スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異端?

相変わらずの本田教です

「新大陸」さんという方から
情報提供を受けましたので、
そのブログ内容中心部のみ抜粋して
掲載させていただきます


本願の声に耳を傾ける
本田哲郎さんの「講座」のレポート①
http://blog.rongakusha.com/?eid=878377

 ――マリアはヨゼフ以外の男の子を生んだ。証拠は残っていないけど、強姦か、売春ではなかったのか。精霊が妊娠させたのでは決してない。
 その子イエスは、生まれながらにして、この世に居場所がなかった。
 就ける仕事はヨゼフと同じく石工(石切り)であった。じん肺になる危険労働。
 虐げられ、蔑(さげす)まれてきたイエスは、30歳から意を決して、ひと前に立って、語りはじめた。意思的な離脱者として生きたのである。イエスに残された時間は少なかった。
 《低く、小さくされてしまっているひとにこそ神から励ましがあるんだ。》
 イエスはユダヤ人(ユダヤ教徒)だけに占有されていた神の励ましを解き放とうとし、解き放った。
 そのことによって、激しい憎しみを宗教者たちに持たれ、33歳で殺された。
 そんなイエスの思いをスルーさせて、後に成立したキリスト教会は「愛」を一般的に説く。
 「隣人を、すべてのひとを、愛しなさい」と。
 これは違う。そんなことはできない。
 これでは偽善者を生み出してしまうではないか。
 原語アガペーは、「そのひとをひととして大切にする」ということ。相手の立場に立つことはできないので、なるべくそのひとの下に立つ(under-stand)思いで、そのひとを大切にしていこうということなんだ。エロスではないのだ。エロスは特定のひとを深く愛し、子孫を残していくことだ。
 イエスが言ったとおり、弱いところにこそ、神の励ましが在るのだ。
 その励ましを現実化できるように、釜ヶ崎で日々私は暮らしている。――

 以上400字でまとめてみた。その内容については、明快なのではないか。
 非キリスト者はそのことに何らかのコンプレックスを持つ必要はない。
 ただイエスの本願の声に耳を傾けるだけでよいのである。その本願が現実化できるように、私たちは努力しなければならない。何教であろうが、そんなことは気にすることはないのである。

本田哲郎さんの「講座」のレポート②
http://blog.rongakusha.com/?eid=878378

 本田さんは、釜ヶ崎の問題に取り組んでいる。
 野宿者や路上死者のこと、多くのひとびとにとって、まだまだ“壁”がある。“壁”の向こう側のことと思っている。
 でも、「壁は同時に通路でもある」(シモーヌ・ヴェイユ)のだ。その“壁”を倒せば、きっと橋になるのである。橋をかけようと本田さんは動いている。支えたいと思っている。
 飢えているひと。渇いているひと。難民として来ているひと。身にまとうもののないひと。病みおとろえているひと。――こういう社会でいちばん小さくされたひとたちの側に神はいる、こういうひとこそ神からの励ましがある、ということが本田さんが繰り返して語っているポイントだ。「心底貧しい人たちは、神からの力がある」(マタイ5、本田哲郎訳:「心の貧しい人々は幸いである」というのは誤訳)。そのひとが、クリスチャンであるか否か、宗教があるかないか、国籍民族も関係なし、なのである。全くないのだ。神からの力はキリスト教教会のメンバーかメンバーでないのかに関わりなく、平等に照らされているのである。
 そういう聖書の解釈に基いて、釜ヶ崎の「ふるさとの家」の毎週日曜日の「労働者のミサ」を本田さんは行なっている。洗礼を受けていない労働者のおっちゃんにも、無教会派仏教徒の私にも、パンとブドウジュース(アルコール問題があるのでワインではない)を与えられている。「これはイエスの体である」「イエスの血である」と。聖体拝受だ。
 これはふつうのキリスト教教会では非クリスチャンにやってはいけないこととされている。
 ローマのカソリック本部から文書が届き、指導を受けることになる。審問(裁判)も開かれた。本田さんは堂々と解釈を述べ、「除名するならしてくれ、私から辞することはない」と――。その後、なぜか不問に処せられているそうだ(笑)。
 こんな話を7月29日(日)の「講座」が始まる前に私は本田さんから聞いていたからである。
 こんど、いっしょに「労働者のミサ」に行こう――。支えよう――。

*******<転載終了>**************

このような司祭が未だに講演会の講師を
大手を振ってしていることに耐えられません

九州のある司祭黙想会の講師の人選の際に
この本田神父の名もあがったとかで
この神父の釜が崎の活動が
カトリック司祭としての評価を
ミスリードしているようです

鹿児島の市民クリスマスという
キリスト者も非キリスト者も集まる席で
マリア様のレイプ説を仰るような非常識極まりない司祭は
カトリック司祭として講演などしていただきたくないというのが
多くの信徒の気持ちです

バチカンからの審問があったようですが
それさえも開き直って言いふらすというのは
どういう神経でしょうか?

大阪教区長はご病気療養中ですが
これは、大阪教区だけの問題ではなく
フランシスコ会の問題であるといっても
過言ではないと思います

メジュゴリエのフランシスコ会司祭同様の処置が
一日も早く修道者聖省から言い渡されるように
願っております

大阪大司教様と一緒に訪問した際
「水による洗礼なんて意味がない」と仰っただけでなく
私に、「そう思いませんか?」と
ご自身の考えを押し付け、
ミスリードしようとした方です

同じ修道院の方々の心配もどこ吹く風で
このような講演会を続けることは
大きな躓きです

神戸のバイブル・ハウスは
キリスト教諸教会の運営ですが
毎年この方の講座を開いています

このバイブル・ハウスには神戸地区カトリック教会が
全面的に協力しているのですが
本田教とも言えるような聖書解釈が広がっています

この方の聖書学の根底には
解放の神学があり、
心の平安を得られるようなものではなく
闘争のための神学です

平和を求めるのではなく
解放?闘争のための神学です

神様の遍在
神様は富める者にも貧しき者にも
常にいてくださる
これは基本中の基本です
貧しき者ではなく貧しくされた者という言葉で
加害者と被害者を作り上げ
貧しくされた者の側に神様がいらっしゃると
他者を切り捨てる・・・

故意に相手を貧しくした者の側にも
常に神様はいらっしゃって
富の公平な分配を選択するように
導いていらっしゃるのですが
それに気づく・気付かない
選択する・しないは本人次第で
本人の責任です

この影響で、私たちの教会では
裕福な家庭は何かしら
白い目で見られるような感じで
違和感を口にされる方もいらっしゃいます

こつこつと実直に
タレントを生かし働いて得た財産を
後ろめたく思わなくてはならないのは間違いで
それをどのように使うかが
課題なのだろうと思います

解放の神学は逆差別の神学なのでしょうか?
スポンサーサイト

異端?

カール・ラーナー 

「兄弟愛の社会的次元」というテーマで
彼は次のようなことを書いている

今日の状況において発揮されるべきキリスト教的兄弟愛から生じる今ひとつの結論は、政治的責任で あり、それ故にまた政治神学がこのキリスト教的兄弟愛の本質から必然的に生じてくる、という洞察の中に成立する。

遂に彼は、「政治神学」という言葉を持ち出し
キリスト教の隣人愛と兄弟愛ゆえに
新しい分野に駆り立てる

その分野とは、人間にふさわしい、キリスト教的に生きることのできる生活にとって、できる限り  適切な一社会における、そうした生活のための社会機構上の前提条件に対する責任の分野であり、本来の政治の分野のことである。この責任は今日では――昔と違って――もはや少数の人だけによって になうことができるものではなく、ひとつの社会の中の一人々皆にその責任が要求されている。…
この責任は昔以上にいっそう多くの選択を許す可能性ある決断の分野でとられなければならず、もはや単なる推論的な知性の問題ではなく、むしろ自由そのものの問題だからである。たとえ幾多の異なった仕方であろうとも、政治は今日ではもはや、議論の余地なしにこの政治のために神から委託されている「当局者」だけの課題ではなく、各キリスト者の責任になっている。


このように言いながら、民主化された社会において
信者にキリスト教的社会構築のための政治責任を説く

そのキリスト者の政治的責任について

従来の社会的な諸構造と状況とを防御することだけが、キリスト者の使命でありうるというように考えてはならない。

あるキリスト教徒が心の底からキリスト教的な態度により、あれこれの点で保守的であるということ、また彼が理論的な基本的見解か、もしくはまた正当に彼に帰せられる自由な決断によって、特定の社会的事実の存在を支持するということは、全くありうることである。その人は今後とも保守的でありうるし、それを恥じる必要もない。


などといって、保守的な態度も、寛大に存在を許してやるって?

でも、それって「恥じる必要もない」なんてわざわざ書いて
要するに、保守的なのは適当ではないと誘導する

私たちキリスト教徒は、あたかも社会政治的変化にとってダイナミックな力が、もっぱら他の人々の事柄であるかのようにふるまってはならないし、また未来の人間の罪や有限性や幻滅に支配されたことと全く同様に、従来の社会構造を防御することだけがキリスト教の使命である、というふうに考えてはならない。

でも、このように政治責任を果たせるキリスト者は
欧米や我が国などの民主的な国であり少数だ

その民主的国家にあって
ダイナミックな社会変革とは何を意味するのか

それこそ、社会主義ではないか

「未来の人間の罪や有限性や幻滅」とはどういうことか

有限の存在である私たち人間は
神において常に希望をもち、正義が行われるように努力する

それではいけないのか
そして彼は保守派に批判?暴言?を浴びせる

神の摂理が、神の耳にだけ交響的に響くような世界の演奏会の中で、各人に皆それぞれ固有のパートをわりあてていて、それ故に事情によっては、私たちは反対抗議をしてはいけないということや、啓蒙期以来、結局は世界史の神的シンフォニーにとって不可欠でもあるような保守的な人のパートは、教会のキリスト者にわりあてられたということをキリスト教的謙虚さのうちに考慮すれば、すべてが説明されるのであろうか。・・・

延々と保守派に対する恨みがましい批判をした後
彼の本心であることが語られる

神学の全体に対してイデオロギーを批判する仕方で関わるような問いが、政治神学といったものを形成し、私たちがその場合、あらゆる側面からその本質をそれほど綿密にきわめなくてよいとしても、政治神学にその権利が与えられるのである。・・・
政治神学は、至るところで革命家や現代主義者たちを見つけ出そうとするいらだちの心で、はじめから拒否されてはならないものである。


このように寛大に受け入れてほしいと書きながら
どうしてこんなに、恨みがましいのか

で、この本、彼がいつ書いたのかと思ってあとがきを見ると
1984年、80歳のお祝いに対する感謝の手紙の後に
送られてきたものとのことで
その後、間もなく帰天されたので、まさに遺稿
彼の主張した神学から派生した解放の神学は
カトリックの本流から外れたものと
ほぼ結論が出た頃に書かれているので
こうも恨みがましいのである 納得!!

たとえば、こんな感じ

教会の中でのイデオロギーの疑いが強く、また反動的に思われるような神学や政策に対して、自己防衛しなければならないと思いこんでいるような神学や政治の主張者たちにも、全く同じように自分たちの敵対者に対して、兄弟的寛容さが求められているのであって、この兄弟愛もまた、あらゆる希望に反して落ち着いて待機する可能性を包んでいるということも当然認められる。

今日のキリスト信者には
昔は与えられなかったような政治的責任がある

たしかにこの社会においては、またおよそ教会においても、指導的役割をになう者がいて、それが各人にふさわしくはないにしても、その権能は万人から尊重されなければならない。だが今日では、教会の具体的な統治様式において、当局的思考が減退しているために、兄弟愛はなおさらいっそう強力に効力を発揮しなければならない。ところで指導的役割の全権を尊重することは、教会においては、唯一にして同一の恵みにおける同じ主を通していっそう包括的で、いっそう深いところにある兄弟愛に基づいているのである。


>教会において、ふさわしくない「指導的役割をになう者」も
「その権能は万人から尊重」してほしいってことのようだ<

これって、政治に走る聖職者?

彼らを主において兄弟愛から
「指導的役割の全権を尊重」してねってことのようだ

異端?

カール・ラーナー 

この人は、どうしてこうももっともらしい文章の中に
こそこそと変な言葉を潜りこますのだろうか

はっきりとした形での批判ではなく
それとなく そういう感覚に誘い込む
そういう意味で悪質だと思う

私たちのキリスト教的兄弟愛が、ただ単にはるかな隣人の現世的幸福や、世俗社会における権利や正義だけに関わっていてはならず、かえってこの隣人の本来の救いにも、すなわちその人に神自らの約束が、無条件で限りのないイエス・キリストという歴史的に把握しうる姿を通してとらえられることに関わっているのであることも同じく当然である。

「歴史的に把握しうる姿」という言葉は、ここで必要だろうか
神の約束は、イエズス・キリストを通して・・・で充分なはずだ

ここで、この言葉を挟むことにより
歴史的に把握できないようなことは
信じなくてもよいという風に感覚的に植え付ける

歴史的に把握できることの他に
聖伝、神に導かれた信仰の歴史がある

信心業などは特にその部類で、信仰を豊かに実らせるものである

だが、彼らは、頭で理解できるものにしか価値を認めない
やはり啓蒙主義からの思想、プロテスタント的

今日若いキリスト教徒たちが、正当にも全世界で自由と社会正義を闘争的に支持しようとしているとき、彼らは人類の究極的一致が、神とイエス・キリストによるその神聖なる恵みのうちにあってようやくはじまるところで、世界に広がるこの兄弟愛が停止してはならない、ということを忘れてよいわけはない。今日、全世界における自由と正義に対する人々の明らかな信仰の表明と断固とした挺身は、それだけでもう福音化の第一歩であり、ぜひとも必要な手段であるかもしれない。またこの第一歩は、それが人間的兄弟愛の素朴な行為として、私心なく故意でなしに行われるときにのみ正しくなされるのであるかもしれない。とはいえこれらすべてのことは、はっきりとした世界宣教と福音化に対するキリスト者各自の兄弟的責任を除外しはしない。

「自由と社会正義を闘争的に支持」することが
兄弟愛であるとして駆り立てる

この「闘争的」という言葉にはキリスト教的な香りがしない
この言葉から連想するものは暴力的闘争である

極限状態にあるとき
教会は力による闘争をやむを得ないものとする

だが、その先には、真のキリスト教的正義の秩序が
準備されていなくてはならない

それもなく、闘争に駆り立てるならば
それはただの「破壊」だ

彼は、その闘争が「素朴な行為」として
なされるように要求するが
それでは、ただの暴動になる恐れすらある

こういうことに「福音化の第一歩」とか
「断固とした挺身」という言葉を平然と使い
キリスト者を駆り立てる恐ろしさを感じる

異端?

カール・ラーナー ?

このように私たちは、どれほど自分たちに困難に思われようとも、今日、歴史上の制約、局面の暫定性を伴う具体的な世界教会の中で生きている。そして教会はまさに今、その暫定的局面と制約の中にあるのであって、ともかくもまだ将来のより良い段階には達していない。こういう教会の中で私たちは生きなければならず、またローマにおけるイタリア的形式主義にも、耐える状態におかれざるをえない。それは何といっても、かしこにいる私たちの兄弟には自明なことなのであり、たとえ私たちが―兄弟として尊敬されていて―そうした問題における自分たちの願い、悩み、そして苦痛をはっきりと通告する権利があるとしてもそうなのである。

イエズス様から委ねられた首位権やヒエラルキーを
イタリア的形式主義としか見られない人たち

彼らを、どうしてローマ・カトリックと呼べるのだろう

苦痛としか考えられないなら、悩みの中から、
素直に受け止められる信仰を願っていただきたい

はじめに、彼はヨーロッパ的なものを否定していたが
結局は、イタリア的形式主義にターゲットを絞った

頭でっかちの、心から神に頼ることを知らないあなたたちを
可哀そうな隣人として見ることは出来ても
兄弟として尊敬するに値しないと思う

いくら理論を重ねても、神を畏れず
神から与えられた秩序を
自分たちの考える秩序に変えようとするあなた方を
もう友とも呼べない

可哀そうな隣人が
これ以上、人を惑わすことのないように祈るのみ

人々は、現実のひとつになった世界規模の世界史の内部での教会そのものの中で、教皇職が実際的に、全く新しい積極的機能をかちとることができると考えるかもしれない。その機能というのは、これまで教皇職が具体的には全然持っていなかったもので、今日私たちが本能的に探し求めているにもかかわらずおそらく他の場所で見いださないものであり、私たちカトリック教徒として希望と忍耐のうちに、教皇職について信じていることの、今ここでの具体的な結果と特徴として教皇職に対して是認しうるものなのである。

ここで、不遜にも、彼は、教皇職について
自分たちが職務を決めようとする

教皇様は、時代に沿って、自らが判断されて
キリスト者には神の教えを
そして非キリスト者にも
人間としての「良心」を目覚めさせるべく
世界中の人々に語りかけられる

しかし、それを歪めて伝えるマスコミがいる
特に、日本の左傾化著しい大手マスコミ
そして、それを増幅させるかのようなカトリック新聞
日本の教会の高位聖職者たち

本来の教皇様の愛の語りかけを歪め、冷笑し
批判対象にすり替えられている現状がある

彼らは、自分たちが望みうる教皇職
「世界の良心の表現」の行使であっても
結局は、権威を認めないのである
全面否定はせずに
そのように仕向けるしたたかさを感じる

異端?

カール・ラーナー ?

彼は隣人愛を「兄弟愛」として徹底した愛を要求する

人は自分の愛のうちに沈黙したままでいることができず、あたりまえであるかのように その愛の苦しい幻滅を耐ええないとしても、それでもその人は自分に問うてみなければならない。自分はきわめて礼儀正しくふるまえる生活の知恵による利己主義を、真に人間を無私のものとし、その人を神の測り知れない深みに投入するような まことの愛と取り違えているのではないか、と。それ故、本当に理解するならば、兄弟愛とは非常に危険な言葉なのである。

フランシスカン的、また一般的「兄弟」の観念から逸脱して
強烈な愛を「兄弟愛」と呼び
非常に危険な言葉だと言いながらも 
彼は、この「兄弟愛」を使い続ける

それなら「兄弟愛」などと使わなければいい

わざわざ、使い続けるのは
それを、暗に私たちに要求するからであろう

そこまでの隣人愛を皆が求められるものだろうか?

信仰に応じて、深まり、その度合いも異なり
召命に応じて求められるものは異なると思う

これって、フランシスコ会の本田哲郎神父の言う
「毎週ミサに与ったからといって天国にはいけない
釜が崎の人たちこそが天国に行けるんだ」
って言葉に通ずる

でも、私の尊敬するコンベンツアル会の神父様は
「自分が与えられた環境・状況の中で
 いかに懸命に生きるかが大切だ」とお話くださった

神様と結ばれて 懸命に生きることが大切だと思う

それが無私なのかどうかは・・・
それこそ信仰の実りだと思うけど

さて、彼は真の兄弟愛が伴っている
もう一つの結果として
「私たちの宗教的主観性における
派閥的なメンタリティーの克服」をあげる

私たちは今や世界教会の中で生きている。そしてこの世界教会は、単に私たちの個人的な趣味や、20世紀後期個人主義的主体主義のメンタリティーに合わせて裁断されたものではない。そこにはもうヨーロッパ人は十分に居る。ところがアフリカ人、ラテンアメリカ人等は 後期個人主義的な私たちのメンタリティーと生まれつき共感していないというのに、彼らがいよいよ私たちと同一の市民権を、唯一の教会の中にもっているのである。彼らのメンタリティーは、私たちが欲しようと欲すまいと、一なる教会において作用していて、私たちもそれにとらえられるほどである。このことは私たちにはしばしば不愉快であるかもしれない。特にこの異質なメンタリティーが知らず知らずのうちに、たとえ全くそうでなくとも、無邪気に、そして当然のこととして、しかも率直に自らもカトリックだと感じていて、それほど無造作ではないとしても自分を示している。

これって、偏見に満ち満ちていると思うのですがねぇ

ミサや典礼に対しては、多様性だと言いながら
メンタリティーを異質と捉えるのは
矛盾した考え方と思う

メンタリティーと文化とは重なり合うものだけど
ミサなどでの表現方法を異質(不愉快)と
感じることはあっても
メンタリティーを不愉快に思うなんて
自分たちは如何ほどの者なんだ?!

これこそ、おごり高ぶりではないか

ポーランドのマリア崇敬は、全くカトリック信仰と共に授かったものとして、いつどこでもそのようなものであると自認している。それゆえにこのマリア崇敬は、全教会でも重んじられるように努められるであろう。たとえそのようなマリア崇敬が、私たちの感覚には多くの点で異質であるかもしれず、私たちのところでは かなりの抵抗をひき起こすことになってもである。

何?異質のメンタリティーて
結局は聖母信心に対しての侮蔑だったのかな

マリア崇敬は重んじられるように努力しなくても
子供が母親を慕うのと同じで自然と生ずるもの

だから、妨害さえしなければいいだけ

マリア信心を否定するところに血は通わない
マリア信心を異質・抵抗と感じるところには
基本的な愛が見いだせないように感じる

当然のことながら教会の多くのことが、人々にしっくりしていない。だがなぜ多くのことがしっくりしなければならないのか。教会がまさにある人々にとって あるがままのものでなければならないのなら、そのときには他の人々は何をすることになるのであろうか。イタリア人はと言えば、おそらく 彼らにしても私たちドイツ人にしても幸いなことに、法律上の事柄にはあまりやかましくなく、偏狂に受けとることもないのではないか。南米人のマリア崇敬は、おそらく理論の上ではキリスト論が設けている限界に関しては、私たちよりもさほど気を遣わないであろう。私たちのところでは、それと気付かずに、実際にはあつかましい個人主義と利己主義の危険にあるのではないだろうか。

南米よりも西欧の信仰の方が優れているというのか?

最初に、西欧的なものは全否定していたのに
彼らにとって西欧的なものは、
教皇の権威・ヒエラルキーであって
知的な信仰は、西欧が優れていると?

確かにアウグスチヌスやトマス・アクイナス、
ボナベンツラなどの思想家は
西欧で信仰の基盤を整え、発展させたけど
それは、西欧への神様の宿題であった

神の目から、何も、西欧が
信仰面で優れているわけでもないと思う

キリスト論が設けている限界とは何か?
どういう理論なのか?

南米の人々が聖母に心を寄せるとき
イエズス・キリストが存在しないとでも言うのだろうか

イエズス・キリストと聖母は切り離せない存在として
純粋に慕い、祈って、誰に批判されることがあるのか

中南米の人々のように
幼子のように純粋に神により頼む心は、
何よりも尊いとイエズス様は教えられたではないか

神の前に何が尊いのか・・・

フランス啓蒙主義的な個人主義は
独善的になり得る
プロフィール

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。