スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護生活・介護食

久しぶりのバラ寿司

昨年の春に、母が誤嚥性肺炎になって
嚥下食に切り替えたこともあり、
母の食べられるものは限られるようになり
それに付随して
母の大好物だったお寿司は
母が食べられないので作らなくなっていました。

でも、また母に好物のお寿司を
食べさせてあげたいと、一工夫して、
嚥下食のバラ寿司(五目寿司)を
作ってみました。

先週、訪問看護師さんがいらっしゃる日、
母にはバラ寿司を
家族には稲荷寿司を作りました。

訪問看護師さんも、驚かれて
作り方を尋ねられました。

バラ寿司

① 人参、ごぼうを甘辛く煮る。
② かんぴょう、干し椎茸をもどし、少し濃い目に煮る。
③ ①と②を合わせてミキサーにかける。
④ 塩分控えめの寿司酢に、ソフト釜揚げしらすと
みじん切りにしたカニかまぼことを漬け込む。
⑤ 卵に豆乳を加えて、ソフトな炒り卵を作る。
⑥ 白粥の上に、④の寿司酢の具、③の具、
⑤の炒り卵をのせ、すり潰した炒りゴマと
大葉のみじん切りをトッピングして完成。

釜揚げしらす


ソフト釜揚げしらすは便利です。
1回分にちょうどいい量がパックになっています。


母の大好物のお寿司だけあって
母の食べっぷりの良さにも
驚かれていました。

家族には、稲荷寿司を作ったのですが
姉のお世話しているお爺さんにも
おすそ分けで、姉が稲荷寿司を持って行きました。

お爺さんは、我が家の具だくさん稲荷寿司が
大好物なのだそうですが
我が家がお寿司を作らなくなってから
あちこちで稲荷寿司を買い求めても
あまりお口に合わなかったそうで
久しぶりの稲荷寿司を
大変、喜んでくださいました。
スポンサーサイト
プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。