スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛隊のために祈りましょう!

無念にも亡くなった若き海上自衛官のために祈る

ソマリア沖の海賊対処活動に派遣された
海上自衛隊の護衛艦「ゆうぎり」で
9日、ジプチ沖約40キロ航行中
乗組員の3等海曹が23歳の若さで亡くなった

ゆうぎりは5月8日、第5次部隊として
青森県の大湊基地を出港
6月上旬からソマリア沖のアデン湾で
商船などの警護任務に就いていた

原因は、トイレのし尿処理設備によるトラブルのようだ

タンク内のし尿をバクテリアの作用で分解し
海中に投棄する仕組みで
タンク内で発生する硫化水素などの有毒ガスは
排気管を通じて艦外へ排出する

この設備のバクテリア処理作用が不十分で
高濃度の硫化水素が発生し
ガスの排気管が詰まったことと重なり
トイレの個室内に逆流したとみられる

日本から遠く離れ
酷暑の海上にて任務を遂行する中
不慮の事故で命を落とした
若き自衛官のために祈りを捧げたい



今回の事故があるまで 自衛隊艦船が
これだけ、し尿による海洋汚染に配慮していたのを
知らなかった

そこまで環境に配慮しているのは
自衛艦くらいではないだろうか・・・
お隣の国の軍艦などでは考えられないだろう

今回はそれが仇となってしまった・・・


国民全体からの熱い声援も受けられず
「ゆうぎり」出港の際には、総理大臣の見送りもなく
困難な任務へと船出していった


自衛隊嫌いの人たちは、何かといえば
これが戦争につながるというけれど

先の大戦は、
生命線であるエネルギーを
米国によって止められたことによって
戦争に追い込まれたのだ

現代においてもエネルギーが生命線であることに変わりない

綺麗事を言って、護衛艦の派遣に反対し
航海と任務の無事を祈る見送りの家族たちの前で
反対活動を繰り広げた平和団体

その狂信的平和団体の1つである
「ピースボート」は、世界一周の船旅に
南アフリカの喜望峰回りを選ばず
わざわざその危険な水域を航路に選び
自衛艦が前後をガードした船団に加えてもらい
この水域を航海した

このような非道をおこなう団体でも
日本国民の生命のために自衛艦はガードをした

灼熱の太陽のもと
鉄の塊である自衛艦での任務が
いかに苛酷であるか・・・・・
察して余りある

亡くなられた3等海曹の魂のため
また、ご遺族のため
そして、今も苛酷な任務にある自衛官のために
祈りをささげたい
コメント
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。