スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正義と平和

聖職者によって汚された大聖堂

2010年1月30日10時半、大聖堂到着

数人の会場設営係が入口にいるのを横目に聖堂に入る
わが目を疑った 

大聖堂内部正面から

どうしてあんなところに横断幕が・・・

気を静めて、小聖堂に行った
先に信者の女性が聖体訪問をしていた
私もしばし、聖体の前で祈り、小聖堂から出て
外から聖体訪問に来られる方のために、通路の鍵を開けた

そして、大聖堂にもどり、無残な姿のカテドラルの聖域を見上げた

横から

叙階式や重要な儀式にしか使用しない上部祭壇の聖域に
無残にも会議用机が並べられ、
それに横断幕が貼り付けられていた

そして普段の主日用祭壇の上段に招待者の席が並べられていた
そして、主日用聖なる祭壇は演台?
何に使うのかな???

来た時とは異なる方の門に行くと、そこには貼り紙が
何?汚い貼り紙!
ここは大聖堂なのに

門の貼り紙

これはいつか見たような・・・
そう!イグナチオ教会で見た偽りの看板
正平協第4分科会は中止になりましたって書いていたのと同じ

げっそりして、大聖堂の看板のところに来ると 

2010.1.30大聖堂前

どこまでも我が物顔で、私たちのカテドラルを汚す

写真を撮り終えて、ふと見るとおつるさん相方と遭遇

また一緒に小聖堂に行ってお祈り・・・

外に出ると、入り口で団体が説明を聞いている
「今日、我々を反日だという団体が来ます・・・・・」

ああ、それ、私たち・・・と思いつつ
その団体に目をやると
な・な・なんとわが教会のモデラートルがいる
緑色の会場整理係のベストをお召しではないか・・・

葬儀ミサはすっぽかしても
こういうのには皆勤賞なわけだ・・・

その後、周りを見ると、異様な情景

それはJR森ノ宮の構内から始まっていたのだ
いつも、見かけないような、薄汚れた異様な人たちが
10人ほどたむろしていたのだが
あれって、カテドラルの団体だったりして・・・などと思いながらも
まさか・・・と思っていたら、その団体

どうやら、キリスト者ではなく動員をかけられた人たちのようだ
後ほど分かったのだが、生コンクリート労組だと

街頭演説の準備を始めていると、門の内側から
首を突き出して様子を見ている亀の団体

大日章旗と共に大バチカン国旗を翻し、
バチカンと日の丸の小旗も

あ~~なんと先ほどの亀の中にはわがモデラートル
そしておつるさんのところのシスター・・・

やましいことがなければ、首だけ出さずにちゃんと見に来ればいい!
    

まず、おつるさんの演説、次いで次々と抗議の演説をしていく

ろーちゃんの演説・・・すごい!
玉造のカテドラルの土地がどういうところであるか
細川ガラシャ夫人の話までしている

信者でもない彼が、ここまで教会に敬意を払い
いーっぱい調べて、矛盾を追求してくれた

外国人住民基本法案なるもののいい加減さも
最初、難民の話のような文章で始まり、
いつの間にか出稼ぎ外国人や就学生にまで対象を広げてしまっている
日本語としては実に稚拙な文章の法案であることを指摘していた
日本人が書いたというよりも外国人が書いたようなお粗末な文章

24日の外国人参政権反対デモに参加した人が、デモ後
催涙スプレーとスタンガンによる襲撃を受けたこともあり
血気盛んな若者たちがかなり、過敏になっている

ところどころで、妨害が入るたびに
さーっと排除のために駆け寄る
怒り納まらぬ若者をなだめたり・・・

その間も門の脇の建物の隙間から様子を窺っていた

1時過ぎ、遠巻きに様子を見ていた夢さんに
大聖堂の中の様子を見て来てほしいと依頼

演説も予定していた方たちが終わり
締めくくりに、おつるさんが再度演説

催涙スプレーの襲撃について、彼女がアレルギーのため
喘息発作を起こすこともあり、皆が神経質になっている点も説明して
ご近所の方々にお騒がせしたことを詫び、抗議活動を終えた

と、夢さん、戻って来て、中に入れてもらえなかったと

小聖堂のところの戸の鍵は、私が2回開けたのに、すぐに施錠され
今度は鍵を開けられないように、鍵の部分を内側から覆ってあった

帰ろうとすると、聖堂の後ろの児童公園の端に
しょぼんと二人連れが座っている

あ~~Rickさんとケニッチーさん?
どうも、二人とも入れてもらえず、
聖堂に入ろうとすると、どこの団体かと尋ねられ
入場料200円を請求されたとか

ここは、観光施設となった大浦天主堂ではないのだから
どうして祈りに訪れた人から、入場料を取るのか・・・

小聖堂の方に行きたいと言っていると
堺教会の村田神父(今回の担当者)が来て
悪いけど、今日は入れないと仰ったとか

それを聞いて、もうただただ嘆かわしい!のひとこと

小聖堂にはイエズス様がいらっしゃるのに
邪魔者扱いのように電気を消され
信者も締め出し、まるでイエズス様を人質に取られたようだ

怒り心頭で・・・

遅くなった昼食をとり、帰路、連絡が
うちの教会の信徒が亡くなった・・・

あ~ぁ、最後の秘跡も授けられずに・・・
モデラートルがこんなところで亀になっている間に
亡くなられたんだ~~

癌の長ーい闘病生活、たび重なる不幸に
希望を見いだせず、絶望の状態が続いた

思い起こせば2年前、1日に4件の病者訪問を組んだと
なじられ、キレられて・・・

「私たち信徒で病者の塗油の秘跡が授けられるなら
いくらでも行って、聖水をいーっぱいかけてあげますよ!
でも、これは司祭ではなくては出来ないんでしょ!
では、別の日になら行かれるんですか?どうするんですか!」

と、責め、ガチンコ対決!
ようやく一度だけ見舞ってもらった

それ以降、司祭は無視・・・
信徒は、毎週、「聖書と典礼」を届けていたが

絶望の淵にある人を放り出し
こんな政治集会の会場整理係をするために司祭になった?

魂の救われるように働くのが司祭でしょうが・・・

こういう司祭のもとでの信者の不幸をしみじみと感じた

コメント

ああ 無情…

ご報告を読んでいて、ひどい!と思いましたね

玉造教会は、いつから左翼の集会場になったのか

内陣の聖域に対する彼らの行為といい

入場料!?

左翼もお金の亡者と化したか? 20世紀は、ばっかり入場料とりまっせ♪でなく カンパとかじゃなかったっけ?

リーマンショック以来、反日左翼もカンパじゃ関係者への謝礼分も集まらないのかな

小聖堂、鍵をかけて信者を締め出すのでなく(信者の人権無視)、出入口に監視役を置いて祈りに来た信者は入れて、小聖堂に不敬行為をしそうな狼藉者から守ればいいだけの事
禁止はねぇだろ~(怒)
ローマのサン・ピエトロ大聖堂だったかな、巡礼にローマで行ってさすがヴァチカン!と感心したのは聖体礼拝の小聖堂にはちゃんと護衛がいたこと

観光客も多数出入りするし、でも、教会聖堂は祈りの場所だし

横垂れ幕といい、注意書きといい、品がないと思います
○○の品格という本がヒットする訳ですね

モデラートルには、人情とか期待できないのかも
ああ、無情…殺伐とした風が吹いてやがるぜ

No title

おはようございます。
うぷされた写真を拝見しましたが…教会にこんな下品な横断幕を張ってよいものかと(吐き気)

日本のこれまでの殉教者が泣いてますよ。

本当にお気の毒ですね…

僕も写真を見て「何だよこれ!?」と開いた口が塞がらなくなり、「良心ってもんがないのか!?」と言いたくなりました…
「イエズス様、汚れ果てた罪びとである私をこの神聖なる聖堂に入る事を許され、御ミサにお招き下さったことを感謝します」とミサ聖祭に出席する度に感謝する僕も、皆様がどんなに悔しい思いをしたかよく分かります…。
どうすることもできない僕は「こんな僕が情けない…」と思うばかりです。
せめて祈ることで償いをしたいのですが…

しかし、終油の秘跡を受けられぬまま天に召された信徒さんがお気の毒です…

一体、司祭様は何を考えてやがんだ!!

無念の死だったと思うと…やるせない気持ちです…絶対にあってはならないことです。魂の慰めを祈ります。

コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。