スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

先日の投稿について

私の立場をご説明します

私は在日特権を許さない市民の会の
一般会員でもなくメール会員でもありません
ただ、活動において、
支持・共感する活動のときには
一般参加者として参加しています

主権回復を目指す会とは
一切関係ありません

以前、東京のイグナチオ教会前での抗議活動の際
近くで彼らの主張を拝聴しました
当時、あの街宣は主権回復を目指す会のものと
思っていましたが
実態は呼びかけたのが主権回復を目指す会であり
カトリックのことをよく調べて
素晴らしい演説してくださったのは
別団体である外国人参政権に反対する会の
村田春樹さんでした

政治運動関係に疎いこともあり
みんな一緒くたになっていたのですが・・・

主権回復を目指す会の活動は
当初から違和感を感じ、
距離を保ちつつ見てきましたが
会の主張と活動における攻撃性を
確認した時点で
全く関わりを持っていません



その後、中国のウイグル人虐殺・弾圧事件があり
三民族支持デモ(ウイグル・チベット・南モンゴル)に
参加し、中国での人権活動中に
関西で活動する方々と知り合いました

それまでは、日本の教会が
共産主義的傾向が強く、
そういう団体とのつながりを
漠然と感じていたのですが
護国活動をしている方々と知り合い
いろいろと書籍を入手して調べるうちに
日本のカトリックの指導者方の政治色が
よくわかるようになりました

彼らの支持する解放の神学は
中南米での司牧報告などを経て
あたかも当然のことのように
日本に持ち込まれていますが
日本に持ち込まれたものは
実に醜いものです

中南米のゲリラ活動の英雄
チェ・ゲバラは強い民族主義者であり
愛国心・民族を愛する心とは
切り離せないものです

かたや、日本の共産主義者
日本の教会の指導者は
日本人であることをまるで恥であるかのような
自虐的見解からスタートし
国境も無くなればいい・・・などと
国までもなくしたいようです



イエスの惑星への投稿から始まり
ネットで発信してきたことは
教会内の活動中心でしたが
気がつけば、聖職者方は教会外にも
共産主義・無政府主義の
害毒を垂れ流していました

それも、わざわざ聖書の言葉を恣意的に引用し
まるでカトリックの教えが共産主義のように
誤解を与えるものでした

共産主義に傾倒していった頃から
日本の教会の衰退は目に見えていました

共産主義者のほとんどは無神論者です

その無神論者しか同調し得ない活動は
福音宣教でしょうか?

そして、共産主義になじめない信徒は
教会の隅に追いやられ、日蔭者扱い
排除の論理です

ペトロの首位権(バチカン)のもとにあるのが
ローマ・カトリックであることなのに
バチカンが公式に
共産主義は排除されるとの見解を
一般信徒の耳には入れず
ヨハネ・パウロ2世の平和のためのメッセージさえ
自分たちの都合のよいように利用しました

ヨハネ・パウロ2世は反共産主義者であり
共産主義政権の恐ろしさを
身をもって経験された方です



こうして、日本の教会は
衰退の一途をたどりました

その間、福音宣教をせず
政治に逃げる聖職者が続出しました

霊的実り・充足感を得られない司祭生活で
人間的欲望の虜となり、
司祭をやめる聖職者も続出しました

彼らの論理は
福音宣教は、信者皆がおっている
信徒の時代だから
信徒がもっと宣教するように…

では、ご自身は?

政治活動にいそしむのでしょうか?

私たち信徒が、生活を通して
信仰を証しできるように
支え、霊的糧を与えるのがお務めでは?

そして、神に呼ばれ、教会の門を叩いた人に
確かな神の国への道に導くこと
これこそが、
司祭にのみ与えられている教職です

神に呼ばれて教会の門を叩いた人
社会生活に疲れて、救いを求めて教会を訪れた人
これらの人を偏った思想的から
失望させ、教会から離れさせても
彼らの良心は痛まないようです

自らの務めをなおざりにし
社会に害毒を垂れ流し放題の実態を目にし
それならば、それに対しても
反旗を翻さなければならなくなりました

しかし、教会指導者のように
教会の献金で好き勝手に活動できるわけでもなく
自力でこつこつと活動しています


さて、先にいただいたコメントでは
私だけでなく、
投稿くださった方の名誉まで
何の根拠もなく傷つけられました

あの方の論法は、左翼や教会指導者の論法でした

自分たちに反する思想信条の人に対して
勝手に醜いラベルを貼り付けるというものでした

私自身、ある司祭から直接
排外主義者かを尋ねられたことがあります

それに対しての答えは当然「NO!」です

私の活動の一番最初に参加したのは
ウイグル人・チベット人・南モンゴル人支持のデモです

世界の人権問題にも大いに関心があります

でも、残念ながら、
教会が関心を寄せる人権問題は
酷く偏りがあり、
私たちが危惧する人権弾圧は
対象外のような扱いであることが多いのです

教会指導者方は私たちにラベルを貼りたいようです
「民族差別主義者」
「外国人排斥主義者」

私は一般外国人を追求したことはありません

私が問題とするのは
不正を行う外国人であり
これは日本人であっても同じです

私が現在、活動しているのは
「歴史捏造を糺す会」であり
真実を尊ぶカトリック的、日本の精神文化的
考えからのものです

ごくごく市民感覚からの周知活動です



さて、あの投稿は、かなり以前の
本田神父を批判する記事に対してのものでした

本田神父はそれほどまでに
左翼の方々に守られているのですね

一個人として、
ホームレスに寄り添い、生きることに
なんら反対しません

ある意味、ご立派です

ただ、彼が修道司祭でありながら
修道会の創立者の精神から外れ
創立者がもっとも忌み嫌った
聖体の秘跡への冒涜行為を
糾弾しているのです

彼を放置している
大阪教区教区長、
修道会総長・日本管区長は
共犯者なのかどうか?ということです

彼らを支持している修道者、一般信徒は
主への冒涜行為をほう助している自覚が
あるのかどうか?ということです

教会学校の子供たちが
司祭にあこがれ、
ミサを真似るのとは
まったくの別物です

私の目には悪魔の化身が
無造作にストラだけを身につけ
聖体の秘跡を冒涜するのを楽しみ、
せせら笑っているようにさえ見えるのです
コメント

イグナチオ教会文科会中止

maggieさんへ
当時は右翼団体が教会に来て、抗議活動しているのかという認識しかありませんでした。
最近、私は、カトリックの左傾科を憂慮されている方のブログを渡り歩いています。

maggieさんのように堂々と正論を主張されるかたは少ないですが、指示する人は間違いなく多いと思います。
私もその中の一人です。今後も影ながら祈っています。

コクスイさんへ

左翼の人は、護国活動をする人を十把一絡げにしますが
実にいろんな方々がいます。

中には確かに、排外主義の方もいます。
でも、多くは排害主義であって
善良な外国人の方々には好感さえ持っています。

私はカトリックの信仰をもとに活動していますので
同調できないこともありますし
友人として看過できないときには
それを指摘しています。

私たちは市民活動ですので
こ難しい活動論なんてないし
その活動論のために保守同士で
内輪もめすることもありません。

その活動に賛同できなければ参加しなければいい
ただそれだけでいいのです。

そして、生活がまず第一優先です。

だから大変なところもありますが
どこに縛られることもなく自由です。
自分が正義と思うところを堂々と述べることができます。

活動しながら思いを深くすることがあります。

日本人の先祖代々の精神性は
驚くほどにカトリック的精神と合致しているのです。

そこに神からの良心の輝きを感じています。

これを今は亡きバーン司教様も愛されたのだと思います。

右でも左でも

 私の立場を申しますと右でも左でもありません。

 ただ、近年の一部の聖職者・信者の教会内外での極左的な政治活動、社会活動を危惧しているカトリック信者の一人です。

 教会は、祈り、癒しの場であるべきであり、そうした本来の姿に戻るべきだと思います。

maggieさんの行動は、誰かがしなければならないことだと思います。

また誰かが行動しなければ「カトリック」イコール「反日団体」「共産主義シンパ」と十把一絡げされかねません。

ただ多くの人がそのリスクを知っています。私もその中の一人です。

敢えて火中の栗を拾っているmaggieさんに敬意を表します。

maggieさんへ

ステファノ・ロムアルドです。久しぶりの書き込みでこんばんわ。
相変わらず、心苦しい思いされているようで辛いですね。
まったく、その神父様方は一体何を考えてるのか…想像できません…
ゆるしの秘跡をも拒むんだろうか、その方々は…
そんなことは断じてあってはならないと言う良心の欠片もないのでしょうか…情けないったらありゃしない…

僕が今行っている教会の神父様は50代後半ですが、信徒思いでいつでもゆるしの秘跡を受け付けてくれて本当に素晴らしくて好きです。
でもこのように信徒思いの優しい神父様はあまりいないと思ってもいいのでしょうか…
僕は影ながら問題となっている神父様や司教様がたの高慢が砕かれるように祈って行きたいと思います。
maggieさん、どうかご自分を、そしてご両親を労わってあげてください。
主イエズス様は必ず良き方向へ導いてくださいます。
どうか風邪にはお気を付けて…それでは失礼します…

ステファノ・ロムアルドさんへ

ご無沙汰しています。

いい神父様に巡り合えてよかったですね。

神父様方ですが、
若い?働き盛りの目立つ方々に
脱線した方々が多いので
そのような方々ばかりのように見えますが
本当は、秘跡を大切になさっている方々の方が多いので、
どうぞ、ご安心ください。

No title

カトリックが左翼団体と思われてるなんて嘆かわしいですね
正平協は、正平協司祭もカトリックから分離して欲しいです
本田哲郎が未だに神父をしていることに驚きです・・・
確かに反キリスト、悪魔のような人物だと思います
初めからキリスト教を貶めるためにカトリックに潜入し
司祭になったのでしょうね・・・・、カトリックを隠れ蓑
にしての反日工作も辞めていただきたいですね・・・

司祭の活動を停止して欲しいです!!e-260e-236

No title

コメントを有り難うございます。

思いは同じです。

私は教会では政治の話はしません。
ですから、聞きたくもないのです。

教会は魂の安らぎを求めて集う場ですから。

大阪教区は、教区長の引退もどんどん迫ってきて
補佐司教という立場で、次の教区長どころか
名義司教という引退司教に追い込まれるのが確実な方もいて
破れかぶれで大阪教区を破壊するのにご執心なようです。

彼らの神学的主張&思想を聞いていると
ローマ・カトリックでいる必要性は何もないのですが・・・

カトリック司祭としての身分にしがみつくのはやめてほしい!!
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。