スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会と福音

教会が反原発?

前回、書きましたが
教会が心休まる場とはいえない

それについて、原発を取り上げてみたいと思います

創世記のトップに書かれています
神様の創られたものはすべて善いものだった

地下の資源ウラトニウムも善いものです
そして人間にそれを託された

ですから、レントゲンなど有効利用されてます

その延長線上に原子力発電があるわけです


ところが、今、反原発での運動では
ある意図をもって動いているのです

それは反核という原子力全否定であり
核兵器を意識したものです

プルトニウムを使用することから
核兵器開発に結び付くと
アレルギー反応を起こしているのです


今回、大震災が起こり
企業そして国の指導の怠慢により
人災ともいえる原発事故を引き起こしました

これは神から託された管理を
なおざりにしたからであり
管理能力の問題で
その点から、是正を訴えるべきと思います

そして、それをクリアできないならば
原発からの撤退をやむを得ないと思います


この原発問題で放射能汚染を心配して
かなり神経質になった方もいれば
低レベルの放射能は健康被害よりも
健康によいとの意見も出る中
右往左往しました

信者もそうです
幼い子供のある家庭ほど神経質になりました
神様から託された子供を守るのは尊いことです

そんな動揺する信徒に対して教会は?

反核・原発全面廃止の署名運動ですか?

それっておかしくないですか?

こういう時にこそ、自分たちの非力さを自覚し
賢明な判断ができるように祈り
心の平安を与えるべきです

教会で原発事故の恐怖話を聞きたいですか?

NO!

カトリック新聞で原発の記事を読みたいですか?

NO!

そんなのはテレビをつければ
嫌というほど繰り返し報道され
新聞・週刊誌を見れば
嫌というほど書かれているのです
それも専門的に・・・

現在、日本で行われている反核運動は
共産主義者による核兵器廃絶運動であり
純粋に環境保護によるものではありません

しかし、教会指導者が信徒に署名を勧めるものは
上記の運動によるものなのです

目的が一緒ならば・・・と思う方も
いらっしゃるかもしれません

でも、違うのですよ

日本という国を壊したいと願う人達の運動に組することは
悪魔に魂を売るようなものです

「隔ての壁を壊して」と言いつつ
「国境もいらない」というような説教を聞いてきました
彼らにとって「へだての壁」とは国境なんですかね

私は原発推進派か反原発派かと尋ねられれば
現在の枠組みならば、どちらも支持しないと答えます

エネルギーはいろんな種類で補い合っていくべきもので
原発に固執することはないと思うからです

神様は多くのものを人間に与えてくださっている
そう思うからです

いざという時に制御できかねて、
害を放出するものならば
他のエネルギーに順次に切り替えていくべきもので
すぐに停止!再稼働絶対反対!
というのは支持しません

あれだけ上層部の方々が待ち望んだ政権交代
そしてその政権が再稼働を要請している

この現実はどうなっているんでしょう

責任ある立場に立つと
そう簡単には今まで通りの「叫んでいればよい」
というようなことはできないのです

皮肉にも、反原発のデモ行進
お祭り騒ぎの真剣味のないデモには
労組が動員をかけて大変な規模で行われます

でも、エネルギー供給が不安定になると
操業調整、工場海外移転になって
雇用は不安定になるのに
少し、自分の頭で考えて行動すればいいのに
なんて思ってしまいます

雇用を守るには、安定したエネルギー政策が不可欠
こんなのは常識なのに感情的な対応・・・

あんなに待ち望んだ?首相は
保身にのみ躍起で
被災者・被災地は捨て置いて
「脱原発!」と声高らかに叫んでます

私たち、キリスト者はこんな時こそ
苦しむ小さな声を大切にして
エネルギーをネタに権力の座にしがみつくな!
小さな一人ひとりの命を大切にしろ!
と叫ぶべきではないのでしょうか

それこそが、
苦しむ人と共に歩む教会なのでは?


今回の原発の一番の被害者である
福島原発周辺の方々を
なおざりにしての反原発運動
こんなのは無意味です

こういうものに教会は加担すべきではありません


私の知り合いにも放射能汚染で動揺した人が
(信者以外にも)何人もいました
それは誤解だったり、誤った情報によるものだったり

その友人に対して
私はまず、その怯えを受け入れて
思いを共有しながら、
その中から少しずつ情報の誤りから
解き放たれるように対話してきました

原発アレルギーにするのが
教会の役目ではないですよね

でも、残念ながらカトリック新聞には
そのような配慮はありませんでした

コメント

反原発

 公開投稿は初めてとなります、コクスイです。

 私は最近の一部のカトリックの聖職者・信徒の政治偏向に疑問を感じ、他にそのように感じている方はいないかと各ブログを検索する日々が続いています。

 そうこうしているうちに、貴ブログに辿り着くことができました。

 反原発の動き、どう観ても異常です。この時期に病人のコスプレをしてのデモなど、放射能汚染に敏感になっている地元の人や、これ以上の被害を少なくするために踏み止まっている人たちのことを考えているようには思えません。

 私の所属教会では幸い、現地の人たちのために祈りを捧げることはあっても、露骨な反原発運動は行われていません。

 今後も静かに祈っていこうと思います。

教会での活動

署名活動というのは、どういう団体が行っているのか、ちゃんと把握しないと悪用されてもいけないので、簡単にはしません。

ミサ後に、聖堂の出口付近で求められるのは、不快です。

私が役員だった頃、署名は出口から離れたところに移動してもらい、声かけをしないようにと・・・
でも、ピース9というか(変わった意味での)天の声で、元に戻されたり・・・

あまりよくわからないおばあちゃま方に、過剰な話をして恐怖や不信に陥らせて署名を募るのは、悪質だと思います。

外国人登録をカード化して常時携帯を義務付ける法案に反対する時も、登録更新を忘れた外国人シスターが逮捕されるというストーリーまで作って、感情的に署名に導く悪質さは絶品です。
外国人登録証はカード化されれば財布に入るので便利なはずなんですが・・・私は健康保険証がカード化されたので、常時持ち歩いてますから同じはずでしょ?

同感です

maggieさんのご意見、全く同感です。全ては、神様が与えてくださったものであり、人間は管理を委ねられている訳ですよね。あとは使い方次第。全て、神様はご覧になっておられる。カトリック信者として、素直に単純に考えれば、わかるはずだと思います。教会内外で、反原発とヒステリックになっている方、多いです。

反原発署名

少し前にカテドラルでの御ミサ中の「お知らせ」で…
「原発関連の署名に来られています、関心のある方は御ミサ後に正面入り口で」とあったので一寸寄ってみました。
シスター(女子パ●ロ会?)がおられましたが、署名についての担当者いて、どう見ても「活動家」っぽい匂いがして…
署名の用紙を見たら「生協」系でした。

Rickさんへ

女子パウロ会のシスターが環境保護活動に熱心だというのはよく聞きますね。
でも、キリスト教的な意味からの活動というよりも、ちょっと思想的な色合いが感じられます。

「生協」ってエコを売り物にしていたり、勉強会をよく開いていたり、市民感覚を売り物にしていますが、実態はどうなんでしょうか?

結構、問題になる食品を販売していたりする率が、近くのスーパーと比較しても高いし、エコや食の安全を声高に叫ぶわりに???です。

私は、冷めた目で、ある思想にかぶれた形だから、殿様商売の形だけエコになるのでは・・・と思います。

契約社員のコープメイトさんにもノルマが課せられるし、経営は営利企業と変わらないですね。

組合の幹部はかなりの高給が保障されているし、これって某労働組合の幹部が某高級盛り場で連日豪遊しているのを思い出してしまいます。
その子分たちがかつて、カテドラルのガードマンよろしく、信者を大聖堂から締め出したのですが・・・
そしてそのおかげで、建設資材が日本一お高い!!

コープは消費者の味方なんて思っていたら大間違い!
そういう実態も知らずに、教会にそういう団体を連れてくるシスターって本当に世間知らずで非常識ですね。

ん?ふふe-456そういう私も組合員ですが・・・e-330

医療生協も酷いようです。。。

私はだぁれ?さんへ

一般的な生協ではなく、医療生協なのですが…
仕事の関係上、元従業員や現職に出会う機会が多くあります。
その診療内容などについてはあまり問題を聞きませんが、みんな口をそろえて言うのが「デモなど活動に動員させられるのが嫌」というものです。
もし現場の職員配置が法定数を割ってまでの動員ならば問題があるかもしれませんね、実態は分かりませんが…。

No title

>プルトニウムを使用することから
核兵器開発に結び付くと
アレルギー反応を起こしているのです

ウラニウムでも核兵器を作ることが出来ます。
(濃縮さえ出来ればプルトニウムより作りやすいくらいです)


>現在、日本で行われている反核運動は
共産主義者による核兵器廃絶運動であり
純粋に環境保護によるものではありません

共産主義はともかく核兵器廃絶運動は悪いものなのでしょうか。

>日本という国を壊したいと願う人達の運動に組することは
悪魔に魂を売るようなものです

原発を再稼動して更に事故を起こせば、国際問題以前に
放射能で日本が壊滅してしまう恐れもあると思います。

それと、ウラン資源などというものは、たくさんあるものではありません。高速増殖炉を実用化しなければ、石油より先にウランが枯渇すると思います。

>教会で原発事故の恐怖話を聞きたいですか?

確かに聞きたくはありません。神父様の中には放射能の専門的知識を持っている人は少ないでしょう。

>ですから、レントゲンなど有効利用されてます

その延長線上に原子力発電があるわけです

私は、放射線関係の資格を持っていますし、大学で放射能の実験もしたことがありますが、レントゲンは、高電圧を用いるもので、ウランやプルトニウムを用いるものではありません。

原子核物理学には、いまだに分からないことが多いです。
原子力に関係する「強い力」、「弱い力」の公式は、物理学者にすら分からないと思います。原子力をどうしても使いたければ、このような理論的研究と安全の研究がもっと進んでからにすべきだと思います。


無記名の方へ

はじめに、HNで結構ですので、
名前欄にご記入ください。

> >プルトニウムを使用することから
> 核兵器開発に結び付くと
> アレルギー反応を起こしているのです
>
> ウラニウムでも核兵器を作ることが出来ます。
> (濃縮さえ出来ればプルトニウムより作りやすいくらいです)

私が言いたいのは、原発=核開発という見方です。


> >現在、日本で行われている反核運動は
> 共産主義者による核兵器廃絶運動であり
> 純粋に環境保護によるものではありません
>
> 共産主義はともかく核兵器廃絶運動は悪いものなのでしょうか。

現在では、左翼だけではなく
右翼の方々も核廃絶運動をしていますが、
無秩序・無計画で感情的な核廃絶運動は賛成できません。

対話を大切にしてほしいです。

核廃絶を訴える方々は対話というよりも
糾弾という姿勢のほうが目立つのは残念です。


> >日本という国を壊したいと願う人達の運動に組することは
> 悪魔に魂を売るようなものです
>
> 原発を再稼動して更に事故を起こせば、国際問題以前に
> 放射能で日本が壊滅してしまう恐れもあると思います。
>
> それと、ウラン資源などというものは、たくさんあるものではありません。高速増殖炉を実用化しなければ、石油より先にウランが枯渇すると思います。

ん?あなたの姿勢はどちらなのでしょうか?
少し、上記のご意見は矛盾していると思いますが・・・

私は段階的脱原発を支持しています。

今の技術では核廃絶を選択するしかないと思いますが
これには、長い年月を要しますし
その間に、もっと確かな技術が開発されるかどうか
わかりませんし、
代替エネルギー開発をしっかりして
混乱の無いように進めていただきたいというのが私の願いです。


> >教会で原発事故の恐怖話を聞きたいですか?
>
> 確かに聞きたくはありません。神父様の中には放射能の専門的知識を持っている人は少ないでしょう。
>
> >ですから、レントゲンなど有効利用されてます
>
> その延長線上に原子力発電があるわけです
>
> 私は、放射線関係の資格を持っていますし、大学で放射能の実験もしたことがありますが、レントゲンは、高電圧を用いるもので、ウランやプルトニウムを用いるものではありません。
>
> 原子核物理学には、いまだに分からないことが多いです。
> 原子力に関係する「強い力」、「弱い力」の公式は、物理学者にすら分からないと思います。原子力をどうしても使いたければ、このような理論的研究と安全の研究がもっと進んでからにすべきだと思います。

レントゲンは放射性物質のコバルト60を使いますよね。

私が言いたいのは、
放射性物質の医療用・産業用利用を指して、
核物質というだけで
アレルギーを起こさないでほしいということです。

現在では、重粒子線治療など、
医療面で大きな成果を得ています。

これも、否定するお考えなのでしょうか?

医療用だけでなく、
文化財調査などにも広く使われています。

私はだぁれ?様

たまに、いらっやいますよね。
でも、放射能のお勉強されてるのですか?
レントゲンも、何もかも危ないでは、私たちは
生きていけなく感じますが・・・・
博士みたいな言動されるので、ハンドルも出されて
ちゃんともっと解りやすくお話を願いたいものです。
それに、昨日7/16に渋谷で反原発運動ありました。
私も、反原発でありますが、でも、原発に変われる
ものを提案できないので、なんとも言えません。
デモも大変そうで、熱中症で倒れない様に祈り
ましたが、反原発運動されてる方は、知恵をお持ち
だと感じますので、先の変わるものを研究して頂き
たいものです。
必ず、日本の方は出来ると感じます。
頑張って下さい。応援しております。
でも、レントゲンにしても、どんな事にしても
国を動かすには、「原発」どうしても必要だと
感じます。日本経済が傾かない様に。
では、貴重な書き込みをありがとうございました。
失礼致します。

No title

聖母マリアの花園の掲示板に書き込んでいたynと申します

>私が言いたいのは、原発=核開発という見方です。

こういう言い方をすると核兵器は必要といっているのと誤解される
恐れがあると思います。主の祈り「み国が来ますように」の曲解です。

地上に神の国が完全に実現するためには、聖書に書かれている全ての災害を経験しなければならないので核兵器を使ってそれを実行しようという考え方です。私も以前そういう考え方にとらわれていたこともありますが、これは人間がすべきことではありません。人間が行うのは傲慢です。必要があれば神様が直接行うでしょう。

もちろん対話は必要です。

>レントゲンは放射性物質のコバルト60を使いますよね。

レントゲンはコバルト60のオージェX線ではありません。
原子核から放出される放射線は、波長が同じであってもガンマ線
と呼ばれます。コバルト60はがんの放射線治療のほうだと思いますが。

>現在では、重粒子線治療など、
医療面で大きな成果を得ています。

これも、否定するお考えなのでしょうか?

これを否定するつもりは全くありませんが、これは発電用原子炉がなくても小規模の研究用原子炉があれば出来ることです。

>文化財調査などにも広く使われています。

これは、炭素14の異常な核反応による生成を無視し、誤った年代測定
を行い聖書を否定しようとしているように思うのですが。

>私は段階的脱原発を支持しています。

カトリック中央協議会は即時停止を訴えているようですが。
(現実的に無理というのなら仕方がないかもしれませんが)

>放射性物質の医療用・産業用利用を指して、
核物質というだけで
アレルギーを起こさないでほしいということです。

安全な医療用、産業用ならかまいません。おそらく、テロリストなどは、核兵器よりも「汚い爆弾」を作ろうとするでしょう。
通常の爆弾を放射性物質で、覆ったものです。オウム真理教などが
健在だったら、福島から、安全に放射性物質を持ち出す技術があれば、放射性物質を使ったテロが起きていたかも知れません。

ynさんへ

少し、誤解があるようです。

>>私が言いたいのは、原発=核開発という見方です。

>こういう言い方をすると核兵器は必要といっているのと誤解される恐れがあると思います。主の祈り「み国が来ますように」の曲解です。

私はそのようなことは考えていませんよ。
私は、核兵器廃絶派です。

ynさんが書かれた「地上に神の国・・・・」の考え方は、とても怖い考え方ですね。
私、不勉強で、そういう考え方がクリスチャンの中であるとは思っていませんでした。

私が言いたいのは、極度の核アレルギーの考え方のことです。

少し前の記事でも書いていますが、私は原発というものは
政府や電力会社が説明していたような低コストのクリーンなものではないとずーーっと以前から感じていました。

ですから、今すぐ原発の廃止を・・・という気持ちは分からなくもないのですが、2つの点で問題があると思っています。

1つは、民間の企業が、減価償却もできていない施設を、これから何十年も万全の態勢で安全に管理できるのか?核廃棄物の最終処理場も決められない状態です。

もう1つは、しわ寄せは弱者に来ます。
電気=命とも言えるくらいに、医療や介護には電気を要します。混乱が起きると、電気=命という状態の方々に影響を及ぼします。

ですから、代替エネルギーの開発を急がないといけないと思います。

私は、これは司教団メッセージに反する態度ではないと思っています。
司教団は、原発廃止への方向づけを倫理的に信徒に示されたわけで、反する態度というのは、これからもどんどんと原発を造り続けるのを支持するような態度だと思っています。

司教団が示された方向性・目標を如何に実現できるかを模索して、どのようなアクションへと進んでいくかは、信者に委ねられているのだと思います。

原発無くして、どうやって生きていきますか?

カトリック司教団の司教様も、脱原発を一切ダメだとは解釈
されてない様に感じます。「危険だから、新しい安全なもの
を創れれば?」と祈られてます。
それに、今と昔の温度の差を考えて下さい。
父は、ここ2日間でやけどみたいな手になりました。
それぐらい、異常気象なんです。このままでいけば、サングラス等もいるでしょう。目をやられます。

悪く取らずに、いい方向でお考え下さい。
電気は必要です、特に介護の方、病人の方には
前向きに取り組みをしないとなりませんが、
最近の日本人は腑抜けです。
出来る力を発揮しない。悲しいですね。
安全第一のエネルギー開発を、皆さま待っているのでは?
ありませんか?

私の個人の意見です。

批判は聞きませんが、意見なら聞きます。

No title

もちろん、核兵器や放射能を使って人為的に神の国を実現するなどは、論外だと思いますが。

バチカンはファチマの御出現についてどこまで認めてみるのか
私には分かりませんが、当時ルチアがマリア様に「アメリアという女性は世の終わりまで煉獄にいる。」と聞かされたのをカトリック系のページで見たことがあります。地獄ではなく煉獄なので終わりはありますが。マリア様に「世の終わりまで」と言われている以上
なんらかの手段で世の終わりを遅らせることが可能であれば、それを実行することは、アメリアの煉獄の苦しみを延長することになると思います。
煉獄の霊魂のために祈ること、煉獄の霊魂のことを考えることは
伝統的なカトリック教会の教えだと思います。

新約聖書の福音書やヨハネの黙示録は、昔、はやっていた偽預言者が言っていたような「条件付預言」ではありません。
聖書に書かれてしまっている以上確定しているのです。

私たちが生きているうちにその災害が起こったら(既に一部は起こっているように見えますが)基本的には生きていて、なおかつそれを避けるということは不可能だと思います。

私も、聖書に災害が起こらず平和的に神の国が実現すると書いてあればよいと思いますが、聖書を書き換えることは出来ません。

ynさんへ

う~~んv-356難しいお話ですね。

私はヨハネの黙示録は大の苦手で
詳しく教えてくださる神父様もいらっしゃいませんでした。

またファティマの予言も信仰薄き者のため
あまり関心がありません。
怖がり性なのも影響してるかも・・・

私が信じているのは、神のいつくしみで
それにすがる他ないと思っています。

で、私としては、今、為すべきことを為し
あとは神様のいつくしみに委ねるということに
尽きると思っています。

すみません。アバウトな信仰で・・・
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。