スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カトリック新聞から

移住者と不法滞在者

サウジでフィリピン移住者弾圧
http://www.cathoshin.com/2013/07/11/filipino-saudi/
July 11, 2013
【マニラ7月11日UCAN】国際人権擁護団体が7月11日、前週にサウジアラビアの首都リヤドで、不法滞在のフィリピン人労働者たちが「暴力的に連行され」、その後、警察署で電気ショックによる拷問を受けた疑いがあると非難した。
フィリピンの国際人権連絡委員会は、連行にはサウジの警察とフィリピン大使館員が合同で関わったと指摘している。
サウジ政府が不法滞在者は投獄される可能性があると発表したことを受けて、労働者たちはリヤドのフィリピン大使館前で座り込み、フィリピンへの送還手続きを早めるよう求めていた。
フィリピンの移住者人権保護団体「ミグランテ・インターナショナル」によると、7月2日の抗議行動後に、連行された労働者の40人以上が殴打されるか逮捕されたと話しているという。
「(フィリピン人労働者たちは、)明らかにフィリピン国内法の管轄下にあった。フィリピン領内にいたからだ。サウジの法律に反することは一切行っていなかった」と「ミグランテ」責任者のギャリー・マルティネスさんは訴えた。また、連行に関わったフィリピン大使館員も召還し、取り調べるべきだと付け加えた。
滞在継続のための有効な査証を持たないフィリピン人労働者たちは、サウジ政府がことし前半に不法滞在者の弾圧を始めたことを受けて、リヤドのフィリピン大使館とジッダのフィリピン領事館前でテントを張り、抗議のキャンプをしていた。


この記事の内容と、
カトリック新聞の記事のタイトルは
すごく乖離していませんか?

この内容をまとめると

サウジにはフィリピンの不法滞在者が多くいて
サウジ政府の取り締まりを強化し厳罰にするとの報に
慌ててフィリピン大使館や領事館に駆けつけ
大使館や領事館の前でテントを張って
抗議の姿勢をあらわし、送還を待っていた

その中で、厳しい取り締まりを受け
逮捕され拷問まで受けた

それに大使館職員も協力していたのは
問題だと抗議している

ということだと思います


そのタイトルが
「サウジでフィリピン移住者弾圧」?

それをいうならば
「サウジでフィリピン不法滞在者を弾圧」では?

サウジも不法滞在者に拷問さえ加えなければ
正当な行為だったはず

大体、不法滞在者を「移住者」と
呼ぶことが間違っているのでは?

「移住者」とは正規の手続きを経て
移住してきた人々を指すのであって
不法滞在者に使うべきではないと思います

正規の移住者に、
正当な権利は保護されるべきですが
不法滞在者には、暴力的ではない環境のもとで
早期に帰国していただくしかないと思います

サウジも日本と同じく法治国家で
法に則って帰国を求めるのは
責められるべきではありません

法の行使は暴力とは異なります

カトリック新聞のタイトルだと
まるで不法行為を助長しているようで
これは、カトリック信者として恥ずかしいことです

それに、記事の内容でも
不思議な言い分を書かれていますね

大使館や領事館の前の土地に
テントを張っている不法滞在の群衆がいますが
あそこが大使館や領事館の敷地内ならば
治外法権でしょうが
敷地外にしか見えませんし、
また、彼らは外交官ではないので
治外法権は認められません

公館前の土地を不法占拠している状態とも言えます

これは、一刻も早くフィリピン政府が
送還のための船なり飛行機を準備することが
求められているのであって
その間、不法滞在者には騒ぎを起こさないように求め、
サウジ政府に送還のための猶予期間を設けてほしいと
交渉することを求めるということに尽きると思うのですが
そういう締めくくりの言葉もなく・・・

結局、何を伝えたかったんでしょう???
スポンサーサイト
プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。