スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カトリック新聞から

サタンと対話はしない

教皇フランシスコ
サタンと対話はしない
 聖書の言葉で身を守る


【バチカン3月10日CNS】
誘惑を受けたときには、悪魔と「対話」したり、議論を試みたりしてはならないと教皇フランシスコは注意を促し、聖書のことばに助けと力を求めるよう呼び掛けた。
 教皇は3月9日、バチカンのサンピエトロ広場に集まった数万人を前にした「昼の祈り」で、当日の福音朗読で読まれたイエスが荒れ野で誘惑を受ける箇所について話した。

 「誘惑する者はイエスを御父の計画から、つまり、罪のあがないのために自らをささげる犠牲と愛の道から遠ざけ、成功と権力への安易な道を選はせようとします」と教皇は語った。
 悪魔がイエスを誘惑する度に、①石をパンに変えるように、②神殿の屋根から飛び降りて天使たちが支えに来るか確かめるように、③地上の権力と引き換えに悪魔を礼拝するように―と促す度に、イエスは聖書からの引用で応じた、と教皇は指摘した。
 イエスは、エデンの園で「エバがしたように、サタンと対話はしません」と教皇は語っ
た。「イエスは、サタンと対話することができないことをよく知っておられます。サタン
はずる賢いからです」 
 「このことを忘れないでください」と教皇は人々に語り掛けた。
「誘惑のとき、私たちが誘惑を受けるときには、サタンと対話してはいけません。そうではなく、いつも神のことばで身を守ってください」
 教皇フランシスコは、四旬節は私たちの誰もが回心の旅路に就き、洗礼の約束の更新に備えるための時だとして、そのためにも、「サタンとその働き、誘惑を退け、神の道を歩みましょう。サタンこそが誘惑者だからです」と呼び掛けた。(以後略)
   ―カトリック新聞4235号より転載―


洗礼式での悪霊の拒否で
「あなたは、悪霊とその働きといざないを退けますか」
と司祭から問われ
「退けます」と答えたのを思い出す

瞬時に「悪霊とその働きといざない」と
判断・識別できるのだろうか?
サタンは巧みに人間を惑わせる
しかし、神とのつながりを大切にしていたら
聖霊によって、気づきを与えられると思う

ん?おかしい・・・と感じたら
サタンとの対話を絶って距離を置き、
主のみことばで身を守るようにとのこと

私たちは相手がサタンとは気づかず
努力が徒労に終わり、疲れ果てたとき
主により頼むなら、気づきを与えられる

その時には躊躇することなく一歩退き
サタンと距離を置き
聖書のみことばから
サタンの誘いより助けられ
誘いに打ち勝つ力を与えられるようにと
祈るように呼びかけておられる

気をつけましょうね
サタンはずる賢い
聖書のみ言葉さえ、
攻撃に使い、誘惑に使う

サタンと対話していると
どんどん心が凍えて、憎しみに染まる

不毛の議論となる

みことばこそが私たちの盾

みことばに親しんでいたい
コメント

信徒の献金

信徒の献金を使って、政治活動する者がいる。サタンが組織の長として君臨している。そのようなサタンへの応援をするために善良な信徒が献金させられていることを知るべきだ。
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。