スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

福者ヨハネ・パウロ2世

私の入信のきっかけとなったのは
訪日されたヨハネ・パウロ2世教皇の姿でした

姿、表情、立ち居振る舞いをテレビで見ていて
今まで世界史の時間に習った先入観から
解き放たれました

教皇になられた頃から、
難病に罹っておられるとの話でした
おそらく、パーキンソン病だったのでしょう

世界中を駆け巡るお姿から
いつしか難病というのも忘れてしまっていました

狙撃されて、腹部に銃弾を受け、腸を損傷し
一時は治療のため人工肛門を使われ、
後に腸の形成手術を受けられました

問題のない国にばかり行かれたのではなく
問題を多く抱えた中南米の国にも行かれました

ヨハネ・パウロ2世が就かれた頃
ブラジルをはじめ南米では「解放の神学」派の勢力が
司教協議会にも及び、マルクス主義に染まってました

その状況下で、共産主義司教の引退時に
保守派司教を選任し
教会に混乱が起きないように徐々に
10年をかけて司教協議会を建てなおされました

教皇様はポーランド出身で共産主義の国の中で
苦しむ信徒とじかに接し、
共産主義政府の圧力の中でかじ取りをされてこられ
反共産の立場は絶対でした

「解放の神学」を排斥する教書も出されました

しかし、不従順な日本司教協議会は
その教書を封殺し、信徒の目に触れないようにしました

その次の教書「自由の自覚」
こちらは、前回よりも穏健な表現で
こちらのみを出版しました

当時の事務局長の松本錦治師の良心の呵責からか
あとがきに第一の文書の存在を書いています

「自由の自覚」本文を読んだあと
何かおかしい!と感じ
あとがきを読んで、該当する教書を探しても
出版された形跡はなく、行方不明でした

でも、このネット社会では
一般信徒もバチカンのHPにアクセスできるのです

そこで、第一の教書を発見し
「教会の政治活動を憂慮する会」の方々に
その文書をご存知か?
その文書の翻訳がどこかにあるのか?と尋ね
日本の信徒には葬り去られたも同然の状態にあることが
ようやく明らかになりました

これは、日本の教会の動きが
聖座から大きく外れていることを示しています

でも、日本の信者には
教皇ヨハネ・パウロ2世の存在感は圧倒的でした

そこで日本の司教方がなさったのは
教皇ヨハネ・パウロ2世の印象操作です

その道具として広島での平和アピールが使われました

教皇さまは人を殺しあう戦争を非難し
世界平和を求めるようにと語られました

それが人間の責任であると・・・


でも、それに至る手段は我々に託されたのです

非武装などは説かれていません


だって、バチカン内はスイス衛兵が守り
イタリアの軍隊が守っているのです

『備えよ!常に!!』なわけです

でも、大阪教区ではシナピスを先頭に
広島アピールを利用した非武装を要求しています

でも、先に宣言した高槻市でも
その先頭に立つのは、中核派系平和団体

中核派と手を組み、非武装を説き
国の境はへだての壁と捉え
へだての壁を取り除こうとの呼び掛け

聖職者の言うことを鵜呑みにする信者は
知らない間に
どんどん聖座から切り離されていきます

自分は従順な信徒だと安心しているうちに・・・

今年、列福式がありましたが
日本では未曾有の大震災と政府による人災で
お祭りムードにはなりませんでした

司教協議会は、ヨハネ・パウロ2世から
「反共」という大きな要素をうまく隠しおおせたと
ほくそ笑んでいるのでしょうか

「ヨハネ・パウロ2世」=「広島平和アピール」

このイメージ戦略のため
平和アピールを印刷し、配布しました

忘れてもらっては困ります
ヨハネ・パウロ2世は「解放の神学」排斥有功者です

そして、日本では典礼を日本文化に適合させるとか
第2バチカン公会議の精神で・・・とか
得手勝手な理由で好き勝手に典礼を崩しましたが
それにストップをかけられたのも
ヨハネ・パウロ2世です

『指針 あがないの秘跡』は
ヨハネ・パウロ2世の意向を受けて出されたものです

その翻訳を、自分たちに都合が悪いから
何年も出版せずにいたのも日本の司教協議会です


日本の教会も10年かけてお洗濯が必要なようですね

スポンサーサイト
プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。