スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

アリンゼ枢機卿様の言葉とカトリック新聞 ?

9月2日にネット上で次の記事が紹介された
英語力のない私ですから、例によって翻訳ソフトの訳から、
少しなめらかな文章にしてみました

TUESDAY, AUGUST 18, 2009 
2009年8月18日火曜日

   Cardinal Arinze cautions Asian bishops against false inculturation, liturgical dance
   アリンゼ枢機卿は、アジアの司教に間違った文化受容(典礼のダンス)に対して警告します
 Cardinal Francis Arinze, who served as prefect of the Congregation for Divine Worship 
 and the Discipline of the Sacraments from 2002 to 2008, warned the bishops of Asia in
 an August 16 homily against liturgical “idiosyncracies” and false conceptions of
 inculturation.
 フランシス・アリンゼ枢機卿(2002年から2008年までの典礼秘跡省の長官として勤めた)は、
 8月16日、説教の中で、アジアの司教に、インカルチュレーション(文化受容)を背景とした
 典礼の“特例”と誤った概念に対して警告しました。

 Cardinal Arinze also sounded a cautionary note against liturgical dance.
 また、アリンゼ枢機卿は典礼でのダンスに対して警鐘を鳴らしました。
 Preaching in Manila at the closing Mass of the plenary assembly of the Federation of 
Asian Bishops' Conferences, Cardinal Arinze-- Pope Benedict's special envoy to the
meeting encouraged Asian bishops to foster Eucharistic adoration and reverence:
マニラにおけるアジア司教協議会連盟の総会の終わりのミサで説教して、アリンゼ枢機卿
(会議へのベネディクト教皇の特使)は、アジアの司教が聖体に対する崇拝と敬意を促進する
よう奨励しました:

Adoration manifests itself in such gestures in genuflection, deep bow, kneeling, prost-
ration and silence in the presence of the Lord.
崇拝は、主の面前で片膝を折ること、深いお辞儀、ひざまずくこと、平伏と沈黙でそのような
ジェスチャーで現れます。

Asian cultures have a deep sense of the sacred and transcendent.
アジアの文化には、神聖で超越したものに対する深い感覚があります。

Reverence in Asia to civil authorities sometimes shows itself in clasped hands, kneeling,
bows, prostration and walking away while facing a dignitary.
高官に向かい合っている間、アジアでの行政当局への敬意は、握手、ひざまずくこと、お辞儀と、
平伏と、離れて歩く等に現れます。

It should not be too difficult to bring and elevate this cultural value to honour our
Eucharistic Jesus.
文化的価値観の上で、イエズスの聖体への敬意を表すのは、あまり難しくするべきでは
ありません。
 The fashion in some parts of the world of not installing kneelers in churches should 
not be copied by the Church in Asia.
跪き台を教会に取り付けない世界の若干の地域のファッションは、アジアの教会において真似を
すべきではありません
 After praising Asian cultures' sense of the sacred, Cardinal Arinze warned against false 
conceptions of inculturation and urged observance of liturgical norms.
神聖なものに対するアジア文化の感覚を称賛した後に、アリンゼ枢機卿はインカルチュレーション
(文化受容)に関する誤った概念に対して警告し、典礼の基準の遵守を促しました。
 The way in which Holy Communion is distributed should be clearly indicated and monitored 
and individual idiosyncracies should not be allowed.
聖体拝領の方法を明確に示して、常にモニターするべきです、そして、個々の特異性(特例)を
許容すべきではありません。

In the Latin Rite, only concelebrating priests take Holy Communion.
ラテン式典礼では、共同司式の司祭だけ、聖体を取ることが許されています。

Everyone else is given, be the person cleric or lay.
修道者であっても信徒であっても、他の人は皆、授けられます。
 It is not right that the priest discard any of the vestments just because the climate is 
hot or humid.
気候が暑いとか、または多湿であるとかで、聖職者が正当な祭服のいずれも放棄するのは、正しく
ありません。

If necessary, the Bishop can arrange the use of lighter cloth.
必要なら、司教は、より軽い布の使用をアレンジできます。

It is altogether unacceptable that the celebrant will opt for local dress in the place
of universally approved Mass vestments, or use baskets, or wine glasses to distribute
the Holy Eucharist.
司祭が一般的に承認されたミサ祭服の代わりに民族衣装を選んだり、または聖体を分配するのに
かご、またはワイングラスを使用するのは全く受け入れがたいです。

This is inculturation wrongly understood.
これは、誤って理解されたインカルチュレーション(文化受容)です。
                            (アリンゼ枢機卿様のお言葉は続きます)
 http://www.newliturgicalmovement.org/2009/08/cardinal-arinze-cautions-asian-bishops.html
コメント
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。