スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

若者の選択に祝福がありますように!

うちの教会で、若者が海上自衛隊に入隊した

うちの教会でっていうところが、重い意味をもつ

昨年、アメリカがイラクから手を引く方針を打ち出すまで

ひたすら 司祭は説教台から、アメリカの批判を繰り返した

平和を求めてというよりも

ただただ、アメリカが嫌いーー!って感じで感情的だった

私たちにはその感情がビンビン伝わった

その心を荒立てるだけの説教に、

精神的疲労で体調を崩すおばあちゃまも・・・

そんな中で海上自衛隊に

これから慣れない集団生活、厳しい規律、過酷な訓練

その道を自ら選んだ若者のために祈りたい

本当なら、家族は、厳しい道を歩むわが子のために

ミサを依頼する

でも、うちの教会ではそんな依頼は・・・考えられない

だって、恐ろしくて 誰も 司祭に彼の進路を話していないから

今度、知り合いの神父様にミサをお願いしよう!

もし、彼が耐えきれなくなっても

私は、彼の志を尊いと思う

陰でお祈りをしてあげたい



教会は、自衛隊の海外派遣を糾弾し、署名活動

でも、困っている人たちがいるから 必要だから

過酷な任務に赴く

中には、小さな子供のいる家庭、年老いた親のいる家庭

いろんな心配を抱えながらも、勤務に赴く

教会は反対活動をするところ?

教会は、派遣されていく自衛官が正しい判断ができ

健康のうちに 滞りなく勤務を全うできるように祈らないの?

日本に残る不安な家族が、

神様から慰めをいただけるように祈らないの?

ニュースでソマリアに派遣されていく自衛艦に

抗議のボートが進路妨害をするのを見たとき

涙が出た

自衛官は任務だけど、

不安の中で、それでも笑顔で見送りに来ている家族は

どんな思いでそれを見てるんだろう

大切な家族を 誰も危険なところになんか やりたくないよ!

求められているから、ひたすら耐えているのに

気がつくとシュプレヒコールをしている活動家に

今の教会の聖職者・シスターをだぶらせてた

あぁ なんてことでしょう!

でも、これが現実

悲しむ人、苦しむ人

困難にある人のために祈りましょうよーーー!

コメント
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。