スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教会生活

教会の危機管理

教会には癒しを求めて
いろんな方々が集まります
老若男女、元気な方も病身の方も

教会は安全であることが求められます

教会に嫌がらせ行為が発生したら
皆さんはどうされるでしょうか?

まず、その詳細を把握します
次に、どうしてそのようなことが起きたのかを
調査・検討します
そして対応策を講じます

M教会での出来事は
1月2日の午前中に電話で知りました

ショックで、いつ起きたのかまでは聞きませんでした

ですから、てっきり、年末の聖家族の主日に起きたものと
思っていました

事実は、1月1日元旦 聖マリアの祭日の
ミサ前に起きたようです

それを発見した信者は、
真っ先に主任司祭に連絡すべきものですが
関わりをもつことに恐怖を感じられたのか
そのまま立ち去られました

その後、中傷ビラを書かれたご当人が発見したため
それを取り除き、誰にも知られないように
チラシを持ち帰られたようですね

そのために、嫌がらせ行為があったことは
教会の評議員も知らず、
何の対応もとれませんでした


私はてっきり評議会の方々も
対応を協議されているものと思い、
年末年始に彼女のブログ記事がアップされないのは
自制されているのだと思っていました

ところが、彼女のブログは
1月4日にアップされ
教会内?のマリア像の写真まで
掲載されました

これに驚いて、
今度はこのマリア像が狙われるかも・・・
と危機感を感じ、
貼り紙実行者の方に
教会への攻撃をやめてくださるように
呼びかけるブログ記事を書きました

その結果、犯人扱いを受けるという事態に・・・

大変、不名誉で迷惑なことですが
それよりも、
教会への攻撃が一時的にでも止んでいるので
取りあえず、一安心しています

事実をご存知なかったM教会の方々にも
そのようなことが起きていたことは
お知らせしました

後は、M教会の責任において
対応されることと思います


みんなの心の拠りどころである教会を
守るということよりも
自分の恥を隠すことを優先してはいけません

自分の行動が他者の恨みを買って
心の拠りどころである教会に
危害を加えられるということは
どんなことをしても回避するように
努力しないといけないと思います

それが、信者としての良心だと思います

今回の場合は、少なくとも
ブログを休止するとか
せめて、教会の記事を書くのを休止するとか
ご自身で判断すべきものと思います

今後、彼女の教会関連の記事が続くということは
M教会に危機管理能力がないと言われても
仕方のないような気がします


少し厳しい書き方かもしれませんが
以前に、プロテスタントの青年が
多くの教会に器物損壊行為をした時
その青年を、
そこまで追い込んでしまった教会に対して
苦言を呈しました

ゆえにカトリック教会においても
そのような行為をされるという事態を
逃げることなく
正面から受け止めていただきたいと願っています
コメント

tontonお姉ちゃん

ビラだけですんで良かったわて思わなね。

M教会は聖パウロの聖遺物もあるし
でも、彼女はブログで公言してるし、教会の
危機管理も含めて、自業自得やし。自分は他者攻撃してて、自分が攻撃されたら後退するような、ずる賢い戦略はしたらいかんわ。

No title

Jさん(?)は、何故自分の所属教会に攻撃しているのでしょうか。
私の所属教会には、こういうことをする人はいないので理解できません。あったとしても、シスターや神父様に愚痴を言う程度のものです。

卑猥なコメントはやめてください!

どうやら、お気に召さない方が卑猥な嫌がらせコメントを
入れて来られたようです。

そのような表現方法ではなく、ちゃんと言葉で
怒りなり、不満を書き込んでください。
そうしないと、ただの嫌がらせとしか受取れません。

誰にどのように不満を感じておられるかを書いてください。

ここでは卑猥となるのなら辞さんいたします

コメント蘭に観察機関を設ける必要は無い。

公的場所において謀反など起こせるはずはないのだから・・

は さんへ

このブログは私個人のブログで
ここに集まる方の中には繊細な方がいらっしゃるので
承認制を採用しています。

あなたのコメントを卑猥と書いておりません。

24日1時過ぎに入ったコメントが
卑猥なサイトへ誘導するものでしたので
ご注意差し上げただけです。

それよりも、あなたの「公的場所において謀反」とは
何を指しておられるのか、意味不明です。

ynさんへ

彼女は、自分の教会について美辞麗句で埋め尽くしているのですが、彼女自身が多くの方々の心を傷つけるような行いをしているので、その反発が、教会にまで向くわけです。

抗議活動をする際にも、行為に対してのみ行えばよいのに、相手の人格を傷つけるような形をとるために相手の尊厳を傷つけるのです。

それも、関係のないところでわざわざ「カトリック信者」と名乗って、それらの行為をするために、その反発はカトリック教会にまで及び、敬虔な信徒のような記事まで書かれているので、キリスト教への疑問・反発となってしまい、それをM教会が容認しているように受け取られて、M教会に嫌がらせが行くのです。

本当に教会を大切に思うならば、そのような行いはやめるべきです。

本当に教会を思うならば

はさんの言う通りですね。
本当に教会を思うならば、このブログ管理人のmaggieさんが
M教会に継続的な嫌がらせするのをやめればいいだけです。
平和を乱しているのは、管理人ご本人です

Maggieさんへ

私は、M教会には行った事がありませんし、
また、Jさんの行為を正当化するつもりはありませんが
「そのような行為」とは何でしょうか。
これは、私に対してではなくJさんに対する言葉なのでしょうか。

こんばんは
このブログには、掲示板はなかったでしたっけ?

No title

この前の投稿は、Maggieさんの文章をよく読んでいないものだったので申し訳ありませんでした。

>彼女自身が多くの方々の心を傷つけるような行いをしているので、その反発が、教会にまで向くわけです。

そういう自覚があるなら、やるべきことは攻撃ではなく告解ではないでしょうか。

やや さんへ

・・・・・意味不明w

「継続的なM教会への嫌がらせ」ってあるのでしょうか?
それは、彼女に反発する方々からの抗議なのではないでしょうか?
抗議を嫌がらせと受け取ると、全てがおかしくなります。

良心を信じる「教会」ならば、その抗議や批判のもとはどこにあるのかを謙虚に受け止めるべきです。

でも、ややさんは私の知っている人とよく似ています。

全ての抗議も、全部私が直接的・間接的にやっているように、誤誘導しているようですね。

濡れ衣を着せるのがお好きな方・・・

一番、怒っているのは、左翼活動家や在日活動家の方々であって、かつての保守の友人たちの多くは既に見放していて、問題外という感じなので、抗議をM教会にすることもないでしょう。
近く徳島の件での処分も出るようですし・・・

私は書き込みがSBからだから●の書き込みとか、△からだから■の書き込みなどと愚かな決めつけは致しませんので、ご安心を。

一カトリックさんへ

このブログは、私個人の思いなどを書くためのものです。

掲示板は、http://www.21style.jp/bbs/avemaria/にあります。

ただ、よそのブログのコメント欄をそのまま変な画像と共に貼り付けるという投稿が重なりましたので、現在、認証制とさせていただいております。

ynさんへ

おそらく、彼女は『私は悪くない!私は聖女のように「悪」と闘っている!』と信じておられるのではないでしょうか。


事象について批判・抗議する場合にも、その方法によって、不要な波風を立てたり、他者の人格まで傷つけてしまうことがあります。
動機は良くとも、方法によっては反対の評価を受けるということを学ぶべきですね。

他者の人格まで傷つける暴力的行動は、キリスト教的ではないと思います。

また、「悪」と一方的に決め付けるのではなく、対話を試みるべきだと思います。
考え方が異なっていても、それを一方的に押し付けるのは間違っているし、結構、互いに誤解から生じている摩擦も多いのですから。

あの方によって、左右両派からキリスト教を白眼視されるという事態にもなっているわけで、これはM教会だけでなく、カトリック全体にとっても、福音宣教の大きな妨げになっていると思います。

ややさん

あなた、おつるさんですね?

なぜHN変えるのですか?自分の事が正直であるなら「おつる」と名乗るべきと思います。

貴女の事を断続的に書いてるブログがありますよ。
ご覧頂いて感想でも。。。。

http://eucharis807.blog.fc2.com/

カトリック信者の務めは、聖人を目指すことだそうです。
前教皇様のヨハネ・パウロ2世は仰いました。
カトリック信者はみんな、聖人を目指さなくてはいけません!と。
大変ですが、皆様、頑張りましょう。聖人的な行いを心掛けましょう。聖人に倣い、聖人伝を読みましょう。
それにしても、世のひかり社の聖人伝集はお勧めです。
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。