スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

日教組の正体見たり

昨日12月1日、T地裁での裁判を傍聴した
この年になるまで、裁判とは無縁の生活をしてきたので
初めての傍聴だった

この裁判は友人が活動中に行きすぎがあり、告訴され
私は彼のご家族がカトリック信者ということもあり
ご家族をフォローすることを彼から依頼されていたので
傍聴しに行った

彼は、外国人の母を持つ、ハーフともダブルとも呼ばれる存在なのだが
活動に参加して間もなくで、その他の人と一緒に突っ込んでしまったようだ

肌の色が異なるので、外国人とよく間違われるが
日本を愛する礼儀正しい青年
いろんな夢を実現すべくこつこつと働いてきた

罪に問われた活動後、反省して、
活動からは距離を置いていた人でもある

でも、日教組は皆まとめて告訴した

普段、小さな存在とか未成年の保護とか
声高に叫ぶ人たちが
敵側と判断したならば
保護されるべき立場というのは関係ないようだ

彼は、微罪とも思えるアクシデントによって
23日間も拘留されてしまった

私が彼に事前に話した内容は
自分の行動に責任を持って話せるように
思い返しながら、整理をして置くように
そして、活動から離れるというのも
誰に遠慮することなく言えばいい
事実は事実としてはっきりと伝えるように
ということだった

私は彼から事前に、もしものときには、家族に・・・と
依頼されてきたこともあり
当番弁護士などの助言を蔭でしてきたのだが
信仰上からも囚われ人を訪ねるのは大切なことなので
面会は許されていないが
遠く離れた地に差し入れに行った

しかし、最長期間まで拘留されるとは思っていなかったので
どんどん拘留延長されるたびに
彼の職場やこれからを思い、悲しくなった 

人権だ、隔ての壁だ、更生だと訴えている人たちが
保護しなくてはならない対象であるにもかかわらず
まだ若い彼らの人権・将来が
踏みにじられていくような気がした

第一回公判では、日教組が動員した多数の人たちのために
抽選となり、抽選に外れて傍聴できなかった

そして、判決の日を迎えて、幸いにも抽選に当たり
傍聴券を手にした

友人と共に、正面2列目の傍聴席に座った
私の隣は、空席でその隣は年老いたご婦人だった
腰かけて間もなく、意外なことが起きた

その老齢のご婦人が署名用紙を差し出し
「これに署名してください」と言ってきた

唖然として無言でその用紙を見た

そこには
「児童ポルノ・児童買春防止法改正」
「日本ユニセフ協会」の2つが文面に書かれていた

でも、ここは神聖な法廷の傍聴席だよ
信じられなかった

友人が「そんなものはしません」と断った

すると、ご婦人は
「これは児童ポルノや児童買春に反対する署名ですよ」と、署名するのが当然とばかりに非難してきた

友人が「そんなものしません」と再度言った

そのご婦人は、何を血迷ったか
「あなたたちは児童ポルノに
賛成するんですか!」
と、追及してきた

「あなたたちの署名には、しない」と、友人は怒り心頭で答えた

私は、ショックだった

法に則って、人が人を裁くという神聖な行為の場を
汚され、冒とくしている人たち
なんという人たちなんだろうと呆れ果て
「裁判所で、ましてや傍聴席で
署名活動なんてはいけないよね」
と小声で話し、友人は怒り収まらずで
職員を呼びに行った

間もなく、裁判所職員が来て
「署名活動は行わないでください!」と言った
奥の方の列の人たちの中で、世話役?らしき人が
「署名用紙は閉まってください」
と言って、そちらは慌てて閉まっていた

「こちらの人はまだ持っていますよ」
友人が指摘すると
世話役らしき人が
「●●先生、閉まってください」

なんと、先ほどから、傍若無人に
署名を要求してきていたのは
元教師だった

「えっ!学校の先生なの?」
「法廷で署名活動をしてはいけないなんて常識なのに」

こういう人たちに教えられてきた人たちが
本当に気の毒に思えた

こうして、道徳観は破壊され
学校は荒廃し
教師は自分の首を自分で絞めているようになるわけだ

そして、こういう人たちに訴えられている彼らもまた
本当に気の毒に思えた

判決は、あまり納得のいくものではなかったけれども
きっと彼らは、それを正面から受け止めて
いろんなことを学び、乗り越えていってくれるだろう


判決後、彼らと抱き合って 
自由に身になったことと、再会を喜び合い、
帰路についた


しかし、帰宅して
ふつふつと怒りがよみがえってきた  

署名活動は私たちもするが
あくまでも、これは相手の自由意志によるもので
強要してはならないし
署名に対する質問に答えられるような状態で
行うべきと思っている

それが署名活動をする者のモラルと思ってきた

それを見事に日教組は打ち砕いてくれた

署名を断られると、相手を罵倒するとは・・・

私にはその罵倒内容もゆるせないものだった

児童ポルノや児童買春に賛成って
私は、特にカトリック信者として酷く傷つけられた 
それが、本当に悔しくって・・・

日教組が動員した元教師は、公然と
私のプライドを私の信仰を傷つけた 

これって、侮辱罪だと思う

侮辱罪について調べたら
親告罪で、6か月以内だと告訴できるそうだ

告訴状の書き方も別に複雑でもなく・・・
ただいま、思案中 
コメント

maggieさんへ

ブログをリニューアルされたのですね。
バラの感じがすてきだと思います。
でも法廷でそのようなことが行われていたとは知りませんでした。
公私混同も甚だしいと思います。
公務員やもと公務員がおおやけのものを自分のもののように思っているのではないでしょうか。
くれぐれも無理されませんよう体を労わってくださいますように。

No title

間違いだらけの日本、こんな大切な時に、署名など。
おかしい。あくまでも、共産党いりの悪魔である。
まかり通らない世の中を、トントンお姉ちゃんやカトリック、プロテスタントをたばね、私は宗派抜きで運動をおこしたい。
どんだけ、苦しみを受けられた方々の裁判に署名など、わかりません。
おかしい。絶対におかしい。
日本には、中国スパイがはびこると聞いています。
日教組って名前事態おかしい集団としか思えません。
私は、悪に立ち向かい、今度は、中途半端ものではない
カトリック信者として、どの人間も束ねていきたいです。
ピース9でもです。
ひとつにならなかれば、おかしいと思います。
間違えはなおせる。
私は信じています。
日本人の素晴らしさを。
忘れてる日本人を、思い出せと言いたいです、
お姉ちゃんの怒りはよくわかります。

呆れた!

裁判所の傍聴席で署名って…阿呆でしょう。何考えてるのか?支持者か、傍観者か、興味本位の傍聴人とか思われたんでしょうか…日教組ってやっぱり心底腐れ組織でしたね。

リキオさんへ

私は裁きの場というのは、神聖な場だと思っていました。
法律に則ってといっても、人が人を裁くのですから、それなりの重みがあるものと思っていました。

でも考えてみれば、左翼の人たちは権威を認めないし、民主主義というものを信用できない人たちですから、情けないことですが納得です。

ちえちゃんへ

日本教職員組合(日教組)は、なんとなく正平協に似ています。

自ら聖職者と呼ばれることを放棄し、労働者だ小さき者だと、本当は自分自身やその職務を貶めていることに気づかない痛い人たちです。

第一義さんへ

日教組は動員をかけて来たのですが、その間、仕事は?子どもたちは?と心配になりました。

平日の午後ですから学校が休みなわけもなく、動員をかける方も問題だし、それに応じて抽選に馬鹿ほど並ぶ教職員って情けないですね。

当日、MTさんはどういうわけか、裁判所職員から名前を呼ばれていましたので、本人を見ることができました。
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。