スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

市民活動における表現の自由と起訴

■在特会事件 共謀の2人起訴 
 県教組に威力妨害 地検、検察審議決受け■
(徳島新聞 2013年4月5日)
2010年に起きた「在日特権を許さない市民の会」(在特会、本部・東京)の会員らによる徳島県教職員組合(徳島市北田宮1)への威力業務妨害事件で、徳島地検は4日までに、建造物侵入罪などで兵庫県内に住む男女2人を起訴した。
2人を含む19人が送検された名誉毀損の疑いは全員不起訴処分とした。
徳島検察審査会の「不起訴不当」の議決を受け再捜査していた。
起訴されたのは中曽千鶴子(51)と松本修一(36)の両被告で、いずれも3月29日付。
中曽被告は建造物侵入と威力業務妨害の両罪、松本被告は建造物侵入と威力業務妨害ほう助の両罪。
起訴状によると、中曽被告は共犯者と共謀して10年4月14日、県教組事務所に侵入し、シュプレヒコールなどして約13分間にわたり業務を妨害。
松本被告は中曽被告らが県教組を糾弾する場面を撮影し、業務妨害を手助けしたとしている。
この事件で主犯格の男ら6人が威力業務妨害罪などで有罪判決を受けた。
しかし、中曽、松本両被告は建造物侵入などの疑いについて不起訴処分、2人を含む19人は名誉毀損の疑いについては不起訴処分になっていた。
県教組の不服申し立てを受けた検察審査会は12年6月、不起訴不当と議決し、地検に再捜査を求めていた。
県庁で記者会見した県教組の小原伸二委員長らは「地検の判断を評価したい」と話した。

徳島(徳島新聞)


■在特会事件で2人在宅起訴 
   地検、不起訴不当受け■
(朝日新聞[徳島版] 2013年4月5日)
徳島市の県教職員組合事務所に2010年、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の会員らが侵入して怒鳴り続けた事件で、徳島地検は4日、男女2人を建造物侵入などの罪で在宅起訴したと発表した。
地検は一度不起訴としていたが、検察審査会が昨年6月、「不起訴不当」を議決したことを受け、再捜査していた。
起訴に至った経緯について、田代英明次席検事は「関係者の取り調べや動画を再検討した結果、新たな証拠が得られた」と説明した。
事件に関与したとされる19人については名誉毀損容疑についても調べていたが、不起訴とした。
一連の処分は3月29日付。
起訴されたのは中曽千鶴子(51)と松本修一(36)の両容疑者。起訴状によると、中曽容疑者は10年4月、事務所に侵入、110番通報中だった組合書記長らの受話器を取り上げ、シュプレヒコールをするなどし、松本容疑者はその状況を動画で撮影するなどしたとされる。
県教組の小原伸二委員長(53)は「3年という道のりは長かった。なにもかも表現の自由、政治活動だと正当化することに厳しい処分が下ることを望んでいる」と話した。

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1365149479/
http://megalodon.jp/2013-0411-0107-56/mainichi.jp/area/news/20130405ddn041040008000c.html
徳島(朝日)

徳島(読売)



もう既にこの事件では6人が
執行猶予つき有罪判決を受けています

今回の起訴は、仕方のないものだと思います

ぎりぎりのラインで逮捕・起訴を免れたことを幸いに
反省の意を示すことなく
被害者であるT書記長を攻撃し続けていましたから
怒りを買うのは当然です

最近、関東の方で
「シバキ隊」という方々が
在特会やそれ以外の保守の活動を妨害したり
暴行を加えたりということが起きているようです

徳島県教組への活動もシバキ隊も
一線を越えれば犯罪です

日本は法治国家です
私刑(リンチ)はゆるされていません

法治国家において法律の許される範囲内で
活動をするのが市民活動です

使う言葉によって
名誉棄損や侮辱罪
威力業務妨害・強要になります



さて、某ブログでは
起訴を受けて、日教組への闘志を
燃え上がらせているようです

起訴されてもなお
下記の記事を書いています

三年も前に徳島県教育組を訪問して抗議活動をした件について日教組が、私に対し日教組の悪を暴く行為に対して 名誉棄損で検察審査会に訴え続けていました。・・・・この件は、昨年6月に検察審査会が、不起訴不当としていましたが めでたく日教組の私への訴えは名誉棄損は不起訴となりました。正義は勝つのであーる
http://blog.zaq.ne.jp/otsuru/article/2564/

動揺されているのか?
日本語が崩れていますね

「三年も前に徳島県教職員組合に押しかけて抗議活動をした件について、日教組の悪を暴く私の行為を、日教組は名誉棄損で検察審査会に訴え続けていました」

とするべきでしょうが、
文章も間違いなら、
理解の仕方も???

名誉棄損は抗議活動参加者全員に対するもので
初めて見学のために参加し
警察官と一緒に事務室に
足を踏み入れてしまっただけの方も含まれていましたし
ただ、横断幕を持っていただけの方もいました

名誉棄損行為をしたのは、
判決を既に受けた方々だったから
一事不再理の原則から不起訴となったのでしょう


その挙句、「正義は勝つのであーる」
開いた口がふさがりません


起訴は、検察が決めるもので
違法性があると判断されたからであり
日教組を恨むのは筋違いです
自らの判断の甘さを省みるべきです

日教組への抗議は別問題です

どちらにも主張する「義?」があり
もし100%の義が在特会にあるとした場合でも
何をしてもいいということは有り得ません

法廷では「行為」が裁かれるのです

カトリック信者ならば、詭弁弄さず
自らの非を素直に認めてほしいと思います
コメント

No title

こんにちは

あちらのブログに維新のダメなところに気付いてほしくてコメントを入れていたのですが最近の内容は見るに耐えられません

ご本人が「ならぬことはならぬものです」という事で起訴されてることが分かるのはいつになることでしょう・・・
支離滅裂な文章はまるで責任能力さえ問われそうなレベル
起訴された方が教育者という立場であったことが何よりも腹立たしい
起訴の結果がどうであれご自身の否を認めない限りは、二度と教壇に立つことの無いよう祈るだけです

Nさんへ

こんばんは

あちらのブログのコメント欄で適宜なたしなめられておられるのを拝見していました。
ご心配いただいていましたのに、そのお心が通じなかったようで、大変残念に思います。

人の思いというものは、100%同じというものはないと思っていますので、政党にしても100%の支持はできないと思っています。

私は現在、政権与党を支持しているのですが、当然100%ではなく、60~70%の支持で、他の政党よりも少し高いだけです。
良いところと悪いところとを見極めないで妄信するのは危険だと思っています。

彼女とはもう5年以上のお付き合いでしたが、その間に、信仰上の友人も一人去り、二人去りと彼女から離れて行きました。
その方々と私は今も信頼関係を深めているのですが、彼女はその離れていった方々について「私を嫉妬している」と切り捨てて来ました。
彼女の「異常性」に気づいた方々は、「何を言っても無駄」と離れていったのです。

今回の起訴も、彼女が招いたことです。
被害女性が警察に通報しようとしているのを妨害するというのは悪質なので、今まで検挙されなかったことは、法の下の平等の原則から外れるものでした。
しかしながら逮捕・起訴を免れていたのですから、自分たちの活動の方法論において自省していたならば、今の事態は避けることができたかもしれません。
当時、神戸市教委所属の臨時講師という立場や同居する未成年者や幼児への影響を配慮して、自省するようにとの警察・検察の期待は見事に裏切られたわけです。

弁護士さんとの打ち合わせにはご主人も同席されて、しっかりと調整役を果たされることを期待しています。

おつさんを応援してたけど、これだけは反省してくれ。

はじめてコメントします。実はおつるさんに
勧められた事もあり地元のカトリック教会に通ってます。
(今はまだ未洗礼です。洗礼を受けるかどうかはまだ決めていません。)
正直、今までおつるさんを応援してきましたが
今回の「建造物侵入・威力業務妨害」に関しては
反省していただきたいですよ。
これではおつるさんが嫌いな極左翼の中核派や核マル派
と何ら変わらない事になります。
僕も正直、日教組は嫌いです。しかし、だからと言って
日教組を弾圧する為なら、
法律を無視していい、時には暴力を駆使して良いなどとは
考えてもいません。それをやれば、それこそ中核派と
同じになってしまいます。
その部分で法律は遵守すべきですし、まして暴力に訴える
べきではありません。
おつるさんには猛反省していただきたいです。
ところで話は変わりますが、最初のところでカトリックの教会に
通っていると書きましたが、実はもう一箇所、僕の地元では
比較的大きなプロテスタントの教会があり
そこにも通っています。あくまでもメインはカトリックで
プロテスタントの教会の方は、今はそれこそ2ヶ月に一回通う程度ですが、
どちらか一つにするとしたら、どちらにすべきなのか
まだ迷っています。
実は以前、上記の2つの教会とは別の教会に通って
失望させられた経験があって
僕個人としてはあせらずにじっくりと決めたいと考えています。

チームリオナの僕さんへ

チームリオナの僕さんのの呼びかけがおつるさんに届くといいですね。

日教組批判は徳島の元書記長さんを使わなくてもできるはずなので、何度も呼びかけをしたのですが、意地になっているようで耳を貸していただけませんでした。
あちらは心的外傷を受けておられるとの情報を得て、呼びかけをしたのですが・・・

後日、元気にやっているとこちらの情報を否定する記事を彼女は書いていましたが、心的外傷は第三者には理解されにくいものなのです。
ごく普通に生活できているように見えても、何かのきっかけで感情のコントロールができなくなることがあるのです。

あちらが処罰感情を強くされたのは理解できます。
誰にも人を傷つける権利などないのです。


チームリオナの僕さんは教会に通っておられるようですね。
すべてに「時」があります。
教会に通うということは、神様の呼びかけを感じたということです。
あなたが行くべき教会にたどり着くまで、神様が導いてくださることでしょう。
それはすぐに行ける場合もありますし、紆余曲折をたどることもあります。
でも、神様の導きを信じていてください。
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。