スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カトリック新聞から

(続) オランダ宣教師の死について

先日のカトリック新聞オンライン記事はショッキングでしたが
それよりもショッキングな記事を知りました

わが教区長様のお話が2月21日読売新聞夕刊に
下記の記事で紹介されています

http://lisacerise.exblog.jp/17873742/

「日本のカトリック 目指すものは」
「社会の悲惨に向き合う」
池長 潤・大阪大司教に聞く


ローマ法王(教皇)ベネディクト16世の突然の退位表明で注目を集めるカトリックは、世界で11億人を超える信徒を擁する巨大宗教。ただ、日本では禁教時代が長く続いたこともあり、解禁から140年たった今も、信徒は約44万人にとどまる。日本のカトリックは何を目指すのか。日本司教協議会(司教団)のトップでもある池長潤・大阪大司教(75)に聞いた。(石塚直人)

------(中略)------

 大阪大司教区(大阪、兵庫、和歌山)は、社会問題とのかかわりが特に深い。外国人労働者や野宿者、障害者、在日韓国・朝鮮人などの人権を守るグループがいくつも組織され、プロテスタントとの共同も広がった。
 日本のカトリックは戦前から戦中にかけ、「天皇は神」とする国家体制を受け入れて生き延びた。80年代から自己批判の動きが強まり、95年に司教団が謝罪のメッセージを発表した。
 それだけに、「従軍慰安婦」の見直しなどの動きには危機感を隠さない。昨夏、37年に中国で日本軍のため殉教したシェラーベン司教の記念式典に招待する手紙が司教の母国オランダから寄せられると、軍の蛮行を謝罪し故人をたたえる返書を送った。手紙によると、司教は、女子修道院に逃げ込んだ中国人女性の中から200人を慰安婦として差し出すよう求められたのを拒み、焼き殺されたという。
 「たとえ不名誉なことでも事実は率直に認める。南京虐殺も従軍慰安婦も多くの体験者、目撃者がおり、あったこと自体は否定できません。それを認めるのは自虐などではなく、人間としての資格にかかわる問題です。他者の人格を徹底して大切にすることが、キリストの教えの核心にあるからです」


【転載終了】

ご招待を受けたからと言って
日本側の資料を探して
事実関係を検証されることなく
謝罪をするということが信じられません

これでは、言ったもの勝ちで
言われ放題です

歴史とは、日本では学問ですが
中国は政治、韓国では願望と言われます

オランダの司教協議会は
それほどまでに殉教者が必要なのでしょうか?

当時の新聞の記事では
宣教師方の死は
中国現地人の山賊に襲われたもので
「災難」の範疇です

かたや、上記の記事の通りならば
「身代わりの死」ということになり
「隣人愛による死」となり殉教になります

宣教地で亡くなられた宣教師方には
当然のことながら敬意を払いますが
災難の死ではいけないのでしょうか?

200人の女性を慰安婦として差し出せと要求するなんて
有り得ない人数です

進軍していった先で
200人の慰安婦をどのように収容するのですか?

言われたままを信じるのが
「人間としての資格」なのでしょうか?

事実を究明しようとするのは
人間としての資格がないと仰るのでしょうか?

「他者の人格を徹底して大切にすること」とは
偽りを主張する人に対して
偽りには目をつむることでしょうか?
偽りはいけないと諭すことではないでしょうか?

「嘘はついてもいいよ」と言うのが
他者の人格を大切にすることなのでしょうか?

既に亡くなった方は反論できません
亡くなった方の名誉は
いくら汚してもいいのでしょうか?

遺族の心を傷つけていいのでしょうか?

当事者が亡くなった頃に
このような捏造が行われるのは
不正義だと思います

検証もせず、真偽に関係なく
「キリストの教え」から受け入れるようにと
日本司教協議会は信者に求められるのでしょうか?
司教協議会会長お一人の見解なのでしょうか?

何にしても、わが大阪教区長様のお言葉に
憤り、悲しみ、嘆きを通り越して
放心状態です


引用元は一般の方のブログですが
一般紙に掲載されたのですから
大きな躓きであることは確かです

如何にこの方が感じられたかを
是非、ご覧になっていただきたいと思います

http://lisacerise.exblog.jp/17873742/

コメント

中国の謀略、巧みな諜報活動。

中国という国は古来から、諜報に恐ろしく長けています。
中国自身に都合のいい嘘の情報を流して
それを信じ込ませるのが実に上手いです。
事実と違うなら徹底的に反論すべきです。
例えば環境汚染、食品偽装、偽ブランド。彼らが正直に全ての
情報をオープンに公開した事ってありますか?
嘘八百を平気にならべたてていますよね。
環境汚染では嘘を平気でつく同じ人間が
過去の歴史問題では純粋真人間になって真実のみを話すなんて
とても信じられないですよ。
よく「ドイツを見習え」などと左寄りの人間は言いますが
しいて見習う点があるとするなら、反論すべき点は堂々と反論していると言う事実です。
かつて多数のポーランド軍兵士が虐殺されて、カチンの森に
無残な姿で埋めれるという事件がありました。
当初、疑惑の目はナチスドイツに向けれましたが
戦後、旧西ドイツ政府は一過してナチの関与を全面否定し
「真犯人はソ連軍である。」として1歩も引かなかったのです。
後年、ソ連のゴルバチョフが事件の真犯人はソ連軍である事を認めましたが
もし旧西ドイツ政府が、あの村山談話の村山元首相のような
曖昧な態度を取っていたなら、今頃世界中の人たちが
カチンの森事件はナチの仕業という濡れ衣を信じ込まされていたでしょう。
その証拠に旧ソ連はゴルバチョフ以前の段階では「カチンの森事件はナチスの仕業」だとヌケヌケと
嘘の主張をしていたのですから・・・・。
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。