スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教会生活

葬儀ミサで・・・

友人のご主人の葬儀で、R教会に行った
もう20年以上前に、聖歌隊の先輩メンバーの結婚式で行った時と
あまりにも様変わりしていて驚いた

さすが、ドーム型聖堂に躍起になっている修道会だけあるなと感じた

会衆席側は、内装に木を使って温かみがあるのに
聖域の正面の壁は、安っぽい外壁コンクリート板?
グレーの安っぽい溝のついた壁が全面に広がる
その無機質感が、殺伐とした感じ

昔の聖堂を知っているだけに、ため息がでた

で、葬儀ミサが始まる前に、ご案内があって
最初から最後まで椅子に座ったままでとのこと
『でも、どこかで立つよね・・・』との期待は見事に裏切られた

入祭も座ったままで、司祭も信者も皆、平等って感じ?
ここには礼儀というものがないのね

福音朗読も座ったまま・・・もしかして主キリストとも平等なの?(汗)

奉献文に・・・ああ、ピクリとも動かない・・・(涙)

司祭が「祈りましょう」と言うたびに立ちあがりそうになる
落ち着かない・・・

第2バチカン精神は会衆もともにミサに参画するんじゃなかった?
でも、これって、観衆として、ショーを見ている感じ!

「神の栄光と賛美のため、また全教会と私たち自身のために
  司祭の手を通してお捧げするいけにえをお受けください」って
沈黙に換えることができるとあるけど

必殺技! 沈黙もないーー!(唖然)

すぐに次の祈りに入る・・・これじゃ心の中で唱えることもできない
よほど、この修道会はこの祈りをさせたくないんだね
そんなにこの奉献の祈りを信徒にさせたくないの???

うちの司祭のへんてこな主張の原点を感じた

典礼文から「裁き」「いけにえ」「罪」を排除
オリエンス宗教研究所の共同祈願文も却下され
これらの言葉が出ない文を作って、代えられていた

私たちの地区はR教会をお手本にするような傾向がある
でも、この葬儀ミサに与って、
いくら司祭が威風堂々とミサをされようと
R教会典礼がどこを向いているかに問題があると思った

信者ではない参列者に配慮して
内容的に、主のあがないに敬意を持ってふさわしく祝えないなら
ミサ聖祭は長いだけの意味のないものとなってしまう

私たちが敬虔に祈る姿を見て
信者でない参列者は、神聖な祭儀ということを感じ取るのではないだろうか

信者ではない参列者に合わせて、
敬虔に心をこめて神に向かう姿勢を取らないことは
一時の物見草に終わってしまう可能性さえある

私たちが立ったり座ったり跪いたりすることに対して
「形式主義」と批判するけども
座ったままを強制することは、形式主義にはならないの?

形にとらわれないと言うのなら、姿勢の指示などせずに
会衆の好きにさせていればいいんじゃないの?
そうすれば、違和感なしに常に取っている姿勢で祈ることができ
変に思い煩うことがないのに・・・

ちなみに、うちの教会では
「祭儀中、立ったり座ったりのご案内をしますが
皆様は体調などに合わせて、お座りいただいていて結構です」
と、式次第に書き、口頭で案内もする

実に居心地の悪い葬儀ミサだった

やはり、立ったり、跪いたりは、祈りに潜心させてくれる
姿勢など関係なく、祈れればいいんだけど
ついつい心が散ってしまう弱い私には
姿勢は大きな要素なんだよね~~(涙)


うちでは、結婚式でも葬儀でも、ストラだけでカズラはお召しにならない
如何にも手抜きだが、その色はどちらも白だ
白ということは、神のみもとにあげられた喜びを示している?
ふ~~~ん、煉獄は無いんだ・・・皆、聖人だったんだね~~

R教会では、紫の祭服カズラをお召しだった
悲しみの色、これは納得!
故人のために祈らなきゃ!って感じになるよね

「裁き」や「罪」の言葉を排除して
「今は神のみもとに憩う」と繰り返しても
天国直行ではないことを、信者は知ってるよね?
コメント

結婚式の話ですが…

はじめまして!
私は典礼のことは詳しく存じませんが、先日カトリックの結婚式に列席させて頂きましたが、共同祈願がなくて驚きました。

それがおかしいのかは分かりませんがショックでした。
自分の結婚式はちゃんとした典礼に乗っ取って司式して頂きたいと思いました。

色々欠けてもちゃんと秘跡なのか心配です。

ららさんへ

結婚式の典礼書は、中央協議会から出ています。

カトリック信者同士の結婚は秘蹟ですが
カトリック信者と一般人の結婚は準秘蹟です。

最近はカトリック教会で未洗者同士の結婚式も行われるようです。

秘蹟としては、どこが重要かと言えば
二人の意思確認と誓いであって
その他の部分は、それに付随するものです。

特に、秘蹟でない場合の結婚式は
司祭によって結構、アレンジされているようですね。
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。