スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カトリック新聞から

旧日本軍の関与の有無が不明!

先週、カトリック新聞オンラインに
下記の記事が掲載されているのを発見しました

旧日本軍に殺された司教、列福へ一歩前進

April 11, 2013

第2次世界大戦中に中国で旧日本軍に殺されたとされる司教ら9人の列福運動がオランダで進んでいる。

9人はフランス・シュラーヴェン司教(聖ビンセンシオの宣教会/オランダ人)と、主に同会のクロアチア、フランス、オランダ、ポーランド、スロバキア出身者。司祭、修道士、信徒がおり、厳律シトー会(トラピスト)の神父1人も含まれる。

オランダ・ルールモント(Roermond)教区のフランス・ウェルツ(Frans Wiertz)司教は3月23日、列福の可能性を調べるための特別委員会(裁判所)を、ドイツ国境近くのパンニンゲンにある聖ビンセンシオの宣教会聖ヨセフの家に設置した。

ルールモント教区はこれから約半年の予定で調査を進め、その結果をローマに送ることになる。

9人のうちトマス・チェスカ神父(聖ビンセンシオの宣教会)は、第2代の新潟知牧区長、アントン・チェスカ神父(1877~1941年/神言修道会)の兄に当たる。

2012年10月13日と14日にはオランダで殉教75周年を記念する式典があり、日本からも深水正勝神父(東京教区)が参列した。深水神父はミサ中、日本カトリック司教協議会会長の池長潤大司教の書簡を代読。日本による事件への謝罪の意を示し、列福運動のために祈ることを伝えた。

欧州に残る資料によると、9人は1937年10月9日、中国・河北(ホーペイ)省の正定(チョンティン)に入った日本軍が、教会施設にいた避難民の中から200人の女性(少女を含む)を引き渡すよう求めたことに抵抗したため、目隠しされて首にロープを巻かれ、トラックで約300メートル離れた仏塔近くに連行された。

殉教から1カ月後の11月19日、カトリック信徒の横山彦真少佐(後の中佐)率いる日本軍の「宣撫班」が現地入りした。後の大阪教区大司教で枢機卿にもなった田口芳五郎神父(当時は東京教区)も同行している。

田口神父は訪問の様子を「日本カトリック新聞」(カトリック新聞の前身)や「カトリック画報」で詳しく報告しているが、9人の死については触れていない。

ところが欧州側の資料では、横山少佐は殉教した9人のために天津の司教を招いて同年11月22日、正定で追悼のミサをささげている。田口神父は司式者の補佐をし、日本軍関係者約30人(うち高官が3人)も参列。日本軍幹部の弔電も届き、聖堂で読まれたという。

なお中国の正定教区は現在、地下教会(中国政府が認めない教会)の強い地域として知られている。


http://www.cathoshin.com/2013/04/11/schrave/


驚きでした

何が起きたのか・・・

問い合わせをしようと思っていたら
西村真悟さんのブログに
次の記事が掲載されました


今度はカトリック新聞、捏造と闘おう

 まことに憂慮すべき捏造が、カトリック新聞オンラインに掲載され、カトリック信者のネットワークを通じて、まず、世界の全カトリック信者とカトリックの総本山であるバチカンが、「日本人は残虐な世界の敵」だと認識し、次にそこから世界の全キリスト教徒さらに無数の良識のある人々が、「日本人は異常な残虐性をもつ敵」だと思いかねない事態が進行している。
 世界のキリスト教信者は二十二億人であり、そのうちカトリック信者は十一億六六〇〇万人であり、良識ある人々はそれこそ無数である。
 
 これは、今までの中国と朝鮮・韓国による、南京大虐殺と従軍慰安婦の捏造による反日プロパガンダに加えて、
 日本人は西洋人の聖職者も殺戮していた人類の文明に対する敵だという強烈なプロパガンダを可能にする捏造である。

 このことは、祖国日本を愛する女性(自衛隊佐官)から戴いた手紙によって、靖国神社の参拝を終えた本日朝、教えていただいた。彼女は、知人から、カトリック新聞に気になる記事が掲載されていると指摘され、知るところとなった。
 彼女の了解を得ていないが、一刻も速く、諸兄姉に知っていただきたいと思い、ここに記すことにする。

1(文献1)、
April 11、2013(2013年4月11日)「カトリック新聞オンライン」
 
 見出しは、
「旧日本軍に殺された司教、列福へ一歩前進」
そして、
 「2012年10月に行われた殉教75周年記念式典で、日本からのメッセージを代読する深水正勝神父(手前)」との説明をつけたオランダでの追悼ミサの写真が掲載されている。

 記事の内容は以下の通り
 
 昭和12年10月に河北省のカトリック施設に日本軍が来て、施設内の200名の女性を引き渡すよう要求し、それを拒否したオランダ人司教以下9名の宣教師を殺害した。
 後日、日本軍の宣撫班のカトリック信者の将校がやってきて、追悼式を実施し、日本軍も参加した。
 昨年2012年10月に日本カトリック司教協議会から派遣された司教が、当時の日本の行為を謝罪した。

2(文献2)、
 1937年11月12日、26日の
 「Catholic Herald」
  1937年11月23日の
 「The New York Tims」 

 彼女は、カトリック新聞オンラインが伝える事件の日付けから当時の「Catholic Herald」と「The New York Tims」の記事を調べた。
 すると、全く逆の次の事実が報道されていた!


 9人のオランダ人聖職者達は、中国の山賊に誘拐され身代金5万ドルを要求された。日本軍は付近の地域一帯を徹底的に捜索して山賊を追い司教を救出しようとし、地元自警団2000人も日本軍に協力したが、誘拐された聖職者は山賊に殺されていた。


 この(資料2)の報道は、当時為されたものであり真実であろう。しかも、事件から七十六年後の(資料1)の記事の奇妙な点も解決する。
 この奇妙な点とは、日本軍将校が殺害された司教の追悼式を実施し日本軍も参加した、という点だ。
 つまり、司教を殺害したのは中国の山賊であり、司教を救出しようとして懸命に付近を捜索したのは日本軍である。従って、日本軍が追悼式を実施しそれに日本軍が参加したのである。
 これが真実だ。
 司教を虐殺したのは中国人である。
 またしてもそれを日本人が為したと捏造され世界に流布されようとしている。誰が捏造しているのか。
 とにかく、この明々白々の捏造を反転攻勢の梃子にして我が日本民族への侮辱を一挙に払拭しなければならない。

http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=846

私は、カトリック新聞購読者です

私たちはどちらを信じればいいのでしょうか?

西村真悟さんは、カトリック信者であり
国会議員であり、信頼に足る人物と思います

ショッキングな記事・・・・
それとは正反対の記事・・・・

カトリックの信仰のもとに
心の平安を得たいと願う信者は
心を痛めるばかりです

コメント

ちえちゃんへ

当時の欧米の報道と今回のカトリック新聞オンラインの記事との違いには驚きを禁じえませんね。

しかし、事は列福に関することですので、ヴァチカンによって資料の信憑性を審査されるはずです。

この件に関しての日本側の協力も大切だと思います。

当時、田口枢機卿様が宣撫官で事件後に現地に行かれているというのは神様のお取り計らいのように感じます。
戦争中は特に最前線は殺気立ち、何が起こっても不思議ではない状況ですが、宣撫官が行くということは、現地人と軍との調整役なので、軍が行き過ぎた行為をしていた場合には上部に報告して中止させたりするわけで、記事のような残虐行為があった場合には、軍法会議は避けられません。
軍法会議での処分などについては、防衛研究所資料閲覧室に資料請求すれば出てくるので、そのような事件の有無が確認できると思います。

オランダの司教団が資料とした文書はいつ、どこで、どのようにつくられたものかが重要と思います。
朝日新聞によって歴史を歪曲報道し、左翼が隣国をたきつけるようなことをした後か、その前の資料であるかは重要で、特に天安門事件以降の愛国教育・政策が始まって以降の資料は信憑性において大いに疑問です。

聖職者の方々のイデオロギーがどうであれ、歴史を捏造することは神への冒涜であり、神の十戒の「偽証してはならない」に当てはまるのではないかと思います。

同事件の1938年における続報について

maggie 様

私も西村眞悟議員のメルマガで当該事件を知った者ですが,
同議員の記事内で言及されていなかった後続情報により,
当該司教等殺害事件発生から数カ月後の1938年3月頃,
日本にとって仰天の展開になったことを知りました.
詳しい内容は,以下の同議員のメルマ!バックナンバー掲載頁,

http://melma.com/backnumber_190416_5806778/

に残した私の二番目のコメントで確認して頂くとして,
手短に述べると,米新聞社派遣の記者による1938年3月頃の
配信記事では,犯人は日本軍あるいは満州軍とされたのです.
これに対し,当時の在米日本大使館が嫌疑を全面否定したことが
米国のあるカトリック機関紙の同月掲載記事から分かります.
不思議なことに,当該殺害事件を発生後2回に渡り報道してきた
英国で発行のCatholic Chronicleにはこの米紙報道の続報は
掲載されていません.犯人の身元はどうであれ,日本の
『カトリック新聞』記事で言及された女性引渡し絡みの件は,
私が読んだ当時の関連記事中には全く触れられていません.
日本側犯行説の当該続報の原文を未だ読んでいませんが,
引用等から判断すると決定的な物証はなく,証言と状況証拠による
結論付けではないかと推量されます.事件発生当時の報道では
犯人着用の制服が何軍のものか同定できていなかった
(10 uniformed soldiers)のが,
数が月後にはJapanese Style uniformsに変わったわけです.

同司教の列福は彼が所属していたラザリスト会の全面的
後押しによるものらしく,同会台湾支部と思われる遣使會は
当該殺害事件の教宣用アニメまで制作しています.
英語でのラザリスト会系サイトを幾つか覗いてみると,
何れも女性引渡し云々の日本軍説を掲載しているので,
これが今日のラザリスト会の共通認識であることが分かります.
同司教の母国であるオランダは,旧植民地インドネシアを
めぐってそれなりの反日感情が継続しているので,
どのような審査結果を出すかどうか.
当時の河北省におけるキリスト教迫害の状況から判断すれば,
犯人不明でも殉教されたという事だけで同司教は既に列福の
要件を十分満たしていると思われますが.
布教妨害で札付きだった地元の共産党系匪賊よりも
他所者の日本軍の野蛮な振る舞いの方が箔が付く,又は,
ヴァチカンを現在まで認めていない中国共産党政府を刺激しない
方が有利という打算が働いているのでしょうか.
即ち,日本では今後ともカトリック改宗者の急増は望めず,
また日本カトリック界幹部の一部は既に罪状を認めている,
一方,大陸ではキリスト教信者が地下教会も含めて一億人超存在し,
共産党系匪賊犯行説を認めると,見せしめとして,
ヴァチカンに近いカトリック系地下教会が更に厳しい摘発を
被るかもしれない,という脅しの構図が出来上がっている
ことも十分考えられます.

最後に,当該司教等が殺害された地域に当時展開していた日本軍は
熊本の歩兵第13連隊らしく,キリスト教信者の密度が高い九州からの
連隊ならば尚更キリスト教関連施設等への畏敬は高かったはず,
もしあのような蛮行が身内によるものであることが分かったならば,
隊内で看過されなかったのではないかと私は想像しています.
同連隊関係者で戦後無事復員されて何か当時の記録を残されている方が
いれば良いのですが.

一井様

詳しい情報を有り難うございます。

この件につきましては、不可解な点が数多く存在します。

後日、追悼ミサに合わせて弔電を打つくらいならば、当事者の処分は避けられませんから、その記録は必ず日本に存在します。

しかし、私も友人を介して防衛研究所に問い合わせましたが
そのような記録は存在しません。

戦争中は大本営発表で虚偽報道だったから、日本側の資料は信用度が低いと仰る方もおられますが、それは報道機関の内容であって、軍部内部資料で「極秘」指定されていたものが現在では開示されており、そちらは信用に足るものと思います。

この要求したとされる200名の婦女子ですが、この人数も有り得ない人数で、南京事件のような捏造を想起させます。

列福調査でこのような捏造は削ぎ落とされるでしょうが、大変気分の悪いものです。

この時期、私の祖父も2度目の徴集で、満州に行っておりましたので、関係者が亡くなった頃にこのような話が出てくることに憤りを感じております。

No title

1939年頃、バチカンが中国に教皇使節として派遣していたマリオ・ザニンという方(司教? 大司教?)が、「中国国内のカトリック信者は、今回の戦争に対して中立であるべき」という趣旨の声明を発表されたそうです。
もし1937年に日本軍が現在いわれているような凶行を実際にやっていたとすれば、さすがにその2年後に教皇使節がそんな声明を出すわけがありません。
ザニン師の声明は戦後、中国の教会から「結果的に戦時中の日本の行動を利したのではないか」と批判されました。
日本軍がカトリック聖職者を何人も虐殺していたと仮定して、どうしてバチカンはその後も日本寄りと戦後に批判するような姿勢を取り続けたのでしょうか?
この件、やはりどこかおかしいです。

催馬楽さんへ

コメントを有り難うございます。
この話が、どういう資料をもとにされているのかが不明です。
資料が示されなければ、その信憑性も調べることができないのですが・・・
いろんな史料を調べても、「200人を要求した」という1点でも、かなり脚色なり捏造をされていると分かるのですが・・・

1930年のサレジオ会の事件と似ていますね

サレジオ会の諸聖人を紹介するページがあります。
http://salesians.jp/library/saints/saint

1930年中国で、サレジオ会のヴェルシリア司教とカラヴァリオ神父が、三人の女性を山賊(ゲリラ)の魔の手から守ろうとして殉教されました。
殉教した司教と神父はサレジオ会最初の殉教者たちとして称えられ、2000年に列聖されています。

この二人の殉教者のうち若い方の神父は、実は来日する以前のチマッティ神父のイタリア時代の教え子だったということですが、この1930年の事件は、いま問題になっている1937年の事件によく似ていると私は思います。
1930年代の中国では共産ゲリラによるカトリック宣教師誘拐・殺人事件はよく起こっていたと以前に聞いたことがあります。

1937年の中国・正定の事件で殺された九人はクロアチア、フランス、オランダ、ポーランド、スロバキア出身ということですが、もし日本軍の犯行であるとしたら、当然この時クロアチア、フランス、オランダ、ポーランド、スロバキアなどとの間で重大な国際問題となっているはずですし、バチカンとものっぴきならない関係に陥っていたはずです。しかし、そうなったという歴史的事実は確かめられません。

これは戦後になって日本軍に責任をなすりつけた、中国共産党の犯行ではないでしょうか?
中国共産党は1930年代から現在に至るまで、常に一貫してカトリック教会を攻撃対象にし続けてきたのではありませんか。
(にもかかわらず、日本の高位聖職者の方々の中には、共産党との連携が可能と公言される方もいまや何人もおられるのですから、もはや怪談の域に達しているとしか言いようがないです)

カトリックヘラルドの同じ号の同じページに注目してください

当初、正定の事件を中国の共産ゲリラの犯行と報道していたのはカトリックヘラルド1937年11月26日号15ページですが、まさにその同じページに、それぞれ別件で当時の中国における共産ゲリラのカトリック宣教師誘拐事件(身代金目的)が、二件も記事になっています。
結果的にどちらの事件でも、宣教師は死亡という結末でした(一件は監禁中に胃痛の発作で死亡、もう一件は殺害)。

1936年1月に誘拐されてのち監禁中に胃痛の発作で亡くなった宣教師の名前はヘンリー・ケルラー(Henry Kerller)、1937年7月に誘拐されて同年に殺害されたフランシスコ会のイタリア人宣教師の名前はグラティアン・レオナルデッリ(Gratian Leonardelli)と報じられていますが、後者の事件では共産ゲリラはあつかましいことに、身代金として軍服、軍靴、万年筆、時計、医薬品までも要求し、しかもわざわざ(当時品質のよいと評判だった)ドイツ製品を指定したことが報じられています。

「正定に於ける宣教師遭難事件」について

昨年11月のカトリック新聞の記事に始まり、西村先生の時事通信に取り上げられたころからこの件が心配になって、ネットを見ております。5月14日のペンネーム鮎川龍人さんのブログにリンクされたアジア歴史資料センターの陸軍省文書では「正定に於ける宣教師遭難事件」について仙台憲兵隊から在支軍本部への問い合わせに現地軍より陸軍次官宛、同件調査担当横山少佐が先に報告し、また事情を知る現地軍の菅波中佐も帰国しているから、それによって司令部で処理して貰いたいと依頼し、次官から現地軍に「事件の真相等に関しては憲兵司令部関係者に詳細説明の上、仙台憲兵隊長を通し、本人の誤解を解く如く処置せしに付、承知あり度」と昭和13年1月19日に打電されていますけれど、ここにある「本人」とは誰で「詳細説明」の内容が分かればよいのですが、無理なことでしょうか。
ネットに載っているWiel Bellemakers c.m.,Vincent Hermans.「 The drama of Zhending, 9 October 1937.」 が事実とされてしまうのは無念です。

ケルラーではなくケルナー

中国で共産ゲリラに誘拐され監禁中に死亡した司祭の名前は、ヘンリー・ケルナー(Henry Kellner)が正しいです。
ケルナー神父、レオナルデッリ神父、そして正定の事件の共通点として、数万ドル単位の身代金の話があります。当時の英語圏の新聞記事にも「司祭の値段」と題されていたくらいです。
中国共産党というのが政党ではなく実際には山賊集団のようなものだったことが如実に現れています。
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。