スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会と福音

【危険】子宮頚癌ワクチン

私の友人から「緊急アピール」が届いた

子宮頚がん予防ワクチンは
「民族根絶やしワクチン」です!


危険ワクチン・ストップ宣言(22.6.24)

 英国の製薬会社グラクソ・スミスクライン株式会社は、民主党の鳩山内閣が発足後まもなく、子宮頚がん予防ワクチン「サーバリックス」を平成21年10月16日に日本国内で製造販売承認を取得し、12月22日から日本で販売を開始しました。

 しかし、ワクチン接種に一人当たり約5万円程度費用がかかるため、接種が進んでいませんので、欧米諸国(約5年前より接種が始まっています。)のように公費でワクチン接種の費用の全額ないし一部を補助しようという運動が全国で起こっています。しかも、不思議なことに、これが承認される前から周到に先行販売的に活動が始まっているのです。強制的に接種させることまでも視野に入れてこの運動が展開されています。これを推進しているのは、「新日本婦人の会」(共産党系の団体)、創価学会・公明党、野田聖子を中心とする自民党婦人部、そして、鳩山政権発足後に、その陰で操っているのが民主党です。民主党と自民党の政策集(マニフェスト)でもこれを推奨しています。


 子宮頚がんとは、100パーセントHPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスの感染によって起こるとされています。ほとんど、性交渉によって人から人へと感染するものです。性交渉のない女性にはHPVはありません。

 がんは、基本的に定期健診で早期発見して治療すべきものです。子宮頚がんも同じことです。これも突然にできるものではありません。まずは異形成という前がん状態となり、5~10年かかって、徐々にできるもので、可変的な病変ですから50%は自然に直るものです。


 ところが、この子宮頚がん予防ワクチンは11歳~14歳の女性を中心に接種しようとするものです。まだ成熟する前のつぼみの状態の子供に、「子宮」の病気のワクチンを集団接種するというのは、どう考えても異常な行為です。


 しかも、このワクチンにはアジュバンド(免疫賦活剤または免疫増強剤)が添加されています。アジュバンドとはもともとペットの去勢・避妊薬として開発されたもので、これを人間に与えますと、一切妊娠ができなくなり、以降妊娠したくとも一切不妊治療ができなくなるものです。完全永久不妊症となるのです。


 少し前にパンデミックの大騒ぎをした(マスコミの過剰報道で、世界で日本だけが大騒ぎであったことが最近分かりました。日本は大量に買わされただけでした)新型インフルエンザワクチンにもこのアジュバンドが入っています。これも断種ワクチンであると指摘されてきましたが、マスコミもこれを全く隠蔽してきました。そして今度は、さらに強力な断種ワクチンとして女性に接種させるものとして開発されたのがこの子宮頚がん予防ワクチン(サーバリックス)なのです。
 つぼみの状態の若い女性にこのようなワクチンを集団接種することは、狂気の沙汰です。まるで、日本民族根絶やしの方策と言って過言ではありません。


 ワクチンでがんが予防できるならば、一見素晴らしいことのように思えます。しかし、決してそうではありません。万能な予防薬のような製薬会社の宣伝に乗らされているだけです。必要のない薬を売りつけたり、危険な薬を安全なものであると騙して治療に使ったりすることは、医療の目的を逸脱した、いわゆる「詐欺医療」なのです。これを政治家、官僚(厚生労働省)、製薬会社、医療機関がそれぞれの利権と謀略のために推進しているのです。三種混合ワクチン問題や薬害エイズ問題で、あれほど副作用とか薬害の危険性が指摘されてきたのに、今度の左翼政権は、確信犯的に、この断種ワクチンの危険性をひたすらに隠し通そうとするのです。


また、医学上、以下のような問題点もあります。
① 既にワクチン接種が数多く行われている海外で、接種を原因とする死亡例につき、何件も報告があります。
② ワクチンを接種してもデータ上、子宮頚がんになる可能性を全く否定できません。実は、製薬会社の説明書にもそのように載っています。つまり、サーバリックスには「劇薬」の表示がなされ、しかも、その添付文書には、「抗体価と長期間にわたる感染の予防効果及び子宮頚癌とその前駆病変の予防効果との相関性については現時点では明確でない。」として、副作用が大きく、病気予防の効果効能を保証できないとしているのです。
③ 学術論文では、若年女性で子宮頚がんと関連のある前がん病変を減らすデータはあっても、子宮頚がんにならない、というデータは全くありません。
④ 既感染の女性からウイルスを除去することはできません。それどころか、ワクチン接種で、既感染の女性にがんを発症させた例が海外で報告されています。
⑤ 5年程度抗体を保持する効果はありますが、それ以上は保障されていません。多大なリスクと費用を払いながら、この程度であります。


 米国では、上層階級はワクチンを一切接種しないのに、ワクチン接種を拒否した一般庶民の親が逮捕された事例があります。誰が考えてもおかしなことです。


 乱れた性交渉でウイルスに感染しますので、このワクチン接種を進める際に、「これを接種すれば、誰と性交渉しても大丈夫」というような、行きすぎた性教育が小学生、中学生にされています。こんなことは、純潔教育をされるべき若年の女性の心を汚し、性道徳の乱れを助長する行為です。


 この子宮頚がん予防ワクチンの接種推進は、日本民族を根絶やしにしようとしている、外国の勢力の策動がその根本にあります。そして、共産党系の女性団体が推進していることからわかりますように、女性の性の解放、自由な性交渉を推進するジェンダーフリーや男女共同参画推進派の動きと連動したものです。


 また、このワクチンに関し、すべて助成しようとしますと全国で約1800億円以上かかります。どこの地方公共団体も財政難であえいでいる時に、このようなワクチンの助成をする余裕はどこにもありません。にもかかわらず、不思議なことに、全国の多くの議会で賛成多数で公費助成が可決され、実施されています。

 しかし、これを助成するということは、国や自治体がこの危険性に目をつぶって国民を危険にさらさせることを推奨し、果ては民族を根絶やしにして絶滅をさせようとする組織的犯罪を行うことになります。これに対しては命を賭けて阻止し、この謀略を断じて許してはなりません。


 日本人はだまされています。今、この一刻、一刻でも、次々と幼子がワクチンによつて潰され続けています。直ぐにでも目を覚ませてたちあがらなければなりません。

 この断種ワクチンには子宮頚がんの予防効果も保証されず、完全永久不妊となり、さらに死亡その他の副作用のある高額のワクチンを女児のみならず女性全員に接種してはなりません。

 日本民族の危機をもたらし、製薬会社の儲けに加担するだけの公費助成を阻止し、そして、このワクチンを含め、新型インフルエンザワクチンなどのアジュバンドで組成されたすべてのワクチンの薬事承認を取り消させて国内から一掃し、日本の子供とその未来を守りましょう。

                平成22年6月24日
                日本の子供の未来を・守る会
                 代 表   北田  智子  
                 顧問弁護士 南出 喜久治
  

http://www.nicovideo.jp/watch/sm11172217

 **************

子宮頚がんで命を落とす人が多くいるのは事実である

また、罹患した方が、予防できていたらと悔やむのもわかる

だが、この予防ワクチンによってのみしか
予防できないのであろうか?

これが空気感染なのなら、予防はしにくい

だが、違う

昔から、複数の相手との性行為は、
それだけ子宮頚がんの危険性を増す
と言われてきた

このワクチンを無料化するというなら
そのリスクもちゃんと説明し
副作用例をあげ、死亡例・不妊になるの可能性も
明示しないとおかしいのではないか


「不妊になる危険性を知ってて
危険ワクチンを推進する新日本婦人の会」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11172449


この問題の問い合わせに対する応対は
上記の動画にあるように、酷いものだ

癌さえ予防できれば
子供はできなくともよいとでも言うのか?

義務化だけはやめてもらいたい

このワクチンの導入は
低年齢でのフリーセックスを助長し
不妊治療で苦しむ人を増やすことになる

本人が、そのリスクを判断でき、
自分で選択できるようになってから接種しないと
不妊になった娘から
親が恨まれるようなことになりかねない

これって、エイズの予防のために
性倫理の必要性を訴えられた教皇様のお言葉とも
重なる部分がある

私たちカトリック信者は、何を求めるべきだろうか・・・


【追 記】

このワクチンは、欧米で発ガン率の高いウイルスの型に効くもので
日本での発ガンの型とは異なり、これでは効果はないと思う

欧米で発ガン率の高いウイルスは、
日本人の体質からは自然治癒する確率が
高いとも言われているが・・・

詳しくは
「子宮頸がんワクチン」への疑問
     ― 重大な副作用 ―

http://blog.goo.ne.jp/hatatomoko1966826/e/e20a38c2b991d514c59fcf958644094d

欧米人とアジア人では体質も異なり
副作用の出方も異なる

リスクを覚悟で、あえて接種するべきかどうか

それよりも、簡単に定期検査を受けられるようにした方が
効果的なのでは?


子供には、ちゃんと何の予防接種なのかを
説明しなくてはならない

小学6年生に接種するということは
性行為に対する誤った関心を抱かせないだろうか?


もし小学校6年生で接種をするとして
半年間に3回も接種し
その予防効果は、半永久的ではなく
6年半も続かないというのは
リスク的にいってどうなのか・・・?

成人になる頃には、効果がなくなってるんじゃ・・・


ワクチンを接種したいなら
日本人の型にあったワクチンを開発すべきでは?


それよりも何よりも
カトリック的には
性行為は、結婚した相手のみで
その後は、定期健診を受けましょう!と
徹底して教えるべきと思う


最近は、中学生前後で堅信を受けて卒業というのが多い
それでは、ここまで、教会で教えることはできない

くだらない政治活動に首を突っ込まず
信者の子供の信仰教育にもっと必死になってほしい

コメント

No title

このワクチンでインドなどで死亡者がでたことは知っていましたが、
不妊の可能性が高いことは初めて知りました。
日本の学校では摂取を義務づけたところもあるというニュースを
何ヶ月か前にテレビでみました。
真実の情報が広く伝わりますように。 有益な情報に感謝します。

また、統一協会の詳しい実情についても、よく読ませていただき
ました。最近では統一教会とわざわざキリスト教会のように書くことが
増えていることを心配していましたが、さすがmaggieさんは「協会」と
書いてくださっていますね。
10年くらい前ですが、カトリック教会の近くの統一協会にも行っている
40歳くらいの男性の幼児洗礼のカトリック信者さんがいました。
理由を聞いたら、結婚相手を見つけるためのようでした。
所属教会もちがう連絡先も知らない信者さんだったし、その会話
以降彼の姿をカトリック教会で見なくなりました。 合同結婚なんかしていないことを祈っています。

マリーさんへ

【追記】を書き足しました。

友人のところには、ワクチン支持者から抗議がきています。

でも、重要なのは、情報を正しく伝えることです。

医療や行政側の国民を見下した情報管理によって、今まで多くの薬害が発生しました。

保障体制が整っているから良いのではなく、未然に防ぐ努力を万全に行うことが重要です。


ところで、統一協会ですが、最近はなんにでも迎合して、「統一教会」と書く人が多いですが、「教会」などではなく、悪に陥れるためのものですから、「協会」と書くべきと思います。

No title

こんばんは、おはようございますですよね。
お久し振りです。
今回、本当の父が末期がんと知らされ、動揺しています。
記憶?ないです。末梢していますが、涙がでます。
なぜ?年内もつかで私に会いたい?って。
どうして?一年半も前からわかり、もう、天国の扉へ向かう方へ私は言葉がありません。
こんな感じで、私は眠れません。
母親は人間?いや、差別されていい女性でしょう。
醜い。
私の病気も逃げ、次に、自分が出来なくなると、無視していた人間を集めてどうするのと言いたいです。
残酷な女性です。
私の父は、現在住んでる人と思っています。
でも、涙は止まりません。
どうしたら?いいのか?
私は、天の父、イエス様、マリア様に願いたい。
どうか、記憶ない父を見捨てないで、辛くない天国への扉を
開けて下さい。
私も、行ったらその時は、記憶を戻して下さい。
父と呼ばせて下さい、皆さま、私に、勇気を下さい。

コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。