとするフランシスカン精神とは
似て非なるものだったが・・・


この修道会は、高齢化著しく
韓国に支部修道院を開設した

だから、韓国の戦争資料館の記述を
そのまま受け入れたのか?

もう、この修道会には祝福は望まれないのか???

最近、長崎教区大司教が騎士会小長井支部に
入会されたと誇らしげだ

不思議でしょ?
本来なら、聖コルベによって祝福された地にある
本河内の国内本部で入会されるだろう

どうして、小長井支部?

その答えは・・・・

この前、伊藤博文を暗殺した安重根を顕彰する旅行に
巡礼団という名をつけ
団体を率いて、わざわざお越しだった大司教だ・か・ら


こんな悪の陣営に加担するような
修道会は、呪われた修道会としか言えない


もし、私と思いを同じくする方は
友人知人に
『愛』誌に
聖母の騎士修道女会に
聖母の騎士会小長井支部に
寄付をするのは
悪魔に献金するようなもの
 と
知らせていただきたい

現在、聖母の騎士会の会報には
この、シスターOの記事が掲載されている

悪魔の手は、騎士会本体にも及ぼうとしているのか???

国内総補佐司祭が山口神父となって
迷走は始まった???

スポンサーサイト

フランシスカン

ピオ本田哲郎神父

フランシスコ会学派は、
修道院神学の代表格であったはずなのに

「無原罪のお宿り」を、いろんな論争を経て勝ち得たのは
ドン・スコーツス(フランシスカン)

観想しながら、主キリストと結ばれるはずが
聖書研究所に籍をおいて、
ああでもない・こうでもないとやっているうちに
気が付いたら、主から離れ
自分の力だけを追求するようになっていた?

フランシスコ会には有名な司祭がいっぱいいらっしゃるけど
皆さん、実績も残し、お忙しいから
のんびりしている聖書学者の彼にお鉢が回って来て、管区長に?

任期中、何の実績も残せなかった・・・
フランシスコ会の管区長というのは個性的な修道者のお世話役

でも、心のどこかで、そのことを誇りにしている?

後任の管区長方からは、
比べようのないところに自分をもってきた?

そんな感じがする  
意地悪でしょうか?

それほどに、彼の管区長時代の評判は・・・

講演会で、司会者が
「元管区長」と紹介するのはよくあるが
彼の場合、講話の中で、自ら名乗るという
修道者には考えられないことをなさっている

聖フランシスコは、へりくだる人・・・
この人のへりくだり、謙遜って

『管区長までした私が
 へりくだって釜が崎で無一物になって
 小さくされた人たちと共に暮らしているんだ!』
と言わんばかり・・・自己満足?

修道院があっても、そこには住まず
別に部屋を借りることが清貧?
修道服があるのに、それを着ず
柄物シャツを着るのが清貧?

ゼノ修道士はボロボロの服を着て全国を回り
恵まれない人のために寄付や物品を募り
自分のために使うことはなかった

今、日本におられるご高齢の外国人宣教師の
スータンやローマン・カラーのシャツを見て欲しい
袖口はすじ切れたシャツでも、キチンと着ていらっしゃる

聖フランシスコや聖クララの修道服だって
接ぎあてだらけでボロボロだった

修道服とは本来そういうものだ
何を着ようか思い煩うことなく
全てを主に委ね、全幅の信頼のもとに
小さな者として生きる

彼の行状は悪魔的だ

◆ミサでの食パン(菓子パン)・ジュース使用

新教会法第899条
(1)ミサは、キリスト自身及び教会の行為であり、そのなかにおいてパンとぶどう酒の形色のもとに実体的に現存する主キリストが司祭の奉仕職をとおして自分自身を父である神に奉献し、かつその奉献と結ばれる信者に自らを霊的食物として与えるのである。


◆独自の聖書解説による教義否定
聖母はレイプされた等など


ここまでは、今まで「イエスの惑星」から批判され続けてきた
が、今回、資料を調べてネットを検索しているうちに
新たなことが判明した

◆奉献文の変更

典礼憲章第22条
(1)聖なる典礼の規制は、教会の権威だけに依存している。この権威は使徒座にあり、また、法の規定によって司教にある。
(2)法によって与えられた権能によって、典礼に関することの規制権は、一定の地域内においては、合法的に構成された種々の地域所轄司教団にも属する。
(3)したがって、他の何人も、たとえ司祭であっても、自分の考えで、典礼に何かを加え、除去し、変更してはならない


下記のブログを見ていただきたい

http://yaplog.jp/fxmichandeesu/archive/126
「釜ヶ崎で本田神父とお会いしました」
2009年05月10日(日) 16時51分
朝8時半にフレンドリーの友人と新今宮駅で待ち合わせて
一緒に『ふるさとの家』に行きました。・・・
ふるさとの家は、釜ヶ崎の方々に憩いの場として開放されています。
教会ではありませんが、
日曜日には、地域の方が気楽にごミサにあずかれます。
ごミサは、祈りも奉献文も、本田神父が釜ヶ崎独自のものにされています


【援助マリア会シスターEのブログより】
http://www.todo.eccl.jp/sub6_kama.html(2003年1月)
ミサは第一日目は「ふるさとの家」で、本田神父様の司式で「労働者と共に捧げるミサ」にあずかりました。ミサの式文もそれに合わせて作ってあるものを左右交互に読みながら祈るものでした。ご聖体拝領は、食パンの耳を落として小さく四角に切ったパンを御血に浸していただきました。次の日は、英神父様の司式で「愛徳姉妹会」の聖堂で、シスター方とセミナー参加者が一緒に。最後の日は「旅路の里」で守護の天使のシスター方と一緒でした。日本基督教団の牧師さんが3日間「この釜ヶ崎では特別です」とご聖体をいただかれました。・・・

http://www.todo.eccl.jp/sub2-1.htm2月13日(木)(2003年)
・・・今日の朗読で思い出したのは、「釜ヶ崎のセミナー」での3日間のミサでした。
それは、“特別”と言って日本キリスト教団の牧師さんもご聖体を拝領されたのでした。
まさに、パン屑ですよね。
3日目にこの方は「ぼくにもマザーテレサがご聖体が一日の糧、力であることが少し分かりました」と
おっしゃったことでした。
一日目に「ふるさとの家」のH神父様は「労働者のミサ」をされ、「ここに集っている皆にご聖体を差し上げたいと思いますが、もし、いやだと思う方は申し出てください」と言ってご聖体(食パンの耳を落とし、小さく四角に切ったもの)を配られ御血に浸していただきました。決して、子犬にやっておられるのではありません。
しかし、他の神父様方もあずかっておられましたが、「あれは、やばいよね」と首をかしげておられました。
2・3日目は、「旅路の里」のH神父様(イエズス会)の司式でした。牧師さんが「拝領出来ますか」と聞かれると「この“釜”ではそんなの関係ないですよ。だいたいこんなことに縛られるのがおかしいのとちゃいますか」と答えられました。イエスさまも同じでしょう。
時々、ファリザイ的見方の自分が恥ずかしくなります。“信仰を増してください!”・・・



このような逸脱を有名な神父がすることにより
長崎の中心地のシスターであっても受容してしまう
そして、他の会の司祭にまで伝染する

まるで、底なし沼か 蟻地獄

このイエズス会司祭は、
現在、鎌倉のイエズス会日本殉教者修道院所長として
説教CDまで出しておられるが
誤りに気付いて立ち返られたことと信じたい

本田神父だが、もうここまで来ると
カトリック司祭とは言えないと思う
本田教教祖にでもなられては?

こういう人物を重用する「正義と平和協議会」
これもカトリックの部門としては失格だと思う

フランシスカン

悩めるフランシスコ会 ― 記念行事の巻 ―

不思議だーーー!

フランシスコ会は正義と平和を求めて
リベラルの道を歩んでいるのに

正義と平和協議会がさいたま教区で全国集会を開くのに
同日、下記の行事を予定している

            フランシスコ会 会則認可800周年記念行事

    場所:瀬田のアントニオ神学院
 
  ★10月11日(日)15:00~   参加自由(無料)
   兄弟フェルナンド・ウリベによる講話:「会則に表れるフランシスコの精神」、茶話会
  
  ★10月12日(月)10:00~   参加自由(無料)
   兄弟フェルナンド・ウリベによる講演:「会則と私たち-FIMの視点から-」、
   教皇大使司式の公式ミサ、祝賀会

あんなに兄弟ヨブは 正平協に入れ込み
本田神父は、「第2分科会:生存権」を受け持ち、講演をするのに・・・

兄弟ヨブは 正平協全国大会を抜けられない
さいたま正平協のドンだから

本田神父って修道名なんだっけ???
イヤーブックで探す
あった!えっ・・・(絶句)
ピウス!(爆笑)
まさかピオ10世教皇様?
でも教皇様であることは確か
権威が大嫌いなお方なのに、修道名が教皇様とは、これいかに!~~~(笑)

Rickさんのお顔が思い浮かぶ
祟りじゃ~~~~~

これはやはり、本田神父との闘いを
Rickさんに求めておられる神様のおはからいかな?

ところで、話を元に戻して
正平協の全国大会を仕切っている兄弟がいるのに
正義と平和を求めて闘う修道会が
会則認可800周年公式行事を重ねるのはまずいんじゃ・・・?

「正平協の求める『正義と平和』は
  真の福音的『正義と平和』ではない」
って言っているみたいだ
いや!ぜひに言っていただきたい!!

もしかしたら、変な?超過激な兄弟は出席できないように
わざと日程をぶっつけた?

彼らの敵対視する「権威」そのものの教皇庁大使を招いての記念ミサだし

その日は、兄弟ヨブはまだ離れられないけど
兄弟ピオはフリー

よれ~~としたTシャツなど着て、よれよれパンツはいて
記念ミサに行くかな???
祭服を着て共同司式するかな??(8割しないと思う)
彼、常識に挑戦してご満悦だけど
そういうところには寄りつかないね

きっと、ピオさんは言うだろう
 「そんなもんに出たって、天国に行けると思ったら大間違い!
   天国に行けるのは、釜が崎のおっちゃんたちだ―――!」

フランシスカン

心が引き裂かれたミサ

先日、京都で研修会があり、それに参加した
研修会後、ミサがあると、当日、現地で聞いた

当日は午前中で終わるものと思っていたのに、計画が狂った
しかし、ミサは何よりも大切にしなくてはならないので
フランシスコ会のL神父のミサに与った

フランシスコの家の「聖堂」といっても和室
私は最初から、正座をする気がないので
パイプ椅子を持ってくると
L師が円形に座るように指示

この時点で嫌な予感

ごたごたした中でミサが始まった
入祭なのに、皆、座ったまま
回心の祈り、あわれみの賛歌、どんどん進んでいくが座ったまま

L師は修道服にストラだけ
茫然自失の中で、ミサは進行していく

第1朗読が終わったら、急にL師が説教?を始めた

どうやら、朗読されたゼカリヤの預言の中の
「城壁」という単語に反応されたようだ

修道会の会則認可800年でアシジに巡礼に行きます
フィリピン人のシスターと一緒ですが
フィリピン人のシスターのヴィザがなかなか下りずに困りました
幸い、ヨーロッパは統一されたので
どこかの国が許可すれば、他の国にも入れます
イタリアが許可したので行けることになりました
国の境なんて要りません
城壁も要りません

ここはそういうのではないはず
わたし自身が町を囲む火の城壁になると、主は言われる。
わたしはその中にあって栄光となる。
わたしは来て、あなたのただ中に住まう、と主は言われる。
ここがポイントなはずなのに・・・

話したいだけ話したら、今度は答唱詩編をとご指示
次いでアレルヤ唱になっても、
福音朗読になっても座ったまま・・・ここに至っては放心状態

で、説教第2弾が始まる

私は、憲法9条が好きで、そのために日本に来ました
仕返ししないことは大切です
ペトロや弟子たちは武器を隠し持っていましたが
イエス様に叱られましたね
やられても抵抗しないことは大切です

昔、教皇は十字軍を派遣して闘わせたんです
それは、間違いですね!
教皇も間違うんです
聖フランシスコはそれに反対して
聖地に何も持たずに行ったんです・・・・・

ふ~~ん
神のご計画が キリストによって成就されていっているのに
現世的な考え、自分たちの価値観で妨害してはいけない
神のご計画は、人の目には見えないところに
人間の頭では考えも及ばないところにある
そういう風に解釈していたんだけど・・・(汗)

どうして、ここに憲法9条が絡むかな???
そんなに9条が好きなら、
ヨーロッパ圏内においては緊張関係などないのだから
オランダにお持ち帰りになっていただいて
オランダの宝、ヨーロッパの宝に 
先ず、していただけば
素晴らしいものだと よくわかるんだけど

完全平和主義を唱えるなら
それが通用する隣国かどうか
まず北朝鮮へ宣教に行って確かめていただきたい

今だから十字軍は間違いだったと 教皇を断罪して仰るけど
歴史を見るときには、当時の価値観
あの時代に生きている人たちの生活に占める宗教の重要度から
考えてみないといけないんじゃないの?

当時は、あれが信仰における正義の戦いだったわけで
後世の人間が評価するときには
ただ現代の判断基準で裁けばいいってもんじゃない

その中からいろんなことを学ぶべきで
教皇批判や完全平和主義に安易につなげるのは耐えがたい

なに?教皇様に従うことはないって言いたいわけ???

あぁ、卒倒しそうだ

ミサに戻り、
ん?先唱は出来ないの??
視線に促され、聖なるかな♪と歌い始める

奉献文
皆さん、座ったまま・・・
いたたまれず、一人だけ、跪く

平和の賛歌は、うちの会長が先導

拝領前の信仰宣言も座ったまま・・・私だけ跪く

拝領になって、L師「これを回してください」

出た―――!別名、茶道ミサ

それは確か「あがないの秘跡」で禁じられていたじゃない!

私は大阪教区の要職にある神父様からも、
ミサの中で、繰り返し繰り返し
セルフ・インティンクション禁止の通達書解説を受け
ご聖体も御血も授けられないとダメで
自分の手で取ってはいけないと教えられたばかりなのに・・・

拒否できない状況で違法な方法で拝領を強いられる
ご聖体ののせたパテナを回していき、
各自が手に聖体を取ってkeep、一斉拝領だって・・・(涙)

もう悲しくて、胸が張り裂けそうだった
聖体拝領を利用して
教皇様や聖座に反抗することを強いるなんて

もう、二度とフランシスコの家には行きたくない!

昨晩、所属兄弟会の副会長に電話を掛け、抗議し
もう2度とフランシスコの家に行くように
指示しないでほしい!と話した

「フランシスコは壊れた教会を建て直した」だって
それは、物理的にはポルチウンクラじゃないの?

中世のカトリック教会は傾きかけていた
アシジのフランシスコは傾きかけた教会を支えた
アシジの聖フランシスコ大聖堂のジョットの聖画をよく見てほしい

今のフランシスコの弟子たちは
教会を破壊するのに余念がない・・・

聖フランシスコは、自ら清貧に生きることによって
人々の心を回心に導き、霊性を遺した

まぁ、フランシスコ会(OFM)は
オブセルヴァンテス(改革派)たる所以かな?
保守本流のコンベンツアル会(OFMConv.)とは異なるのよね

この改革者フランシスカンは
いつの間にか、回心と償いの人フランシスコを
改革者フランシスコに作り替えちゃった

研修会の分かち合いの際
「現代、聖フランシスコが歪められて伝えられている
   私は聖フランシスコの主への愛と回心を伝えたい!」
L師の前で堂々と言ったから、余計あんな説教をしたのかな?

京都兄弟会、箕面兄弟会や関西地区評議員は慣れっこで
ごく自然に座り続けていた

茶道のような作法でするなら、お辞儀の仕方が異なる
日本文化というなら、きちんと重々しくやってほしい
会衆も、伏し拝むんじゃないの?

怠慢な、聖体を軽んじているだけのミサにしか見えなかった
プロフィール

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。