スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カトリック新聞から

キリストの体を傷つける

「改憲」で講演会
日本キリスト教連合会

日本キリスト教連合会(日キ連)は6月20日、東京・港区の聖アンデレ教会(日本聖公会)で、改憲の問題をテーマに定例講演会を開いた。約40人が参加し、カトリックの松浦悟郎補佐司教(大阪教区)が「『今、選択の時』~改憲の危機にあって~」と題して話をした。

松浦司教は、今の憲法が国民を縛るものではなく、逆に国を縛るものだと繰り返し語り、「憲法を最も守るべき立場」の首相が自ら改憲を唱えていることに疑問を呈した。

続いて憲法9条が世界的にも注目されていることについて事例を挙げて説明。また1947年に当時の文部省が中学生用に発行した『あたらしい憲法のはなし』の復刻版を「分かりやすくて素晴らしい本」と紹介し、参加者に一読を勧めていた。

質疑応答では、教会の中で違う考えの人たちとどう議論していくか、市民団体や諸宗教者などの非キリスト者ネットワークとの協力の在り方はどうあるべきか、などについて、意見が出されていた。

日キ連はカトリック中央協議会、日本聖公会、プロテスタント諸教団の協力で運営されている団体。


http://www.cathoshin.com/2013/06/26/nikkiren/

この記事を読んで疑問に感じたのは

>「教会の中で違う考えの人たちとどう議論していくか」

政治の話をどうして教会でしなければならないのか?
思想信条は必ずしも一致しなくても
キリストにおいて一致するために教会に来ているのに
そこで、政治の話ですか?
憲法の話ですか?
「憲法9条は世界の宝」というのは
カトリックの信仰箇条ですか?
違いますよね

宝と思う人もいれば
有害・不快と思う人がいても不思議ではないし、
自由なのです
要は、平和をどのように求めるかということで
その手段においては各自の判断

教会は一致の場なのに
そこを議論の場に変えても
憲法9条を死守したいというのは
キリスト体を傷つけることのように感じます


上記の記事はカトリック新聞6月30日号
2面の片隅に載せられていましたが
1面にはフランシスコ教皇様の
6月19日水曜日一般謁見の説教が掲載されていて
「信者同士の分裂、争いが
キリストの体を傷つける」
と題して紹介されています

教会は平和を求める心を醸成する場であっても
1つの求め方を押し付ける場ではないはずです

http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/feature/francis/msg0031.htm

「教会は援助団体でも文化団体でも政治団体でもありません。むしろそれは、歴史の中を歩み、活動する、生きたからだです。このからだにはイエスという頭があります。イエスがこのからだを導き、養い、支えるのです。わたしが強調したい点はこれです。頭をからだの他の部分から切り離すなら、人格全体は生きていけません。教会の場合もそれと同じです。わたしたちはますます強くイエスと結ばれ続けなければなりません。」

「聖パウロはいいます。人間のからだの部分は、たとえ異なり、数は多くても、一つのからだを形づくります。それと同じように、わたしたちは皆、一つの霊によって、一つのからだとなるために洗礼を受けます(一コリント12・12-13参照)。それゆえ教会にも多様性があります。異なる任務と職務があります。そこには、画一的な平板さではなく、聖霊が与えるたまものの豊かさが存在します。けれども、そこには交わりと一致が存在します。すべての人は互いにかかわり合い、キリストと深く結ばれながら、皆が協力して生きた一つのからだを形づくります。」
(一部を抜粋)

カトリック教会が排斥してきた共産主義
日本共産党は、神を認める共産主義国家を
目指すそうですが、成功例がありません
無神論とは別だと主張することで
カトリック教会も取り込みやすくなったのでしょう

機関誌「あかはた」にはカトリック高位聖職者の記事が
よく登場します

無抵抗・非武装を説く社民党支持者や
中核派系市民団体の活動を支持することも多いです

日本のカトリック教会は、左に舵を取り
宣教対象は社会主義・共産主義者限定ということでしょうか?

つい先日も、保守的な考え方を持つ方が
洗礼を望みつつも、現状に失望して
教会を離れることにしたと耳にしました

私の友人も求道者として
勉強会に数年にわたり参加しながらも
政治的考え方を押し付けてくる信徒の影響で
洗礼を受ける決意ができずにいます

こういうことこそ
「キリストの体を傷つける」
と思います

神が呼ばれた人を
キリスト者が聖職者が追い返しています
スポンサーサイト
プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。