スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会と福音

カトリックの倫理観とは真逆!

ずっと、正平協やシナピスの聖職者の方々を見て来て
彼らは、明らかに、社民党支持者なのだと思う

民主党は改憲派だし
共産党は軍隊を否定していない

憲法死守と非武装
へだての壁を取り除き・・・

これらは、社民党とぴったり重なる

実際に、シナピスや教区、特に補佐司教の
シンパの役員に、選挙の前に
「どこの党が、いいんでしょうね?」と尋ねたら
社民党との答えが返ってきたので
間違いない



では、その社民党は、どういう党なのか?


明らかに、カトリックの倫理観とはバッティングする


現実問題として、こういうことに直面している



「夫婦別姓」ほか民法改正案は
聞けば聞くほど 「不倫の勧め」

http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20100520-01/1.htm       
         八木秀次(高崎経済大学教授)

 20年以上も前から夫婦別姓を主張してきた福島瑞穂氏。
しかし、その主張に耳を傾けると、必ずしも夫婦別姓制度を導入しなくても、問題は解決できそうなのだが……。
 選択的夫婦別姓制実現のための民法改正案が国会に提出される模様だという。
 法務大臣、男女共同参画担当大臣に熱心な夫婦別姓導入論者が就任したことに伴う動きだが、たしか夫婦別姓制の導入は、昨年8月の総選挙の際には民主党のマニフェストからも外されていたはずだが、と皮肉の一つも言いたくなる。
 世の中には「そうしたい人がいるなら認めてあげてもいいのでは?」と思っている人もいるようだが、話はそう簡単ではない。
 夫婦別姓の主張は、結婚した女性が職業上、旧姓をそのまま使いたいということから始まった。1988年、当時の国立・図書館情報大学の女性教授が職場で旧姓を使用できないということから、勤務先を提訴したことが一般の耳目を集めた。この裁判は98年、東京高裁で和解が成立し、女性教授は職場で旧姓使用ができるようになった。
 要するに職場の慣行や労働法制などの見直しの問題で、何も民法を改正するような大げさな問題ではなかったのだ。それが民法改正にすり替えられたのは、この裁判の原告代理人弁護士に福島瑞穂氏ら確信犯的な夫婦別姓論者が加わったことによる。福島氏のすり替えの一例を挙げよう。
「私の知っている公認会計士の女性は、いま妊娠中なんです。ただ、事実婚なので、子どもを非嫡出子にしないために、いずれ籍を入れようと思っている。それでいま非常に困っているんです。なぜなら、公認会計士や税理士の事務所の場合、事務所名に戸籍名しか冠してはいけないということになっているからなんです。『福島瑞穂公認会計士事務所』しかできない。たとえば『“かもめ”公認会計士事務所』などにはできないの。
 だから彼女も、いまは『○○さん』と言われているけれど、結婚して姓を変えると、事務所名も変えなければならない。かといってペーパー離婚は無理だし、板挟みですよね」(『婦人公論』03年2月7日号)
 だから民法改正して夫婦別姓制を導入すべきだということなのだが、馬鹿を言ってはいけない。当時既に国会議員であった福島氏が取り組むべきは、弁護士事務所と同様、公認会計士や税理士の事務所も戸籍名以外の登録ができるように関係法規を改正することであって、何も民法を改正するような話ではない。実際、その後、公認会計士・税理士については旧姓で登録できるようになっている。
 福島氏らがこのように、話をすり替えてまで夫婦別姓制を導入したいのには理由がある。最近でこそ、
「この問題で誤解されたくないのは、私たちが求めているのは『選択的』夫婦別姓であるということ。皆が別姓にすべきであると主張しているわけではありません。夫婦で同じ姓にしたい人にまで、別姓を強要しようということではないのです。(中略)多様な価値観が認められる社会の方が望ましいというのが基本にあります」(『日経ビジネスAssocié』10年2月16日号)
 と自らの主張がささやかな要求であるかのように言うが、自由闊達に語っていた頃の福島氏の発言には本音が表われている。
「夫婦で別姓か同姓かを選ぶことができる夫婦別姓選択制とは何か? それは、ライフスタイルにおける自己決定権を持つことなんです。つまり、外の力に強制されることなく、自分で自分のことを決めることができるということ。(中略)私は、すぐにみんなが別姓を選ぶことはないと思うのですが、別姓を選ぶ自由があることで、結婚は個人と個人の結びつきになるでしょう。愛があれば結婚する、なくなれば離婚しても、別姓ならば摩擦が少ない……。結婚はとてもシンプルな行為になりますね。子連れ同士や高齢者の結婚など、オリジナリティのある結婚も増えるでしょうし、同性のカップルやシングルなど、いろいろな生き方があって当然、そんな時代になるでしょうね」(『LEE』96年2月号)
 福島氏の言う「多様な価値観が認められる社会」とは、個人が「ライフスタイルにおける自己決定権を持つ」社会のことで、「外の力に強制されることなく、自分で自分のことを決めることができる」社会のことだ。結婚は「個人」と「個人」の結びつきに過ぎなくなり、離婚も容易、同性の結婚も認められる社会となる。家族道徳や倫理は存在しない社会だ。

「既婚は障害じゃない」と不倫出産のすすめ⁉

 現在準備されている民法改正案には非嫡出子の相続差別の撤廃も含まれている。現在の民法は非嫡出子の相続分を嫡出子の半分であると規定しているが、嫡出子とは法律上の結婚をしている男女の間に生まれた子のことで、非嫡出子とは法律上の結婚をしていない男女の間に生まれた子のことだ。
 典型は夫が愛人に産ませた子ということになるが、愛人の子は本妻との間に生まれた子の半分しか、父親の財産を相続できない。これは法律上の結婚を保護すると同時に、非嫡出子の福祉にも配慮した規定であり、最高裁もその立場に立っている。
 この点について福島氏はかつて次のように非嫡出子の相続差別の撤廃を主張した。
「結婚をしていようがいまいが、心はどうしようもなく動いていく。結婚した後だっていろんな出会いがあるし、素敵な人に出会うことだってあるだろう。また、人を好きになるときに『未婚』と『既婚』を振り分けているわけではない。年上の人と恋愛すればその人に『家庭』がある確率は高くなるし、『いい男』には『決まった彼女』や『妻』がいることが多い」(『婦人公論』94年7月号)
「(非嫡出子の法定相続分の差別は)非嫡出子を産むまい、妊娠しても中絶してしまうしかないというように、親の生き方を左右するものであるということができる。(中略)非嫡出子差別は、親のライフスタイルについての自己決定権や幸福追求権を侵害するものでないのか」(『結婚が変わる、家族が変わる 家族法・戸籍法大改正のすすめ』日本評論社、93年)
 福島氏らは「夫婦別姓を選択できるのが世界の潮流」などとも言うが、これもまったくのでたらめだ。世界の国々はそれぞれの伝統に基づいて家族の姓を決めている。
 大きく分けると、(1)夫婦・親子同姓の国(インド、タイ、日本)、(2)同姓を原則とし旧姓の付加(結合姓)も認める国(オーストリア、スイス〈子は父の姓〉)、(3)同姓を原則とし例外的に別姓を認める国(ドイツ)、(4)妻が夫の姓を付加する国(ペルー、ブラジル、イタリア・アルゼンチン〈子は父の姓〉)、(5)慣習法上、妻が夫の姓を称する国(イギリス、フランス〈結合姓、旧姓使用も可〉)、(6)夫婦完全別姓の国(スペイン〈子は父母の結合姓〉、カナダ・ケベック州〈結合姓も可〉、サウジアラビア・韓国〈子は父の姓〉)、(7)別姓を原則とし同姓や結合姓も認める国(中国〈子の姓は別姓の場合選択〉、オランダ〈子は父の姓〉)などだ。
 福島氏らが唱えているような、原則・例外の区別もなく、同姓も別姓も等価値という「選択制」を採用しているのはスウェーデンくらい。その家族の基本形や家族倫理を否定し、いわば「何でもあり」となったスウェーデンで、家族崩壊の末に寄る辺を失った子供たちがどれほど非行や犯罪に走り、社会問題になっているかについては専門家が既に指摘しているところでもある。そうなれば、もはや個人の問題ではない。社会全体の問題となる。
 果たしてこれでも「そうしたい人がいるなら認めてあげてもいいのでは?」ということになるのかどうか。ささやかな要求と思わせる仮面の下にどんな過激な主張が隠されているかを見抜かなければならない。




彼女等のいう「ライフスタイルにおける自己決定権」には
子供を出産することも含まれる
産む・産まないは、
出産する女性の権利として要求してきた


そういえば
熊本のカトリック病院が
『こうのとりのゆりかご』を始めようとした時も
カトリック新聞は
一部政治家とマスコミの偏向報道を批判することも
『こうのとりのゆりかご』を積極的擁護しようともしなかった

マスコミの『赤ちゃんポスト』という呼称は
反対に、子供の生命を軽んじているようにさえ
感じられてしまうのに・・・


声をあげるべき時に声をあげず
声を出すのがはばかられる時には、大きな声をあげる


フリーセックスを自由と勘違いしているような政党なのだ


こういうカトリックの倫理観とは相いれない政党を
支持し、協力することは
悪魔の陣営に魂を売ったのも同然なのだ


シスター方は、悪魔の陣営に手を貸すことに平気なようだ
コメント

No title

前々から福島氏の価値観には、反発を感じています。
ご紹介の福島語録を拝読すると「家族」というものを破壊したい悪魔的な怨念のようなものを感じて薄気味悪い。
このような倫理観の欠如した人物をリーダーにしている社民党っていったい何???
 比較すれば共産党の方がまだ健全ですね。
私は社民党を支持する人の気持ちを全く理解できません。

日本共産党と(旧)社会党

 大学時代の教員に、「赤旗」の論客が何人かいて(そのうち一人は後の党副委員長)、彼らの偏った授業を批判的に聞いていたので、共産党アレルギー。取り巻きの学生たちにも嫌悪感。共産党嫌いになりました。

 就職して6ヶ月後に日教組に入れられたところ(ほぼ強制、組織率99.7パーセント)、所属していた地域は(旧)社会党優勢の教組。当時阪神間では、社会党圧倒優勢。唯一A市のみが共産党優勢教組。

 国政選挙、地方選挙があるごとに、姑息なやり方で教組が選挙協力。呆れてものが言えない思いで、社会党嫌いになりました。公務員なのにストはやるし、それで戒告が出ても平気でした。(父兄や子どもは全く知らない)表面上は、信頼の厚い立派な教師。

 現在の社民は知りませんが、社会党にはクリスチャンがいましたね。土井さんもプロテスタントですよね。

 でも、共産党は、徹底した宗教否定のように感じました。あの人たちは、本気で宗教法人の優遇措置(地方税部分免除など)をつぶそうとしているのではないでしょうか?

 民主のあきれた党首夫人は、神戸のカトリック校に数年在籍していたらしいです。彼女は中退ですが、その実りがあれなんですかね?

 自民は分裂ばかりしているし、一体どの政党に信頼したらいいのでしょうね?

お世話になりました

今回は、ご迷惑をかけましたが、太田神父様までならともかく、菊地司教様にまでも、ブログに書きこみが判明しました。私の尊敬するおつる様やトントン様みたいに両耳を開きなさい。私みたいな人間を妬む方は低レベルですね。もっと素敵な方を目標にしなさい。私は、こちらには、期限なしでの休みをします。
自分で偉い方に体当たりして下さい、必ず門は開きます。管理人様、ありがとうございました。

2010-05-26(16:42) 投稿の方へ

ちえちゃんへの励ましの言葉を有り難うございます。
早速、その部分を、転記して、お知らせ致しました。

ちえちゃんには、神様から祝福された子どもとして自信をもって、生きていただきたいです。

それによって、慰められ、励まされる多くの人がいるんですから。

No title

はっきり言って呆れました。福島は人間ではなくケダモノとして生きればよろしい。
人間として生きることの規範を絶対に外してはなりません。

『司教の日記』にコメント欄はないはずです

菊地司教様の名前を出されている方、司教様のブログ『司教の日記』には読者が投稿できるコメント欄は存在しなかったはずです。「太田神父様」というのは、名古屋司教区本部事務局長の太田神父様のことですか? 神父様は日本カトリック神学院の両キャンパスとも関係のある方です。

愛と許しは、ないのか?

福島瑞穂さんが、さんざん批判されていますが、それでは婚外子として生まれてきた子どもはどうなるのでしょうか? 抹殺されるべき存在ですか? カトリック信者は教義から外れる行い(ここでは不倫としましょう)をした人を裁くのですか? 不倫をした本人は裁かれるとしても、生まれてきた子どもには何の罪もありません。その子どもを裁いている現行の民法の改正をここまで糾弾するカトリックは何なのでしょうか? 

マリアさんへ

>それでは婚外子として生まれてきた子どもはどうなるのでしょうか? >抹殺されるべき存在ですか?

抹殺されるべき存在などとどこにも書いていませんが。
生を賜った限りにおいて、尊い生命であることに変わりはありません。

しかし、日本では「家」「家庭」として受け継がれてきたものから、逸脱していることは否めません。

婚外子の「生」については、両親に当たる人間に責任があります。


>カトリック信者は教義から外れる行い(ここでは不倫としましょう)をした人を裁くのですか? 

裁くのは神のみでしょ?
そしてそのために、各人には、それぞれ良心というものが備わっているのだと思います。


>不倫をした本人は裁かれるとしても、生まれてきた子どもには何の罪もありません。その子どもを裁いている現行の民法の改正をここまで糾弾するカトリックは何なのでしょうか?

私は、婚外子の生きる権利として、「家」「家庭」を破壊するようなことを要求することを非難しているだけです。

相続において、法律で守られるべき対象として「妻子」の存在がありますが、かといって、婚外子に一切認めていないというわけではありません。

扶養の義務は「親」にあり、相続においては、制限されはしても認められているはずです。

それなのに、婚外子の生命や権利をあげて、全て「平等!平等!」と言いつつ、日本の受け継がれてきた「家」の破壊、倫理観の破壊を意図するようなことに、断固として反対しているだけです。
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。