スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

徳島県教組のしたこと

徳島は仙谷官房長官を選出するようなところだから
県全体が赤いのかどうかは知らないけど
あんな教育者がはびこるというのは異常

判決を受けた彼らは
本当に、事件の募金に関しては
産経新聞の報道しか知らなかったけれど
それを勉強不足と追及するのも酷なような気がする

一般的に全国紙の新聞が記事として書いているのを
信じて何が悪い!ということで
いちいち事実か嘘かと調べなくてはならないならば
新聞の存在価値を否定するようなもの


裁判では全然問題がないように言われていたが
私的には、あの募金「子ども救援カンパ」って
いかさまだったと思う

子供の就学支援を表文句に
「あしなが育英会」の名まで使っていた

警察の募金詐欺としての立件は
日教組が組合員から半強制的な感じで集めたカンパの方が
あしなが育英会と一緒に行った募金額よりもずっと多くて
少額の集まった募金に多額のカンパから足して
あしなが育英会にあげたから、
詐欺とするには難しいとのこと

でも、カンパの方には連合として
雇用・就労・自立支援を入れていたが
「子ども救援カンパ」という名称で
就学支援を前面に出し
あしなが育英会の名を利用したということで
多くの組合員や他の人の目をくらまし
悪質な「募金を伴うカンパ事業」だったと思う

自分たちの組合員が集めたものだから
何に使おうが勝手というのも違うと思う

就学・就労支援を皆、まとめて集めたために、
どの部分が就労でどの部分が就学と
分からなくしてしまっているし
どれが、募金で、どれがカンパなのかも
分からなくしてしまった

集まった金額の大半は、
雇用・就労・自立カンパに行っているのだから
総称して「子ども救援カンパ」ということの
不自然さがある

今回の件で徳島教組が果たした役割として
見過ごすことのできないものがある

連合に行った1億円のうち各単組を通して申請し、
連合が助成した団体やNPOの中に
団体名「徳島県教職員組合」として
「朝鮮学校に通う子どもの就労支援」の名目で
150万円が渡されたのだ

これに憤って、この事件は起きた

この憤りは理不尽なものだったのか?
私はまっとうな憤りだったと思う

四国で一校だけ存在する朝鮮学校で
小学生から中学生が学び
全校生徒合わせても40名足らず

ということは、かなり限定的な家庭の子弟ということになる
朝鮮総連関連の職場の子弟とも言えるのではないか?

言ってみれば、
彼らは北朝鮮のエリート家庭の子弟として
エリート教育を受けているのだ

そんなエリートの彼らが、
中学卒業で終わるべくもなく
ほぼ100%進学するだろうに
どうして就労支援が必要なのか!


これは、不思議と言うしかない!!


要するに、就労支援という名のもとに
朝鮮学校を通して
朝鮮総連に寄付をしただけなのだ


拉致、核開発、ミサイルなど
あくなき悪行を繰り返す北朝鮮の
出先機関である朝鮮総連に
援助などは大手を振ってできないから
子ども救援を謳い
カンパから「子どもの就労支援」などと
大義名分を整えて渡したに過ぎない

この民主主義国家 日本に生活しながら
エリート教育として、
カビが生え、朽ち果てた主体思想
叩きこまれる子どもたちこそ災難だ

それに加担する徳島県教組なんて
頭がおかしいとしか思えない

それが教育者か!!

子どもの基本的人権侵害だよ

こうして、朝鮮学校に通わされる子どもたちは
心の中に、日本人との隔ての壁を
しっかりと築きあげられるのだ


徳島県教組はこのあわれな子どもたちを
本当に救おうという気持ちなど、さらさらなく
自己満足に浸り、
崩壊したマルクスの「資本論」などを
愛読書として嬉々としているのだ

そういえば、あの徳島県教組の事務所の窓には
北朝鮮との友好を誇っていた
政治家のポスターが貼ってましたっけ

「単組を通して申請し、連合が助成した団体やNPO」は
全国でたったの30団体
そこに、「朝鮮学校の子どもの就労支援」が
入っているのだから
この手続において窓口となった徳島県教組の
MT委員長の貢献度は
並はずれていると言って過言ではない
あっぱれ!あっぱれ!

私は、このようにして半強制的に
朝鮮学校で偽りの教育を受けさせられる子どもたちの
基本的人権を守るべく、声を大にして叫びたい

日教組、特に徳島県教組は
朝鮮学校の子どもたちの人権にもっと真摯であれ!と

そして、朝鮮総連を支援する徳島県教組の体質どころか
存在こそが問われるべきと思う
スポンサーサイト
プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。