スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

母のその後・・・

皆さんにはいろいろとご心配をいただいて
心からお礼申し上げます

母の入院中、ターミナル・ケアについて話し合い
胃ろうを選択しませんでした

それは
①本人の終末についての希望
②胃に穴をあけての栄養補給を選択した場合
 誤嚥による肺炎を避けるために
 口からの食事はできても、
 避けた方が良いとのこと
③本人が胃ろうの穴を触ることが予想され
 身体拘束につながるかも・・・

母の入院前の状態を知る家族と
医療(病院)側との感覚に大きな開きがありました

5年以上前に涙線のオペや
大腸ガンのオペをした病院でもあり
その際の看護記録などから
少しは理解いただけたようですが・・・

家族は、まさか胃ろうの勧めを受けるとは
全く想像していなかったので
その方がショックでした

でも、家族で一応話し合い、
合意のもと、お断りして、
夜間でも往診して最後まで看取っていただける
ドクターを紹介していただきました

退院して、もうすぐ2カ月を迎えようとしています

最初は、痰の吸引も毎日、夜間にしてましたが
だんだん、落ち着き
呼吸の状態を見て、必要な時だけしています

嚥下食も、家族と同じようなメニューが食べられるように
ちょっとひと手間かけて、つくっています

その成果か・・・
驚くほど元気になりました

といっても、嚥下機能は弱いので
嚥下食が不可欠ですが

この2カ月の間に、風邪も経験しました

一晩中、痰の吸引をしたり
背中をさすったり・・・

精神薬を全部やめたので
感情表現も豊富になり
手の動きも活発になりました

入院前までは薬漬け状態だったために
母にはかわいそうなことをしたと思います

こんな状態がいつまで続くかわかりませんが
楽しく思い出つくりをしています

と、書きながらも
やはり、介護は大変です

母だけでなく、父も認知症を発症しているので
目が離せません

母には優しくできても
父には結構、厳しい言葉をかけていたり・・・

まぁ、母の認知症発症当時の再現ですが

私自身、風邪のぶり返しばかりで
教会にも全く行けない状態です

ミサの時間が介護で忙しい時間と重なるのと
体がきついときに
教会での余計な心労はさけたいので・・・

教会って
心の平安と力をいただけるはずなんですが・・・

そのためには、
かなり遠くの教会に行かなくてはならないので
コメント

ご聖体の祝日、おめでとうございます

主の平安

maggieさん、皆さん、こんにちは。
本当に、頭が下がります。maggieさんのお話を読むたびに、母のことが思い出されます。
自分が出来なかったことや、未だに選択したことが正しかったのか、等々・・・。

不完全な人間なのだから・・それでも、恩寵によって最善のことをさせていただいたと、そのたび思い起こし、主と聖母に感謝するのです。

私の、グリーフ・プロセスを助けていただいています。ありがとうございます。

急に暑い日が続いていますし、本当にご無理なさらないでくださいますように・・・。

陰ながら、お祈りさせていただいています。

ご無沙汰です

maggieさんのご両親に対する愛情が伝わってきます。
教会に行けなくとも神様はご覧になっていると思います。
明日のごミサではmaggieさんとご両親のためにお祈りします。
暑いのでお体には充分にお気をつけ下さいますように。

No title

ベネディクタさんやリキオさん、またメッセージを送ってくださった方々にお礼申し上げます。

少々、自己満足ですが、家庭介護としては結構なレベルだと思うのです。

それができるのも、姉や私が今までの人生の中でいろいろ経験し、体得してきたものであって、神様に導かれて、「今がある」という感じです。

そして何よりも癒されるのは、たまに見る母の天使のような笑顔です。

maggieさんへ

maggieさん、ご降誕おめでとうございます、そして新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞヨロシク(笑)
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。