スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

介護の中で命を考える

大変遅くなりましたが

ご復活祭おめでとうございます

皆さんはこの喜びの季節
いかがお過ごしでしょうか


実は、今年の聖週間は、
枝の主日に母の急な入院で
付き添いなどのため教会には行けませんでした

この冬に軽い風邪をひいて以来
少しずつ痰がからむようになり
排出もうまくできないようで心配していたのですが・・・

嚥下性肺炎を起こしておりましたので
入院中、胃ろう(PEG)の手術をするかどうか
家族で決めるように求められました

両親はずっと以前、尊厳死協会に入会してましたので
尊厳ある終末を・・・ということで
クオリティ・ライフを考慮し
お断りしました

いくら望んでいても
最後はどのようになるかはわかりませんが
家族としてどのようにそれまでの日々を
送らせてあげられるか・・・

胃ろうをすると
食べ物が誤嚥で肺に入ることはなくなりますが
唾液や痰が入ることもあるので完全ではなく
完全ではないのならば
食べ物を自分の口で味わいながら食べることを
大切にしてあげたいと思いました


幸い、肺炎が治まると、容体も落ち着き
食欲も医師や看護師の方々が驚くほどの回復で
2週間足らずで退院となりました

入院中に看護師の方から吸引機の扱い方の講習を受け
自宅に吸引機を購入し
準備万端整えての退院でした

今回の入院を機に、
今まで服用していた抗精神薬もすべてを中止し
改めて、最小限の薬の服用に変えていただいたおかげで
入院前まではうつろな目で
毎日うとうとと寝てばかりいたのが
驚くほど日に日に目には力が出て
言葉も出てくるようになりました
言葉も単語から文章にかわりました

毎日、嚥下食として
すり潰したり、トロミをつけたりして
少々手間はかかりますが
なるべく、家族と同じようなものを食べられるように
工夫して調理しています


まだ介護認定がおりていないのですが
訪問看護に週に2回来ていただき
また病院から紹介された医師には
月に2回往診していただき
健康管理をしていただいております


入院まで、介護サービスを何一つ受けず
家族だけで世話をしてきたのですが
これからは専門家の方々の
アドバイスやご協力も頂けることになり
現在、環境整備中です


このような母と、その後を追うような父
二人を看ながら
人の一生、命の重さを感じています


もう二月ほど前になるでしょうか

NHKで介護の特集番組があり
その中で一般参加者の方が
「介護保険を導入するときに
介護は社会がすることになったはずなのに・・・」
と発言され、唖然としたものです

介護は大変です

一人暮らしならば仕方ないでしょう

でも、家族がいながら
社会に任せてしまうという考え方
この考え方は恐ろしいなと思いました

まずカトリック的ではないですよね

家族とともに社会も看る
そういうことだと思います

介護は女性のすること
家族だけで看るものというような
昔ながらの考え方も残ります

実際、我が家の父や兄も・・・

今回の入院によって
それでは済まなくなったため
やむを得ず・・・といったところですが

「家族ではなく社会が・・・」
「家族だけで・・・」
このどちらも偏りすぎるのは困りものです

人生50年、60年と言われた頃から
今では、90年といわれます

介護される方も介護する方も
最後まで笑顔を絶やさないために
心の余裕が必要なのかと思います


訪問看護師さんは
私が「介護鬱」になったり
倒れてしまうのでは・・・と
心配してくださってますが
お役所仕事ゆえか
介護認定に時間がかかり
介護環境が整わないので結構ハードな毎日です


まぁ、何とかなるでしょう・・・
スポンサーサイト
プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。