スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会と福音

韓国での漢字教育の誤解・その後

先日、韓国では漢字教育が復活して
漢字が読めるようになっていると
誤まった情報をもたらした在日の方に
前回の新聞記事を知らせして
誤りを指摘させていただきました

でも、不思議な反応が返ってきました

彼らは

「どうせ、ネット情報だろう」

と言うので、韓国の新聞記事と告げると

「韓国は留学生が多いから漢字が読める」

留学生が多くても、全員が留学するわけでもなく
漢字を習得するためには
留学先は日本、台湾、中国でなければ無理

この3国に留学するのは何%の学生でしょうか?

そこを指摘すると、援軍?が来て

「韓国には家系図があって、そこに全部書かれている」
と意味不明なお答え

家系図が全部の家庭であるんでしょうか?

半島では併合前まで、かなりの数の奴婢(奴隷)が
代々、差別を受けていて
その方々は名前すら許されていませんでした

まぁ、それには目をつむっても
自分の名の3文字の漢字が読めない人が
ご先祖の名前は読めるっておかしいので
それを指摘しても、最後まで認めませんでした

最後には
「なんでそんな話を俺にしてくるんだ」
と、ご機嫌斜めになられました

「この前に、あなたが私に
『韓国人は漢字が読めるようになっている』と
私が読んだ本の内容を否定したので
驚きつつ帰宅後、調べなおしたら
漢字教育がうまくいっていないというのが分かったので
正しい情報を教えてあげようと思ったのよ」
と伝えておきました

彼らは願望による捏造話を
さも事実であるかのように主張し
誤りを指摘されても、誤まりは認めないという姿勢では
対話によって信頼関係を醸成するのは
不可能ではないかと感じました

残念ですね

彼らのグループは、
「仲良くしようよ!」というプラカードを片手に持ち
もう片方の手では中指を立てていたりするので
彼らの「仲良くする」というのは
日本での意味とは異なるのかもしれません



スポンサーサイト
プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。