スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カトリック新聞から

キリストの体を傷つける

「改憲」で講演会
日本キリスト教連合会

日本キリスト教連合会(日キ連)は6月20日、東京・港区の聖アンデレ教会(日本聖公会)で、改憲の問題をテーマに定例講演会を開いた。約40人が参加し、カトリックの松浦悟郎補佐司教(大阪教区)が「『今、選択の時』~改憲の危機にあって~」と題して話をした。

松浦司教は、今の憲法が国民を縛るものではなく、逆に国を縛るものだと繰り返し語り、「憲法を最も守るべき立場」の首相が自ら改憲を唱えていることに疑問を呈した。

続いて憲法9条が世界的にも注目されていることについて事例を挙げて説明。また1947年に当時の文部省が中学生用に発行した『あたらしい憲法のはなし』の復刻版を「分かりやすくて素晴らしい本」と紹介し、参加者に一読を勧めていた。

質疑応答では、教会の中で違う考えの人たちとどう議論していくか、市民団体や諸宗教者などの非キリスト者ネットワークとの協力の在り方はどうあるべきか、などについて、意見が出されていた。

日キ連はカトリック中央協議会、日本聖公会、プロテスタント諸教団の協力で運営されている団体。


http://www.cathoshin.com/2013/06/26/nikkiren/

この記事を読んで疑問に感じたのは

>「教会の中で違う考えの人たちとどう議論していくか」

政治の話をどうして教会でしなければならないのか?
思想信条は必ずしも一致しなくても
キリストにおいて一致するために教会に来ているのに
そこで、政治の話ですか?
憲法の話ですか?
「憲法9条は世界の宝」というのは
カトリックの信仰箇条ですか?
違いますよね

宝と思う人もいれば
有害・不快と思う人がいても不思議ではないし、
自由なのです
要は、平和をどのように求めるかということで
その手段においては各自の判断

教会は一致の場なのに
そこを議論の場に変えても
憲法9条を死守したいというのは
キリスト体を傷つけることのように感じます


上記の記事はカトリック新聞6月30日号
2面の片隅に載せられていましたが
1面にはフランシスコ教皇様の
6月19日水曜日一般謁見の説教が掲載されていて
「信者同士の分裂、争いが
キリストの体を傷つける」
と題して紹介されています

教会は平和を求める心を醸成する場であっても
1つの求め方を押し付ける場ではないはずです

http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/feature/francis/msg0031.htm

「教会は援助団体でも文化団体でも政治団体でもありません。むしろそれは、歴史の中を歩み、活動する、生きたからだです。このからだにはイエスという頭があります。イエスがこのからだを導き、養い、支えるのです。わたしが強調したい点はこれです。頭をからだの他の部分から切り離すなら、人格全体は生きていけません。教会の場合もそれと同じです。わたしたちはますます強くイエスと結ばれ続けなければなりません。」

「聖パウロはいいます。人間のからだの部分は、たとえ異なり、数は多くても、一つのからだを形づくります。それと同じように、わたしたちは皆、一つの霊によって、一つのからだとなるために洗礼を受けます(一コリント12・12-13参照)。それゆえ教会にも多様性があります。異なる任務と職務があります。そこには、画一的な平板さではなく、聖霊が与えるたまものの豊かさが存在します。けれども、そこには交わりと一致が存在します。すべての人は互いにかかわり合い、キリストと深く結ばれながら、皆が協力して生きた一つのからだを形づくります。」
(一部を抜粋)

カトリック教会が排斥してきた共産主義
日本共産党は、神を認める共産主義国家を
目指すそうですが、成功例がありません
無神論とは別だと主張することで
カトリック教会も取り込みやすくなったのでしょう

機関誌「あかはた」にはカトリック高位聖職者の記事が
よく登場します

無抵抗・非武装を説く社民党支持者や
中核派系市民団体の活動を支持することも多いです

日本のカトリック教会は、左に舵を取り
宣教対象は社会主義・共産主義者限定ということでしょうか?

つい先日も、保守的な考え方を持つ方が
洗礼を望みつつも、現状に失望して
教会を離れることにしたと耳にしました

私の友人も求道者として
勉強会に数年にわたり参加しながらも
政治的考え方を押し付けてくる信徒の影響で
洗礼を受ける決意ができずにいます

こういうことこそ
「キリストの体を傷つける」
と思います

神が呼ばれた人を
キリスト者が聖職者が追い返しています

未分類

お知らせ

4月25日の「社会経験の足りない人たち」の記事は
一件の該当者が立件を見送られた時点で
記事を削除させていただきました

釈放された後、少しお話をし
自分の行動の重大性を肝に銘じるように
そして、生活をしっかりと立て直してほしいと
伝えました

また、未成年の少年については、
余罪などの捜査継続中とのことで
私たちがうかがい知ることのできなかった事実に
驚くばかりですが
何年か後に隠していたことがポロポロと露見するという
見苦しい中途半端な罪の清算ではなく
全てをしっかりと清算して
地に足の着いた新たな生き方を
模索してほしいと願っております

彼らの更生を祈りたいと思います

未分類

戦地慰安婦と橋下発言

「従軍慰安婦」なる言葉は朝日新聞の捏造記事に
それに踊らされた?否、自ら踊ったマスコミ
旧日本軍を糾弾したい勢力や
フェミニズムの旗を大層に掲げる勢力によって
利用されてきました

男性がその誤まりを指摘しようとすると
「女性蔑視!」のヒステリックな糾弾が始まります

それゆえ、女性がこのことについて
指摘しなければならないと思います


ずっと歪められた奇妙な「真実」が
批判さえ許されないもののように
大切に守られてきました

実際にあったことは
前線でのレイプを避けるために
民間経営の軍人用の売春施設があり
それを開設・経営するために
いろいろな恩典を受けたということ

軍が性病予防のために衛生面を
管理していたということ

売春経営者や斡旋業者により
高給の求人募集などを通して
集められたということ

では、捏造された大きな部分は
日本軍が有無を言わさずに
強制的に女性を連れ去ったということと
性奴隷として扱われたということです

この2点において
全てが過大解釈をされ
捏造話が世界的に広められているのです

当時は、人身売買や売春は
禁じられていませんでした
ですから、借金のために有期で売春しました

今の価値観で、それを断罪するのは正しくありません

当時のことは当時の価値観で判断し
それを大きくとらえて
そのような時代にならないように糧とすべきです

身を売ること(売春)よりも
親の借金返済や家族の生活費ねん出することが
尊いという価値観があったのです

それは今でも、ヤミ金融や裏の勢力が
隠れてやっていることで
今では犯罪行為となってます


河野談話についてですが
自分の意によらずに売春を強制されたことを
謝罪しているのです

では、強制したのは誰か?
売春業者です

自分の意によらずというのは
家族が本人には職種を告げずに売った場合や
斡旋業者の甘い誘惑(高給)にだまされて
証文(契約書)にサインをした場合があります

学歴もなく技能もない女性が
一攫千金を狙って失敗したということです


性奴隷という言葉はあてはまりません
彼女たちには客を選ぶ権利がありましたし
契約のもとでの売春ですので
契約期間も決まってました

韓国では、挺身隊という勤労動員の女性を
全て慰安婦にカウントして30万人の女性が
性奴隷におとされたと世界的に流布しています

挺身隊と慰安婦とは全くの別物で
軍需工場などで勤労奉仕することを指すのです

大韓民国という国自体が
恥ずべき歴史捏造をしているわけです


マスコミは人権尊重と言いつつ
最近はかなり偏っていますが
宮嶋茂樹という独自取材をするカメラマンの
記事を読んでいただきたいです


宮嶋茂樹 
“権力の亡者”っぷり 
もはや、すがすがしい

2013.5.23 12:37

 エッぐいのう、国会のセンセイ方。半年前の総選挙のときは、ハナから持ち合わせてない政治理念どころか、ミエもプライドもかなぐり捨て、橋下徹・大阪市長にすり寄っとったのに、“落ち目”と見るや、韓国人や“ジェンダーフリー原理主義者”に、くみしてまで手のヒラ返すか。

 その“権力の亡者”っぷりは、もはや、すがすがしいくらいや。

 あの超党派の女性国会議員団ってのも、分かりやすいのう。護憲、反原発のメンバーと、ほとんど同じ顔ぶれやないか。

 橋下市長のこと、「大阪のハジ」やて…。それって、秘書給与サギ事件で有罪判決を受け、執行猶予中に立候補したときに、センセイが大阪府民から投げつけられた言葉やで。

 そもそも“従軍慰安婦”なるもんは、頼まれもせんのにどっかの新聞が、どこぞで見つけてきて作り上げた「強制連行された慰安婦」を日本まで連れてきたんや。それをたきつけたんは、まさしくこの“女性国会議員団”の中におるセンセイやろ。

 いよいよ“中国の原潜”がわが国の領海に近づきつつあり、北朝鮮が日本海にミサイルブッ放しとるとき、日本の国会のセンセイ方は、国民の生命・財産・安全よりも韓国人や中国人の権利が大切なんや。
 ドアホ、あの“従軍慰安婦強制連行”の作り話で、どれほど、わが国は国際社会から誤解され、国益を損ねてきたと思うとんのや。おのれらは、いったいどこの国の国会議員や。

 そんなにフェミニズム運動やりたかったら北朝鮮で「喜び組」の解放運動せえ、ソウルで元大統領府報道官のセクハラ疑惑を糾弾せえ。

 画面の中で、きれいごと並べて、この問題をたきつける評論家のセンセイ方や、ごりっぱなジャーナリストを出演させとるテレビ局も今後、一切、フーゾクを取り上げたらアカンで。

 日本の大新聞もこの問題、批判するんやったら、傘下に置くスポーツ紙はフーゾクの記事や広告を一切、載せたらアカンで。


 【プロフィル】宮嶋茂樹(みやじま・しげき) カメラマン。1961年、兵庫県出身。日大卒。写真週刊誌を経てフリーに。東京拘置所収監中の麻原彰晃死刑囚や、北朝鮮の金正日総書記をとらえたスクープ写真を連発。写真集に「MIGHTY FLEET 精強なる日本艦隊」など。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130523/plc13052312380009-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130523/plc13052312380009-n2.htm

ここまでは一般的な話です

では、カトリックとしてどう受け止めるか?

神の十戒の「偽証してはならない」に
当てはまります

偽証してはならないのです
偽証を応援してもいけないのです

自分は強制連行された従軍慰安婦だと主張する
オモニ(お婆さん)に対しては
実に気の毒な方々であると認識しないといけません

しかし、どういう風に気の毒か・・・
死ぬ直前まで嘘を言い続けるということは
天国からは遠ざかるばかりで
お気の毒ということです

韓国カトリックは、安重根の場合と同じく
民族的優越感のために
事実を捻じ曲げてはならないのです
それは民族的自慰行為でしかありません

まぁ、聞いたところによりますと
儒教というのは、国や親のためなら
嘘をつくのも義とするようですが
カトリックでは、嘘はゆるされません

これはカトリック、プロテスタントの別なく
まともなキリスト教ならば
神の十戒において、嘘はゆるされないはずです
(朝鮮民族を優性民族とする統一協会などのカルトを除く)

教会は、救霊のために働くのであり
嘘をつき続けて神から離れていくことを
善しとしてはならないのです

ですから、私はカトリックとして
オモニたちに愛をもって
「嘘は止めなさい!」と言い続けます

ところで、急にオモニたちの報道が消えました

ネットではオモニたちの実年齢が判明し
慰安婦にさせられたと主張する年齢が
売春が不可能な年齢だったということです


かつてM司教様(当時、司祭で現在名義司教)は
信徒の避妊に対する質問に
「大罪を犯さないために小罪はゆるされる」
と答えておられました

この論理で行くと
戦地でのレイプを避けるために
売春婦利用は許されるということにもなりかねません

カトリックでは、姦淫
(夫婦間以外の性交渉やそれに類する行為)を
禁止しています

内地では小さな子供を抱えた妻が
少ない配給の食糧に苦しみながらも
戦地の夫の身を案じ、支え続けているのに
勝手なものだと女性として感じます

大阪市の橋下市長は
M名義司教様のような論理展開で
性犯罪を犯すくらいならば
性風俗店利用を口にして
大ひんしゅくを買いました

アメリカは多民族国家と言えども
キリスト教徒の占める割合は高く
キリスト教右派や原理主義の方々も多く
そこでは「キリスト教的家庭」を築くことが
大前提としてあるわけですが
乱れた性の現実に目を奪われて
見誤ってしまったと思います

キリスト教倫理観における性の問題は
決して譲ることのできないものです
特に、命の危険と隣り合わせにある職業ならば
救霊のためにしっかりと心しないといけないと思います

女性団体が女性軽視だと騒いでいますが
性風俗店の女性は性奴隷でもなく
それで生計を立てているわけで
女性軽視とかそういう問題ではありません

ヨーロッパではオランダのように
売春が合法の国だってありますが
そこを利用する男性の何倍もの
キリスト教的家庭があります

デーブ・スペクターさんが橋下市長に
アメリカでは売春と性風俗業との区別はないと教えられて
橋下市長が自分の発言を謝罪されたそうですが
キリスト教的にも受け入れられないこと
信仰を否定されたのも同然の
受け止め方になるということも
教えて差し上げるべきだったと思います

カトリック新聞から

(続) オランダ宣教師の死について

先日のカトリック新聞オンライン記事はショッキングでしたが
それよりもショッキングな記事を知りました

わが教区長様のお話が2月21日読売新聞夕刊に
下記の記事で紹介されています

http://lisacerise.exblog.jp/17873742/

「日本のカトリック 目指すものは」
「社会の悲惨に向き合う」
池長 潤・大阪大司教に聞く


ローマ法王(教皇)ベネディクト16世の突然の退位表明で注目を集めるカトリックは、世界で11億人を超える信徒を擁する巨大宗教。ただ、日本では禁教時代が長く続いたこともあり、解禁から140年たった今も、信徒は約44万人にとどまる。日本のカトリックは何を目指すのか。日本司教協議会(司教団)のトップでもある池長潤・大阪大司教(75)に聞いた。(石塚直人)

------(中略)------

 大阪大司教区(大阪、兵庫、和歌山)は、社会問題とのかかわりが特に深い。外国人労働者や野宿者、障害者、在日韓国・朝鮮人などの人権を守るグループがいくつも組織され、プロテスタントとの共同も広がった。
 日本のカトリックは戦前から戦中にかけ、「天皇は神」とする国家体制を受け入れて生き延びた。80年代から自己批判の動きが強まり、95年に司教団が謝罪のメッセージを発表した。
 それだけに、「従軍慰安婦」の見直しなどの動きには危機感を隠さない。昨夏、37年に中国で日本軍のため殉教したシェラーベン司教の記念式典に招待する手紙が司教の母国オランダから寄せられると、軍の蛮行を謝罪し故人をたたえる返書を送った。手紙によると、司教は、女子修道院に逃げ込んだ中国人女性の中から200人を慰安婦として差し出すよう求められたのを拒み、焼き殺されたという。
 「たとえ不名誉なことでも事実は率直に認める。南京虐殺も従軍慰安婦も多くの体験者、目撃者がおり、あったこと自体は否定できません。それを認めるのは自虐などではなく、人間としての資格にかかわる問題です。他者の人格を徹底して大切にすることが、キリストの教えの核心にあるからです」


【転載終了】

ご招待を受けたからと言って
日本側の資料を探して
事実関係を検証されることなく
謝罪をするということが信じられません

これでは、言ったもの勝ちで
言われ放題です

歴史とは、日本では学問ですが
中国は政治、韓国では願望と言われます

オランダの司教協議会は
それほどまでに殉教者が必要なのでしょうか?

当時の新聞の記事では
宣教師方の死は
中国現地人の山賊に襲われたもので
「災難」の範疇です

かたや、上記の記事の通りならば
「身代わりの死」ということになり
「隣人愛による死」となり殉教になります

宣教地で亡くなられた宣教師方には
当然のことながら敬意を払いますが
災難の死ではいけないのでしょうか?

200人の女性を慰安婦として差し出せと要求するなんて
有り得ない人数です

進軍していった先で
200人の慰安婦をどのように収容するのですか?

言われたままを信じるのが
「人間としての資格」なのでしょうか?

事実を究明しようとするのは
人間としての資格がないと仰るのでしょうか?

「他者の人格を徹底して大切にすること」とは
偽りを主張する人に対して
偽りには目をつむることでしょうか?
偽りはいけないと諭すことではないでしょうか?

「嘘はついてもいいよ」と言うのが
他者の人格を大切にすることなのでしょうか?

既に亡くなった方は反論できません
亡くなった方の名誉は
いくら汚してもいいのでしょうか?

遺族の心を傷つけていいのでしょうか?

当事者が亡くなった頃に
このような捏造が行われるのは
不正義だと思います

検証もせず、真偽に関係なく
「キリストの教え」から受け入れるようにと
日本司教協議会は信者に求められるのでしょうか?
司教協議会会長お一人の見解なのでしょうか?

何にしても、わが大阪教区長様のお言葉に
憤り、悲しみ、嘆きを通り越して
放心状態です


引用元は一般の方のブログですが
一般紙に掲載されたのですから
大きな躓きであることは確かです

如何にこの方が感じられたかを
是非、ご覧になっていただきたいと思います

http://lisacerise.exblog.jp/17873742/

カトリック新聞から

旧日本軍の関与の有無が不明!

先週、カトリック新聞オンラインに
下記の記事が掲載されているのを発見しました

旧日本軍に殺された司教、列福へ一歩前進

April 11, 2013

第2次世界大戦中に中国で旧日本軍に殺されたとされる司教ら9人の列福運動がオランダで進んでいる。

9人はフランス・シュラーヴェン司教(聖ビンセンシオの宣教会/オランダ人)と、主に同会のクロアチア、フランス、オランダ、ポーランド、スロバキア出身者。司祭、修道士、信徒がおり、厳律シトー会(トラピスト)の神父1人も含まれる。

オランダ・ルールモント(Roermond)教区のフランス・ウェルツ(Frans Wiertz)司教は3月23日、列福の可能性を調べるための特別委員会(裁判所)を、ドイツ国境近くのパンニンゲンにある聖ビンセンシオの宣教会聖ヨセフの家に設置した。

ルールモント教区はこれから約半年の予定で調査を進め、その結果をローマに送ることになる。

9人のうちトマス・チェスカ神父(聖ビンセンシオの宣教会)は、第2代の新潟知牧区長、アントン・チェスカ神父(1877~1941年/神言修道会)の兄に当たる。

2012年10月13日と14日にはオランダで殉教75周年を記念する式典があり、日本からも深水正勝神父(東京教区)が参列した。深水神父はミサ中、日本カトリック司教協議会会長の池長潤大司教の書簡を代読。日本による事件への謝罪の意を示し、列福運動のために祈ることを伝えた。

欧州に残る資料によると、9人は1937年10月9日、中国・河北(ホーペイ)省の正定(チョンティン)に入った日本軍が、教会施設にいた避難民の中から200人の女性(少女を含む)を引き渡すよう求めたことに抵抗したため、目隠しされて首にロープを巻かれ、トラックで約300メートル離れた仏塔近くに連行された。

殉教から1カ月後の11月19日、カトリック信徒の横山彦真少佐(後の中佐)率いる日本軍の「宣撫班」が現地入りした。後の大阪教区大司教で枢機卿にもなった田口芳五郎神父(当時は東京教区)も同行している。

田口神父は訪問の様子を「日本カトリック新聞」(カトリック新聞の前身)や「カトリック画報」で詳しく報告しているが、9人の死については触れていない。

ところが欧州側の資料では、横山少佐は殉教した9人のために天津の司教を招いて同年11月22日、正定で追悼のミサをささげている。田口神父は司式者の補佐をし、日本軍関係者約30人(うち高官が3人)も参列。日本軍幹部の弔電も届き、聖堂で読まれたという。

なお中国の正定教区は現在、地下教会(中国政府が認めない教会)の強い地域として知られている。


http://www.cathoshin.com/2013/04/11/schrave/


驚きでした

何が起きたのか・・・

問い合わせをしようと思っていたら
西村真悟さんのブログに
次の記事が掲載されました


今度はカトリック新聞、捏造と闘おう

 まことに憂慮すべき捏造が、カトリック新聞オンラインに掲載され、カトリック信者のネットワークを通じて、まず、世界の全カトリック信者とカトリックの総本山であるバチカンが、「日本人は残虐な世界の敵」だと認識し、次にそこから世界の全キリスト教徒さらに無数の良識のある人々が、「日本人は異常な残虐性をもつ敵」だと思いかねない事態が進行している。
 世界のキリスト教信者は二十二億人であり、そのうちカトリック信者は十一億六六〇〇万人であり、良識ある人々はそれこそ無数である。
 
 これは、今までの中国と朝鮮・韓国による、南京大虐殺と従軍慰安婦の捏造による反日プロパガンダに加えて、
 日本人は西洋人の聖職者も殺戮していた人類の文明に対する敵だという強烈なプロパガンダを可能にする捏造である。

 このことは、祖国日本を愛する女性(自衛隊佐官)から戴いた手紙によって、靖国神社の参拝を終えた本日朝、教えていただいた。彼女は、知人から、カトリック新聞に気になる記事が掲載されていると指摘され、知るところとなった。
 彼女の了解を得ていないが、一刻も速く、諸兄姉に知っていただきたいと思い、ここに記すことにする。

1(文献1)、
April 11、2013(2013年4月11日)「カトリック新聞オンライン」
 
 見出しは、
「旧日本軍に殺された司教、列福へ一歩前進」
そして、
 「2012年10月に行われた殉教75周年記念式典で、日本からのメッセージを代読する深水正勝神父(手前)」との説明をつけたオランダでの追悼ミサの写真が掲載されている。

 記事の内容は以下の通り
 
 昭和12年10月に河北省のカトリック施設に日本軍が来て、施設内の200名の女性を引き渡すよう要求し、それを拒否したオランダ人司教以下9名の宣教師を殺害した。
 後日、日本軍の宣撫班のカトリック信者の将校がやってきて、追悼式を実施し、日本軍も参加した。
 昨年2012年10月に日本カトリック司教協議会から派遣された司教が、当時の日本の行為を謝罪した。

2(文献2)、
 1937年11月12日、26日の
 「Catholic Herald」
  1937年11月23日の
 「The New York Tims」 

 彼女は、カトリック新聞オンラインが伝える事件の日付けから当時の「Catholic Herald」と「The New York Tims」の記事を調べた。
 すると、全く逆の次の事実が報道されていた!


 9人のオランダ人聖職者達は、中国の山賊に誘拐され身代金5万ドルを要求された。日本軍は付近の地域一帯を徹底的に捜索して山賊を追い司教を救出しようとし、地元自警団2000人も日本軍に協力したが、誘拐された聖職者は山賊に殺されていた。


 この(資料2)の報道は、当時為されたものであり真実であろう。しかも、事件から七十六年後の(資料1)の記事の奇妙な点も解決する。
 この奇妙な点とは、日本軍将校が殺害された司教の追悼式を実施し日本軍も参加した、という点だ。
 つまり、司教を殺害したのは中国の山賊であり、司教を救出しようとして懸命に付近を捜索したのは日本軍である。従って、日本軍が追悼式を実施しそれに日本軍が参加したのである。
 これが真実だ。
 司教を虐殺したのは中国人である。
 またしてもそれを日本人が為したと捏造され世界に流布されようとしている。誰が捏造しているのか。
 とにかく、この明々白々の捏造を反転攻勢の梃子にして我が日本民族への侮辱を一挙に払拭しなければならない。

http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=846

私は、カトリック新聞購読者です

私たちはどちらを信じればいいのでしょうか?

西村真悟さんは、カトリック信者であり
国会議員であり、信頼に足る人物と思います

ショッキングな記事・・・・
それとは正反対の記事・・・・

カトリックの信仰のもとに
心の平安を得たいと願う信者は
心を痛めるばかりです

プロフィール

maggie tonton

Author:maggie tonton
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。